スタッフ紹介

名前

院長 齋藤克也

 

スタッフ紹介齋藤

 

取得資格

柔道整復師

生年月日

1984年9月7日産まれ 

血液型

O型

星座

乙女座

出身地 

兵庫県豊岡市

趣味 

漫画を読む

休日の過ごし方 

子供と遊ぶ

好きな食べ物 

チーズケーキ

好きな スポーツ

バレーボール

スポーツ歴

サッカー・バレーボール

好きな言葉 

頼まれ事は試され事

今、ハマっているモノ

iPadとパソコンを触る事

興味があるもの 

パソコン

 

幼少期時代

3人兄弟の次男として生まれました。

3歳の頃から整骨院に通う様な子供でした。

小学生になると、サッカーにプール、ピアノと習い事をしながら運動をするような子供でした。

とにかく母親や祖母に毎日の様に怒られていたのを今でも鮮明に覚えています。

それでも懲りずにしていたのである意味根性はあるかもしれません。

毎月の様に整骨院通い、骨折以外のケガはすべてしました。

 

中学生からバレーボールを始め、中学生の頃で身長が186㎝もありました。

高校生もそのままバレーボールを続けました。

春高、インターハイ、国体と出場をし、ほとんど高校生活は バレーボールを集中的に行っていき、高校生と国体でキャプテンを務めました。

整骨院になろうと思ったきっかけ

私が整骨院をしようと思ったきっかけ

私にはとても大好きな祖母がいました。

その祖母にマッサージをしたりすると毎回喜んでもらいそれが一番のきっかけでした。

祖母は膝や腰が悪く、体重もとても重たく、一言でいうなら。肥満体。

そんな祖母の体を治したく、この業界に憧れ、私が一番初めに師事したのも祖母を見てくれた整骨院の先生です。

整骨院を目指したのは12歳

何も知識がないので唯マッサージをして気持ちがいいと言うてくれるだけでした。

私には到底祖母の足を治すことなんか出きません。

私がこんな無力感を感じて祖母の膝を治したいと思って整骨院を目指すきっかけとなりました。

結果的には私が祖母を治療する前の中学2年生の頃には祖母は肝臓ガンで他界してしまいました。

高校生を卒業をしてすぐにこの業界に入りました。

柔道整復師免許証の写真

3年間の勉強を経て国家資格を取得

祖母の体の不調を治す夢は叶えることはできませんでしたが、それでも同じ様に悩んでいる方を解決したいと思い。

整骨院で修行をしながら、自分の知識を増やす為に勉強をするために多くのセミナーや勉強会に参加しました。

しかし、行っていたことはマッサージをして気持ちよければそれでいい。

そんな日々。

当たり前ですが、気持ちがいいけれども痛みや痺れが取れるわけではありませんでした。

そこで、色々な勉強会やセミナーに行くことによって今まで痛みが取れない方や、ひたすらマッサージしかできなかった方に対して治療で痛みや痺れが取れるようになってきました。

