変形性膝関節症キャッチコピー

ヘルモア口コミランキングで第1位に選ばれました

なぜ、他ではよくならなかった

変形性膝関節症の症状が

根本改善されるのか?

こんな症状にお悩みではありませんか?

  • 階段を上ったり下ったりすると膝の内側とお皿の下が痛くてスムーズに立ち上げられない
  • 長時間同じ姿勢をしてから立ち上がる時、膝の内側とお皿の下が痛い
  • 毎日痛み止めを飲んで生活をしている。できれば薬はやめたい
  • 手術をして人工関節だけはなんとして避けたい
  • 年齢を重ねても自分の足で歩きたい
  • 注射を膝に打っているが痛みが一向に改善しない…

 

もう大丈夫。安心して下さい。ぼきぼきしない整体です。

 

 

同業者からの推薦

 

同業教えています

本を執筆

 

なぜ?変形性膝関節症の痛みが

根本的に改善するのか?

 

つらい変形性膝関節症の痛みをどうにかしようと、病院や他の整体・整骨院で

  • 電気療法
  • シップ
  • マッサージ
  • けん引
  • 投薬
  • ヒアルロン酸の注射

などを受けても、すぐに痛みはぶり返してしまいます。

それはこれらが対症療法と呼ばれるもので、本当の原因にアプローチ出来ていないからです。

変形性膝関節症の本当の痛みの原因は表面的に痛みがある部分でなく、もっと別の所にあります。

変形性膝関節症の症状を根本的に治す為にカウンセリング・検査で原因を特定します。

根本から治す為にも痛みが出ている部分だけでなく全身を見て治療を行なっていきます。

そして「施術+予防策+セルフケア」で根本改善を行います。

 

喜びの声

往復3時間かけて通ったかいがありました!!

変形性膝関節症事例1 変形性膝関節症事例2

2、3年前から冬になると膝が痛くなっていました。

今年に入っては暖かくなってもひどくなるばかりで整形外科へレントゲンを取りに行きました。

やはり軟骨がすり減ってきておりヒアルロン酸を5回打ちましたが変化はなく次は近所の整骨院へ。

ウォーターベッド、電気マッサージでしたが、良くなるばかりか日替わりですねふくらはぎ太ももと膝以外のところも痛くなってきてこのまま一生行くならないのかと不安になり原因はどこにあるのか、姿勢や根本に問題があるのではと検索したのがきっかけでこちらにたどり着きました。

先生ははじめに『一度変形した骨は治らないですがこれ以上進行しないようにするのと、痛みは取ることはできます』

とおっしゃってくださり私としてはそのはっきりおっしゃってくださったことにまず信用できると思って自宅は大阪の堺市で往復3時間と10日とですが通院するのを決めました。

やはり姿勢立ち方歩き方が悪くその結果で関節がぶつかり変形が始まってしまったようです。

毎回それらのチェック指導治療をしてくださり教えていただいた私に合ったストレッチや運動も毎日続けています。

今ではほとんど痛みや不安もなく元気に仕事にも入っています。

姿勢をただしただけで体重が2 kg から3 kg 減り歩くのも楽しいくらいです。

こちらに通って本当に良かったです。

先生本当にありがとうございました。

個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

あんなに膝と股関節が痛かったのに、痛みなく歩けました。本当に感謝です

代替テキスト 代替テキスト

はっきりした膝の痛みが出たのはここ1年くらい前です。

整形外科でレントゲンや MRI でみてもらいました。

結果は加齢による 変形性ひざ関節症との診断〜

水が溜まると抜く。痛みがあればヒアルロン酸と注射する。

日常的に湿布は手放せないでいました。

ひどいときは足を引きずっての生活でした。

大好きなバドミントンもできずに・・・。

こんな悶々とさ生活はしたくない!!

