【西宮】産後の骨盤矯正とダイエットで友人に「痩せたね」と言われました | 西宮、宝塚で根本改善の整体ならひこばえ整骨院へ
                           

来院日

6月の初旬

患者さん

K・Mさん 30代 女性 主婦

悩み

産後の骨盤矯正をしておきたいということと、二人目の出産後からどんどん太りはじめてしまい、このままではまずい、ということで当院にいらっっしゃいました。

産後の症状として、尿漏れ、腰痛などもあり、骨盤の方からしっかり治したい、ということで骨盤矯正も骨盤ダイエットも行なっている当院に来院いただいたのことでした。

子供さんが二人いる上にまだ二人目は幼く、家を出て運動しに行くということもできない、けれど家にいても子供たちと食事をとるとお菓子や食事の残りも食べないといけない、でも痩せたい、というような葛藤と悪循環がずっとあったそうです。

一人目の産後には授乳で自然と戻っていたのが、全く減らないどころか授乳も終わってどんどんと増え続けることになってしまったことでまずは骨盤矯正をして産後のケアを行なってから、食事なども合わせてやっていきたいということでした。

 

整体では

 

希望もありましたので骨盤矯正の整体を集中して行なっていきました。

その間には姿勢など、妊娠中に崩れてしまった体の使い方に集中して改善していきました。

産後の尿もれ、腰痛では妊娠中の姿勢のままのような腰を反らせる姿勢が癖になってしまうことが多く、この方の場合も同様でした。

妊娠中、お腹が大きくなるにつれて、腰を反らせなければなりません。

そして産後も子供を抱っこしたりするたびに、腰は反る形になってしまいます。

骨盤の左右差も大きくは無かったのですが、その腰の反りが尿漏れにもかかわってくるため、きっちり治してからダイエットを考えていきましょう、とお話しました。

6回の施術で尿漏れや腰痛はなくなり、姿勢もきれいに整うようになりました。

整体はそこで終了として、そのままダイエットを行なっていきました。

 

初回のカウンセリングと施術

初回では最初にお伺いしていた内容は把握しているため、実際の食生活、生活リズムなどについて細かく教えていただきました。

子供さんがいるため食事も子供さんの面倒をみることが優先となり、いかに時間をかけずに作って食べるか、というようなポイントが優先的になってしまい、そのため一品もののお米、麺類、パンなどの登場頻度が高く、なかなかバランスが崩れやすい状態になっていました。

日ごろ意識もあまりしていなかったようで、水分もあまり摂れていなかった状態でした。

その分、特にジュースやコーヒーを大量に飲むということもなかったのですが、アルコールを旦那さんとの晩酌で飲むことが少なくはない、ということでした。

甘いものがとりわけ好き、ということもないけれど、子供さんの食べたおやつの残りを片付けるためのに食べたりすることが多く、毎日何かしら食べている状態でした。

これらの中で、お昼が特に炭水化物のみになりやすく、一品ものになってしまっているので、なにかタンパク質か野菜類などを食べてから炭水化物の量を半分くらいに減らせるように、ということと、アルコールも特に大好き、というわけではないようだったので旦那さんにお付き合いで飲むのはやめる、ということにしました。

飲む機会があっても必ずお水を同量飲むように、とお伝えしました。

それいが以外でも水分を摂る量を増やして、1.5リットルはコンスタントに飲めるように意識してもらいました。

あとは、外に出れない分、家の中でできる運動を2点ほどお伝えして続けていただくようにお話しました。

 

二回目以降の施術

もともと朝と昼にお米を食べることが多く、今まで普通に食べていた分を、両方半膳程度に変えてその分おかずや野菜を追加してい頂くようになりました。

運動も家の中ならタイミングをみてできそう、ということでそのまま続けていただくようにしました。

やはり今まで飲む習慣がなかったせいか、水分が1リットルなら飲める、という状態でした。

だんだん飲む量は増やしていければいいので、無理のない範囲で増やしていくようにはお話しました。

3回目の時にご家族でキャンプに行くタイミングがあり、やはり外で食べたりするときには炭水化物のものが多くなったりしがちになるので、前後で調整を行なえるように、食べるものや量を選んでいただくようにしました。

