【西宮】肋間神経痛の痛みが3回の治療で改善しました。そんな方の事例です。 | 西宮、宝塚で根本改善の整体ならひこばえ整骨院へ
                           

患者さん

匿名希望 40代 女性 主婦

 

来院日

平成30年4月

 

悩み

3ヶ月から4ヶ月前に腰痛が発症してしまいここ1週間程度で肋間神経痛を患う状態になってしまいました。

深呼吸をするのも物を取ろうとする時でも咳くしゃみだけでも強い痛みを生じる状態になってしまっていました。

1週間後に旅行が控えていて、なんとかその旅行にも行きたいという希望があったので短い日数だけどもとにかく痛みを最優先で撮ってほしいということでいらっしゃいました。

胸が痛くなるのは今回が初めてということでしたがもともと腰痛もあったので長い目で見て腰痛の改善もしてほしいという希望でした。

 

検査結果

全身をくまなく検査していた結果・・・

腰痛により、疲労感がたまり花粉症の季節も重なることによって背中の筋肉を痛めてしまい肋間神経痛を生じてしまっていました。

花粉症の時期で席にくしゃみが非常に多く出てしまっていました。

そのような状態が続いてしまったため背中が負担に耐えきられず肋間神経痛を引き起こしてしまってい、背中の筋肉が肉離れのような状態になってしまい肋骨に大きな負担がかかっていました。

肋間神経というのは肋骨のすぐ下を通る神経なのですが、肋骨自体が悪いわけではなくその周りについている筋肉が損傷したり固くなりすぎてしまうことによって痛みを生じてしまうのが肋間神経痛の正体なのです。

引用画像

この方もそのような状態が重なり背中も胸脇腹全て痛みが出てしまったという状況になっていました。

そのことを説明してできるだけ早期に改善する代わりに詰めてきていただくようにアドバイスをしました。

せっかく旅行なのに痛みがあるのは嫌ですからね。

 

初回の治療

初回の治療では深呼吸をするのも体を前に倒すのも全ての動作が痛みが出てしまっていたので、背中の筋肉を緩める治療と首そして骨盤の矯正を行っていきました。

出来るだけ体に負担がかからない状態に持って行きたかったので正しい姿勢を作るための矯正を行っていきました。

自宅でのアドバイスをして脇腹をマッサージする方法と背中の筋肉を柔らかくするストレッチ方法を指導して初回は終了としました。

旅行まであまり時間がなかったので三日間続けてきていただくようにアドバイスをしました。

実際に指導した内容を記した動画です。

 

2回目以降の治療

2回目の治療の段階では痛みが2割程度減少している状態でした。

自宅で高いものを取ろうとした際には背中に強く痛みを感じてしまっていたのでできるだけその動作は控えてもらうようにしました。

治療内容としては初回と同じ治療方法に加えて肋骨を直接を動かす治療を行っていきました。

肋間神経痛が出たり肉離れのような状態になってしまうと肋骨地震が動くのを止めてしまうので治りが悪くなってしまいます。

はじめのうちは痛いのですが治療をして行く間にだんだん痛みが減っていくのが特徴です。

自宅では湯船に長めに使ってもらうことと初回の時にお話ししたストレッチをアドバイスしました。

 

3回目の治療では痛みが約半分程度にまで回復していました。

深呼吸をしたり咳払いをする、高いものを取ろうとする動作に関しては痛みが出ていましたが、歩いたり軽い荷物程度だったら問題なく持てる状態にまで回復をしていました。

普段の基本の動作に関しては痛みがそこまででなさそうだったので旅行にも何とか行ける状態になりました。

旅行に帰ってからの治療となったので次は1週間後の治療となりました。

 

4回目の治療

なんとか旅行も無事に行けることができて非常に喜ばれていました。

痛みが完璧に取れたわけではありませんでしたが、旅行中に強い痛みを感じることもなく楽しめたと言われていました。

ここから再度治療を継続的に行っていくようにしましたが、背中の痛みの治療と腰の治療を中心に行っていきました。

動かすことは随分とできるようになっていたので少しずつ体の動きをつける治療にシフトしていきました。

自宅ではストレッチに加えて腕の付け根を柔らかくするマッサージ方法をお伝えしました。

この際のマッサージはこちらになります。

 

7回目の治療の時には強い痛みはなくなり大きく咳払いをしたりくしゃみをしたときだけ自覚症状がでる状態にまで回復をしました。

日常生活の中の動作ではほとんど困ることはなくなりました。

この段階で背中の痛みはなくなっていたのですが、姿勢や体の歪みも再発しないように全て治療をしたいということで治療内容を歪みと姿勢を改善するための方法に変えていきました。

元々自宅で運動をされる機会が多かったので運動を少しずつ再開しながら体の状態が悪くならないかの確認を行っていきました。

 

9回目の治療の時には3週間程度間が空きましたが痛み違和感共に全くない状態にまで回復していました。

10回目の治療の際には疲労が出て背中に張り感があった程度で初回になった痛み不快感ねじれなどは全て解消することができたので10回の治療をもって終了としました。

 

今後は3週間から1ヶ月に一回体が悪くなっていないかということを確認するために治療を定期的に行うことにしました。

 

まとめ

今回の事例は肋間神経痛による背中脇腹胸の痛みによる症状を改善するという事例でした。

原因としてはくしゃみや咳のしすぎですが元々体のねじれや腰痛があったので悪い意味での相乗効果が働いてしまい症状が出てしまったという綺麗です。

肋間神経痛はなった方にしかわからないのですが本当に痛みが強く倒れてしまうんじゃないかと思えるぐらいの痛みが出る場合があります。

ぎっくり腰をした時と同じぐらい動くことができない状態になることもあります。

今回の改善事例は非常に早期で痛みが取れた事例ですのでもしあなたが肋間神経痛は痛みで悩まれているならば少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ひこばえ整骨院肋間神経痛に対する施術内容

ひこばえ整骨院では肋間神経痛の治療を非常に得意としています。

痛みがある部分だけでなくなぜ痛みが出てしまったのかどのようにすれば痛みが改善するのかということを徹底的に検査した上で治療を行っていきます。

もしあなたが胸の痛みや背中の痛みでお困りならば下記を是非ご覧ください。

執筆者

ひこばえ整骨院 院長 齋藤 克也(監修)

柔道整復師(国家資格保持者)

業界歴16年。

18歳の頃から整骨院1筋で西宮市で痛みに悩まれている方のお役に立てる様に日々精進中。

現在ストレッチの本を執筆中。年内に発売予定。