何か根本的に強くなる方法はないのかなーと、ある日インターネットでひこばえ整骨院を見つけました。

内容を見ていくうちに私もここで診てもらおうと思いました。

初回から体が軽くなり膝の具合もよくなった感じだったので、 通い続けました。

先生の施術は痛みもなく気持ちの良いものでした。

依頼12回、今ではバドミントンを再開し痛みもありません。

先生に教えていただいた日常のストレッチをこれからも続けていきます。

こちらにお世話になって本当によかったです。

先生スタッフの皆様ありがとうございます感謝してます。

個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

あんなに膝と股関節が痛かったのに、痛みなく歩けました。本当に感謝です

代替テキスト 代替テキスト

お医者さんにいくと、

変形性膝関節症と変形性の股関節症ですね。と言われた。

少しの間はリハビリに通っていたが、このまま通っていても変形が進行しそうになり、こちらにいらっしゃるようになりました。

痛みで歩くこともできず、買い物に行くのも億劫になっていました。

そして、行ったとしても隣に駐車場がないと行けない。

そんな辛い状況のままこちらにいらっしゃいました。

目標は、痛みなく歩けるようになることです。

色々といきたいところがり、最終的には2時間以上歩いても痛みを感じない程度にまで改善をしていました。

本当に喜んでいただけ、これから色々な場所にいかれるとおっしゃっていました。

最近は東京に1泊で旅行にいかれて1日歩くことができていました。

個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

バレーボールをした時の膝の痛みが良くなりました

Mさん 40歳代 西宮市在住 パート勤務

以前から変形性膝関節症を患い趣味のバレーボールも仕事もするのに痛みが出てきて苦痛になってきた。

お仕事は膝を曲げる仕事や、長時間たちっぱなしする様なことをされていました。

1週間1回ママさんバレーを行なっていました。

以前から膝の痛みがありバレーボールでジャンプをする瞬間や、お仕事をしている際に長時間たちっぱなしになると膝が痛くなったり、膝を深く曲げたりすると痛みが出てきてしまうという状態に悩まれていました。

このままほったらかしにしていると変形がどんどん進行してしまって、大好きなバレーボールも仕事も出来なくなってしまうんじゃないだろうかと不安になりいらっしゃいました。

最終的に9回の施術でバレーボールをした時に痛みがなくなり、症状も改善する事ができました。

個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

キャンペーン

4月4日~4月15日

\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

初回4980円

(通常1回9800円)

先着10名様のみ→あと3名様

 

※当院では、コロナウイルス対策に

取り組んでおります。安心してご来院下さい。

当院のコロナ対策はこちら

 

なぜあなたの変形性膝関節症は今まで改善をしなかったのか?

変形をしている膝だけ対策をしているから

齋藤の写真

病院や整形外科で変形をしていると多くの電気を当たる、痛み止めを飲むなどの方法が試されます。

また、リハビリの場合は膝周辺をマッサージしたり、筋トレを行う場合がとても多いです。

もし、それで痛みが改善されているのであればいいですが、もしされていないのであれば別の所の治療を考える必要があります。

私の経験上

膝が変形している=痛みがある

と言うのはあまり当てはまりません。

その為にも今の現状どうすれば一番効果的に施術が出来るか計画を組み立てていきます。

では、変形性膝関節症の痛みの原因は?

重心がうまくかかっていない事、足首の捻じれ、足首の固さが原因です。

下の写真の様に真っ直ぐに立った際に足首が曲がってしまっているケースです。

この様に

足首が曲がっている場合、正常に足が機能しません。

地面に唯一接しているのが足の裏です。

にも関わらずこの様なねじれがあるとうまく体重を地面に逃がす事ができなくなってしまいます。

 

次に足首の柔軟性

通常足首の柔軟性があればこの様に足首が曲がります。

しかし、足首の柔軟性がない場合では

90°程度しか曲がりません。

足首の捻じれがあるのと同様、足首が硬いと負担が股関節や膝にかかってしまうことになってしまいます。

この様な状態になる事によって靴のすり減り方も違います。

 

代替テキスト代替テキスト

小指側が極端に擦り減っていたり、踵が極端に擦り減っている場合がとても多いです。

 

その結果、

体が正常に動かないことによって膝に負担がかかり変形性膝関節症へと変わっていきます。

変形性膝関節症を改善する為には、股関節、足首は勿論、腰、骨盤も正常な動きを取り戻す必要があります。

では、なぜ当院の施術で変形性膝関節症の痛みが改善するのか?