祖母の様に膝が痛い方、変形をしている方へも症状が改善して喜んで頂ける様になりました。

本当の沢山の方からお礼を言われて本当にこの仕事を選んでよかったと思いました。

しかし、ここで大きな転機が訪れます。

父親ががんを患って他界

私が23歳の時に父親が肺癌で他界をしました。

父が背中に痛みがずっとあるので私が治療をしていました。

その時にはもう癌があり、進行していたかもしれません。

私が無知だったので、とにかく背中の治療を行っていました。

半年、1年間どれだけ治療をしても痛みがひかず。

一度検査をしてみたらという事で精密検査へ

そこで出されたのは

肺癌のステージ4 余命1年

という結果でした。

背中の張りも癌によるものだったのです。

もう少し気が付いていればまだ・・・と思う事もあります。

その時ほど自分に不甲斐なさを感じた事はありません。

私の能力の低さで苦しんでしまった事は非常に心の凝りです。

父や祖母の様な痛みを抱えている方の悩みを解決する為にまた勉強の日々を開始します。

その頃私には妻も子供が3人いましたが祝日や休みの時間を使い勉強する事となりました。

家族には本当に迷惑をかけたと思います。

大切な時間を全て自分の勉強の事に費やしましたので。

ただ痛みをみるのではなく、その背後にあるもの、内臓の働きなど、トータル的に全身見ていくことの重要性に気が付き今の施術方法に至りました。

その甲斐があり体の痛みだけでなく、内臓の悪い事を発見する事が出来きるようにもなりました。

そして、祖母と同じ様な膝の辛さや痛みで悩んでいるるか方、父の様に痛みやしびれだけが原因でない状態の辛さを解消する事が出来る様にもなりました。

あの頃の悔しい思いがなければ、今の様にはなっていなかったと思います。

施術の様子

関西圏の同業者にも教えるくらいまでになる事ができました。

現在私の取り組みとして、自分の父や祖母と同じ様な思いをして欲しくない。

その為にYouTubeを使って自分が見る事が出来ない全国の方に向けてストレッチやセルフケアをお伝えしたり、健康セミナーを開催して自分の体を大切にするという取り組みをしています。

少しでも多くの方の健康に役立てたいと思っているからです。

しかし、正直まだまだ自分の力では多くの方を救う事が出来る訳ではありません。

悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。

そこで2019年5月に本を執筆をして多くの方の健康を増進に役立つ為に情報を多く伝えている活動も同時に行っています。

その甲斐もあり、現在では年間で5000名程の方の治療をする事ができ、全国から患者さんが来院される様になりました。

遠いところでは東京からわざわざ新幹線に乗って来られたり、九州から飛行機に乗って来院される事もあります。

私の一番のコンセプトとして

一番大切な方の紹介したくなる院、そして、今までできなかった事をまた楽しく出来るようになる

と言うのを最として行っています。

自分の祖母や父親の様な事はしたくないからです。

もしあなたが悩んでいるのであればすぐにご連絡ください。

あなたのその悩み、きっと解決できます。

 

名前

出原 由美子

 

西宮のひこばえ整骨院のスタッフ出原由美子

 

取得資格

整体師

生年月日

6月24日

産まれた出身地

大阪府高槻市

趣味

モータースポーツ観戦

休日の過ごし方

犬の散歩

好きな食べ物

パン(自分で作ります)

好きなスポーツ

自転車

好きな偉人

アインシュタイン

好きな言葉

思考は現実化する

今、ハマっているモノ

仕事

興味があるもの

たくさんありすぎて選べません

将来の夢、目標

ひこばえ海外オープン(笑)

 

幼少期時代

二人兄弟の妹でのんびりとしていた子です。

父とお散歩によく出かけ、小学生の頃からクラッシックコンサートやバレエの舞台などにも連れて行ってもらいました。

兄のプラモデルや機械いじりのような遊びも一緒にしたり、母はお菓子作りが好きで、一緒に焼いたりさせてもらっていました。

好奇心旺盛の性格は家族の影響をとても大きく受けています。

 

整骨院になろうと思ったきっかけ

なんでもこなせる人が新しいことにチャレンジして達成できた時の喜んだ姿をみて、素敵だなと感動したのがきっかけです。

スーパーマンのサポートはできませんが、友人たちでも体が言うことを聞かなくて、やりたいことができない人のサポートならできるかもと目指しました。

仕事から疲れて帰った父の背中を踏んで遊びながらのマッサージをしていたのが、喜こんでもらえていたのも根底にあります。

 

治療家としての想い

楽しいはずの人生に痛みなどの苦痛が伴っているのは残念です。

不自由さを少しでも軽減して、根本的なところから見直し、毎日前進した生活をみなさまに過ごしていただきたいです。

いろいろなことに挑戦したり、好きな事を突き進めてみたりと充実した日を送って欲しいです。

みなさまの改善したいという前向きなパワーが私自身のエネルギーにもなり、どんどん成長させてもらっています。パワーをもらうばかりではなく、

しっかり後押しもできるように日々学習です。

共通の部分があったらいいですね