• 深呼吸をすると胸がピリピリ痛む
  • 咳をすると痛みで呼吸が苦しくなってくる
  • 重たいものを持つと痛みが強く出てくる

こんな風な症状で悩まれていませんか?

この様な症状は全て肋間神経痛の症状です。

この様な症状があると毎日とても辛いですよね。

咳をしただけ、深呼吸をしただけ、荷物を持つだけでも痛いというのは本当に痛いですね。

肋間神経痛の原因はストレスなども関係しますが、ある共通点もあるのが事実です。

原因がわかれば対策を打つことができます。

痛みを改善する為にもまずは原因をしっかりと知って下さい。

 

本当の肋間神経痛の原因

肋間神経痛は以下の3つの原因が関係しています。

  1. 背中の筋肉の緊張は強い
  2. 姿勢が悪く、肩が中に入ってしまっていること
  3. 呼吸が浅くなってしまうほど体の使い方が悪い

私が色々な方を見させていただいた結果、最終的には上記3つの原因が一番多いということがわかりました。

実際にこれらの3つの原因を全て取り除くことができた場合、痛みが解消できる状態になります。

肋間神経痛というのは下の写真のように肋骨の下から神経が伸びています。

背中から始まり胸や脇腹のところまで神経が伸びています。

引用画像

 

いろいろな原因がある中で背中の筋肉や姿勢、肩甲骨の筋肉が硬くなってしまうことになって肋間神経を圧迫して胸の前が痛むということが原因として挙げられます。

もう少し詳しく上記の原因をご説明していきます。

 

1背中の筋肉の緊張が強い

下の写真を見て頂きたいですが肋間神経の上にはたくさんの筋肉があります。

引用画像

表面から見えるもので言うと広背筋、菱形筋、肩甲挙筋などと呼ばれる筋肉が表面の筋肉を被っています。

その下にもいくつかの筋肉がありさらにその下に肋間神経があります。

背中の筋肉の緊張が強くなってしまった場合、筋肉の動きがスムーズに動かないことによって神経に当たってしまい、結果的に胸の前や脇腹が痛むという症状になってしまいます。

イメージとして正座をすると指先が痺れてきますが正座をすることによって圧迫を受けるのは下の写真のような場所になります。

基本的に痛みが出る部分と圧迫が出る部分というのは違いますので、正座と同じように膝の裏で圧迫を受けてもしびれが出るのは足先ふくらはぎという状態になります。

引用画像

商品ですが、この様に座ると基本的には足はしびれてきません。

膝の裏で圧迫がないからですね。

タオルでも同じ事ができます。

 

2姿勢が悪く肩が前に入ってしまう

上記の解説と似ている部分がありますが姿勢が悪くなってしまうと背中の筋肉が緊張してしまいます。

普通の姿勢だと服が緩むのと同じ様に筋肉も正常の位置になります。

丸くなると

こんな風に服のしわもなくなるくらいになります。

これが圧迫をして肋間神経を刺激します。

それと同じ様に姿勢が悪くなることによって 筋肉が圧迫されて筋肉がしびれを発症してしまいます。

そしてもう1つ考えておかなければいけない事が肩の重みによって肩に過度の負担がかかってしまうということです。

片腕の重さというのは聞かれたことがあるでしょうか?

片方の腕はご自身の体重の6%ほどあると言われています60 kg の体と3.6 kg という感じですね 。

姿勢が悪くなると肩が中に入り腕が前に落ちてしまうので腕の重みを全て背中と肩が負担しなければいけません。

このような状態になると常にダンベルを持ちながら生活しているのと同じ状態になります。

腕の付け根の部分に圧迫がありそこが原因で肋間神経痛となってしまいます。

姿勢が悪くなっていいことは一切ありません。

 

3呼吸が浅くなってしまって肋骨の柔軟性が失われる

肋骨というのは呼吸に合わせながら伸縮していきます。

肋骨の下には横隔膜と言ってハンモックのような形をしたものがあります。

肋骨が動くと横隔膜も一緒に動いてくれるのですが、姿勢が悪くなってしまうと背中や肩の筋肉が硬くなってしまい上記でお話をした腕の重みが常に体にかかってしまいます。

そのような状態になると肋骨の間の筋肉も柔軟性がなくなってしまうので正しく働いてくれなくなってしまいます。

本来であれば深呼吸をするために肋骨が正しく動いてくれるのに対して筋肉が邪魔をすることによって動かなくなり肋間神経を圧迫してしまいます。

 