膝だけでなく、腰、骨盤、股関節、足首とトータル的にみるからです

先ほども説明しました通り、痛い部分だけを見ても根本的に改善は見込めません。

体の捻じれ、使い方、など全身をみていく必要があります。

そのため、当院では「足首」「膝」「股関節」「背骨」の4つを矯正していきます。

1.足首の捻じれを改善させる

代替テキスト

足首の「ねじれ」があると、歩く際に足首の負担をかばう為に股関節、腰でバランスを取ろうとします。

その結果膝に必要以上の負担がかかり、痛みが出てしまいます。

「ねじれ」を解消すると、足首が正しく使えることで、正しい歩き方に戻ります。

さらに膝の負担が軽減するので変形性膝関節症の痛みを解消することができます。

歩き方も同時に指導をして、本来の正しい状態に体を戻していきます。

2.膝の調整をして、膝の捻じれを解消させる

代替テキスト

変形性膝関節症になると、膝の捻じれが左右で違って来ることが多いです。

例えば右足は内側にねじれる、左足は外側に捻じれてしまうなど、左右不均等になってしまいます。

その捻じれを解消することで背骨の動き、股関節、足首の動きが本来の正しい状態に戻ります。

膝のねじれを取ること、そしてもう一つ重要なのが

膝のお皿

変形性膝関節症になると必ずと言うていいくらいお皿の動きがなくなっていきます。

膝の動きを解消する為に同時に施術を行なっていきます。

3.負担がかかった股関節の可動域を施術によって正常にする

代替テキスト

上記のような「膝の捻じれが左右で違う」「足首のねじれ」が起こると、股関節に負担がかかります。

そうなると、本来使っていた股関節周りの筋肉が使われなくなることで硬くなり、腰、おしりの筋肉が全て硬くなります。

前にかがむ事や足を開く動作と同じで、筋肉は使われないと硬くなってしまいます。

股関節痛の症状が悪化すると、膝りにも影響が出てしまいます。

また、股関節周辺の筋肉が固くなると肩や首でバランスを取ろうとするので痛みが拡散してしまいます。

この悪い状態を施術によって可動域を正常にして、正しく股関節を使える状態にするため、痛みが改善されます。

4.背骨を正常に動かして、上半身の動きをよくする

代替テキスト

背骨が硬くなるからだ全身の動きが悪くなります。

背骨と言うのはばねの様な役割をします。

背骨が硬いと体全身の負担を支えられなくなってしまいます。

背骨が硬くなる→姿勢が悪いと歩き方、体の使い方が悪くなる→膝や股関節、足首にも影響が出てくる→結果全身に症状が出てくる

この様な経路を辿って体が悪くなります。

変形性膝関節症の仕組みがこのように複雑になっているので、痛いところだけ施術しても良くならないということなのです。

だからこそ全体のバランスを見て施術を行なっていきます。

 

他との違い

1施術の目的

一般的な治療院

 

■もみほぐし・マッサージなどの癒し目的

当院

 

■早期に症状を根本改善する事。さらに再発しない健康な体を手に入れる事が目的
■再発しない為のあなたに最適なセルフケアの方法の指導

再発しない体つくり

2カウンセリングと検査

一般的な治療院

 

■5分程度の簡単な質問だけ

■話も聞かずに施術に入る

当院

 

■あなたの生活週間やお困り事、お悩み、しっかりとお伺いします。

■約20分のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

検査の画像

3施術の内容

一般的な治療院

 

■バキバキ・ボキボキする痛みを伴う施術

■同じやり方のマニュアルに縛られた施術

当院

 

痛みのないソフトな施術

■院長が全て担当しお体の状態に合わせたオーダーメイドの施術

オーダーメイドの治療

施術、技術

一般的な治療院

 

■よくある電気やマッサージなどの痛みの表面的な部分だけにアプローチする施術

■技術の実績や根拠が少ない

当院

 

■症状の根本的な原因にアプローチする

■関節や筋肉、自律神経など、総合的にアプローチ

■医療関係者や専門家から推薦をもらえる技術

同業教えています

施術の結果、アフターフォロー

一般的な治療院

 

■一時的に痛みが引いたけれども、また振り返してしまう

■体に変化を感じられない

当院

 

■全身が整い、施術を受けた翌日、そのまた翌日と更に健康に

■YouTubeでも情報発信を行い、あなたに合わせた自宅でできるアフターフォローをアドバイス

■毎回体の状態に合わせてセルフケアを指導

再発しないからだ

 

この様な形でYouTubeでもお伝えしています。

キャンペーン

4月4日~4月15日

\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

初回4980円

(通常1回9800円)

先着10名様のみ→あと3名様

 

※当院では、コロナウイルス対策に

取り組んでおります。安心してご来院下さい。

当院のコロナ対策はこちら

 

パソコンからの予約はこちら

電話: 0798-63-3200

LINE予約

ひこばえ整骨院への地図

 

代替テキスト

監修ひこばえ整骨院院長