家で食べる、というときは特に問題はなく過ごせていました。

5回目の施術の前にディズニーランドの旅行が入っており、どうなるかとご本人も不安そうではありましたが、暴食になることもなく、むしろ一日2万歩ほど歩くことになったので、いつもより運動した、という状態だったようで、1泊2日の旅行でも体重は大きく増えずに過ごせてました。

そこから8回目ほどまでは少しづつは減っているけれど大きく変わらない、もしくは同じ、という日が続き、停滞期に入ってしまった、とやきもきもしましたが、食事の記録を確認していくと少し栄養素の偏りがでてきたかな、という状態でした。

色味の薄い野菜しかなかったり、一食の食事でサラダのみ、豆腐のみなど食事量にも波があったので、体重を減らしたい気持ちはあっても、食事自体減らしたり栄養素が少なくなりすぎても体の中で燃焼反応が起こらなくなってしまうので、食事はちゃんと食べるようにして、色味の濃い野菜を積極的に入れるようにしましょう、とお話しました。

3食タンパク質を摂るのが理想なので、サラダだけ、や糖質だけ、という時をできるだけなくしていきましょう、とお話しました。

そうしていくことで、11回目のときにはまた体重も減り始めてまた少し止まったかな?という状態になりましたが、外食や旅行の後にも体重が増えなくなっていたので、体が今の体重になじんできている証拠でした。

また少しヤキモキしておられましたが、そうお伝えすると、なるほど、と納得されたようで、前のように焦らないで続けていけました。

結果的にウエスト-7.5㎝ ヒップ-6.5㎝ 太もも-4.5㎝ ひざ上 -4㎝ そして体重が-4.5㎏となりました。

お友達からも{痩せた?」{なんか薄くなった!」と声をかけてもらえたようで、心の中でガッツポーズができたとのことでした。

目標の体重まではあと少しかな、というところでしたが、脂肪の硬さが柔らかくなっていたことと、食事などを続けれれば少しずつ落ちてきそうだったのであともう少し、自分で頑張ってみます、とおっしゃっていました。

*結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

まとめ

今回の方は、整体の骨盤矯正できっちり姿勢の癖などを改善してから骨盤ダイエットに取り組まれました。

もちろん、今回の方のようにタイミングをずらすようにして整体に続けてダイエットをしていく方や、最初から整体とダイエットを同時にはじめていき、姿勢や痛みの改善をしつつ、ダイエットを行う方もいらっしゃいます。

出産後に表れる体の変化に悩まされる方は多くいらっしゃいますが、痛みでもだるさでも体型・体重の悩みでも、基本的に放っておく、ということはおすすめできません。

痛みはもちろんですが、体型・体重も放っておいてしまうとそれだけその状態を体が覚えてしまうことになります。

忙しい中でも時間をつくっていくことは大変ですが、できないできない、と諦めてしまうよりも、やってみよう、という姿勢で変わろうとすることも必要です。

現実的に外に出て運動する時間をつくるのか、少し手間が増えても食べるものの見直しをして変えていくのか、どちらが今の自分にできることなのか、というように考えて、できることを着実に行なっていく、ということがとても大切です。

一気に変えていけなくても、徐々に変化は現れていきます。

無理することなく、ですが着実に自分を変えていけるようにしていくと、それだけ理想の自分に近づくことができます。

ひこばえ整骨院ではそんな方のお手伝いをさせてもらいます。

産後の痛みや体型の悩みなどあれば、お気軽にひこばえ整骨院にご相談ください。

 

ひこばえ整骨院のダイエット

ひこばえ整骨院では骨盤ダイエットを専門にしています。

骨盤矯正、体の使い方、食事の指導を組み合わせてあなたに一番最適な方法を提案させて頂きます。

もしあなたが痩せたい!

と思っているのであれば是非下記をご覧ください。

LINE予約