以上を3つのポイントが肋間神経痛になってしまう原因となります。

1つだけが単体で起こるわけではなく、基本的に全てが一気に起こってしまうというパターンが一番多いです。

肋間神経痛を治すためには上記の3つを全て解消する必要があります。

3つ全てが解消できれば痛みやしびれがなくなるということです。

 

鑑別しなければいけない病気

但し、肋間神経痛は甘く見てはいけません。

鑑別しなければいけない病気もあります。

心筋梗塞

心筋梗塞の特徴は心臓が締め付けられる状態が15分間以上続く状態が主な特徴となります。

痛みが強すぎて立っていられない状態になるくらい痛みが出てしまいます。

胸が痛いとした時には次にお話しする狭心症か心筋梗塞を一番初めに疑います。

こちらも検査をすればすぐにわかるので安心してください。

狭心症

狭心症は肋間神経痛と非常に似た症状です。

ただし肋間神経痛と違うところは動作や深呼吸などで痛むことではなく急に何もしていない状態で痛みが出ることが特徴です。

心筋梗塞と同じように検査をすればすぐに分かり早ければ早いほど症状が回復します。

動作で得たものが肋間神経痛何もしていないのに痛むのが狭心症というふうに考えていただければ結構です。

帯状疱疹(ヘルペス)

帯状疱疹とはヘルペスのことで誰しも必ず持っています。

水疱瘡の菌もヘルペスですが体が弱ったり寝不足ストレスが溜まったりすると神経の上にヘルペスが出てきます。

熱の花もヘルペスの一種ですが 肋間神経の間にできると激痛が走ります。

帯状疱疹の場合は皮膚の上に水ぶくれができることがほとんどなので目で見てある程度わかります。

皮膚科などに行き薬を飲んだり塗ったりすることによって症状の改善が見られます。

乳がん

今まで私が見た中で一件だけ肋間神経痛と同じ症状が出ていたかたに病院で精密検査を受けてもらったところ乳がんが見つかったという事例がありました。

初期の段階だと乳がんも乳房のところや脇腹のところに痛みや痺れを感じることがあります。

きっちりと検査さえすれば早期発見することができますのでその可能性もあるということを覚えておいてください。

検査をして上記の問題がないのであれば心配はいりません。

きっちりと対処をすればよくなります。

 

 

これらを含めてどのようにして治せばいいのか?

肋間神経痛みの改善には上記3つの原因を全て取り除いていくことによって症状改善につながります。

それには

  1. ストレッチ
  2. 体操
  3. 姿勢

上記3つの方法で改善する事ができます。

詳しくは下記で解説していますので参考になさって下さい。

胸がピリピリ痛い。呼吸までつらい。肋間神経痛の正しい知識と対処方法

胸がピリピリ痛い。肋間神経痛って何?どんな症状?

肋間神経痛に効果的なおすすめストレッチ7選

まとめ

いかがだったでしょうか?

肋間神経痛の原因は様々なものがあると言われていますが大きく分けると3つしかありません。

そして、その3つも日常生活の中やストレッチを行うことですべて解消させることができます。

病気に よる肋間神経痛は十分に気をつけなければいけませんがそうじゃなければ肋間神経痛の痛みはきっちりとを改善させることができます。

今回の原因をしっかりとを踏まえた上で対策を打つようにしていきましょう。

 

ひこばえ整骨院肋間神経痛治療

ひこばえ整骨院では肋間神経痛の治療をとても得意としています。

肋間神経痛の痛みを改善させるために痛みのある部分だけでなく姿勢や使い方を全て改善していきます。

もしあなたが痛みで悩まれているならば下記を一度ご覧ください。

執筆者

ひこばえ整骨院 院長 齋藤 克也(監修)

柔道整復師(国家資格保持者)

業界歴16年。

18歳の頃から整骨院1筋で西宮市で痛みに悩まれている方のお役に立てる様に日々精進中。

現在ストレッチの本を執筆中。年内に発売予定。