ストレートネックの治し方としてタオルを使うのは効果的? | 西宮、宝塚で根本改善の整体ならひこばえ整骨院へ
                           

ストレートネックを治すためにはタオルを使って行えばいいですよ。

とテレビ、動画などで聞いた事がないでしょうか?

それにより肩こりや首こり、頭痛等が、解消したと言うことも聞かれた事があると思います。

YouTubeでストレートネックを治す方法としてタオルのストレッチを紹介をされていることもあります。

そんなタオルの矯正方法ですが、本当に効果があるのでしょうか?

また、どの様な治し方あるのでしょうか?

そんな疑問にお答えしています。

 

ストレートネックにタオルは効果的?

結論から言いますと

ストレートネックを治すためにタオルを使うのはやめたほうがいいです。

なせ辞めた方がいいのか?

その理由を説明していきます。

ストレートネックと言うのは首の骨が真っすぐになってしまっている状態の事をいいます。

下の写真をご覧頂きたいですが、本来の骨はこのようななっています。

 

少し前に曲がっている状態です。

全体を写すとこんな感じ。

首と腰の骨が前に。背中の骨が後ろに曲がっているのはわかると思います。

ストレートネックになるとこの骨が真っすぐになってしまいます。

下の写真の様なイメージです。

 

これがストレートネックなのです。

この骨の状態をタオルを使うことで元の状態に戻そうというのがストレートネックにタオルをする目的なのです。

しかし、真っすぐになったからというてまた曲げればいいというものではないというのがわかると思います。

一瞬で曲がってしまったものを元に戻すのはいいと思いますが、長い年月をかけて曲がってしまったものをもとに戻すにはそれ相応の時間が必要になってしまいます。

 

また、首が真っ直ぐになったという事は、それに対して筋肉がついてしまったり、神経の通り道の形が変わるので無理矢理元の位置に戻すというのは非常に危険です。

私がみていた患者さんで、いいと思って行ったせいで、肩こり、しびれが出てしまったとい事例もあります。

この様な理由から、タオルを使ってストレートネックを改善するのはあまりおすすめしません。

 

ストレートネックの原因は?

次にもう少し細かく見ていきましょう。

ストレートネックの原因は

姿勢と普段の体の使い方による事で痛みがでてしまうのが原因です。

ストレートネックは病気の名前でもなんでもありません。

直訳すると

首の骨が真っ直ぐになる

という事ですね。

首の骨が単純に真っ直ぐになっているだけなので怪我や病気ではなく、事象の事をいいます。

下の写真をご覧になって頂きたいですが、姿勢が非常にわるいのがわかりますか?

座っている姿勢、立っている姿勢等を見て頂くと首がとても前にいくのがわかりますか?

次にスマホを使っているときの姿勢。

普段あなたもこの様な姿勢をしていませんか?

ストレートネックの原因は姿勢の悪さ、これによって体の使い方が悪くなってしまい症状が出てしまいます。

最終的にはタオルを使って治すのではなく、日常の姿勢を改善しなければストレートネックは治りません。

逆に言うと、姿勢、体の使い方を改善することで、ストレートネックによる症状である肩こり、首こり、頭痛を解消することができます。

 

 

 

 

ストレートネックを治すためにはどの様にすればいいのか?

 

日常の姿勢を変える

これを徹底的にすることが必要です。

姿勢を変えると考えても1日中全ての完璧に変えられるかと言えばそれは現実的に無理です。

私もやり方は知っていますが、不良姿勢もしていますし、体に悪い姿勢をします。

無くすことはできないですが、減らすことはできます。

自分の姿勢が悪いという事がわかっていて、尚且つ正しい姿勢がわかっていると、自分の癖に気がつきます。

すると勝手に

『今姿勢が悪いな。もう少しきっちりと姿勢を正しくしよう』

と勝手に考えます。

すると短時間でも正しい姿勢がわかるので姿勢を治すことかできます。

少しの時間でも気がつくことが何よりも大切なのです。

綺麗な座りかた

下の写真をみてください。

姿勢綺麗でしょ?

自画自賛ですが、この姿勢を覚えてほしいのです。

ポイントは3つ

  1. 顎をひいて耳の穴と肩の真ん中が真っ直ぐなる様にする
  2. 骨盤を立てる
  3. 手のひらを上に向ける

以上3つのポイントを行っていきます。

この動作は立っている姿勢も座っている姿勢も同じ状態にすることがポイントとなります。

 

 

1顎をひいて耳の穴と肩の真ん中が真っ直ぐなる様にする

写真の様な姿勢になるのですが、多くの方が勘違いしていることが

胸を張る

胸を張ることはとてもいいことです。

決して間違ってはいないのですが、胸を張ると以下のような写真になります。

首だけ前に出てしまいのです。

首が前にでてしまうと正直あまり意味がありません。

見た目胸を張ってきれいに見えますが、先ほどのストレートネックになる姿勢とあまり変わらなくなってしまいます。

胸を張るのではなく、顎を後ろに引きます。

後ろに引くことができれば自然と胸を張ることができます。

顎を後ろに引くことに集中してしてもらえれば結構です。

2骨盤を立てる

下の写真をご覧ください。

この様な状態を骨盤が寝るといいます。

骨盤が寝るとどうなるでしょうか?

首が前に出て、膝が曲がってしまい、正しい姿勢になれなくなってしまいます。

その姿勢が下の写真です。

わざとしていますが、この様な姿勢に近い状態になっている方がとても多いです。

立ち姿勢も座っている姿勢も最終的には同じになります。

骨盤を立てることによって顎の位置も元に戻ります。

胸もはる状態に戻すこともできます。

そして、膝を伸ばすことができる様になるので全体の姿勢が著しく良くなることができます。

とても難しいかもしれないですが、骨盤を立てることに意識を向かせてください。

 

 

ストレッチ

ストレートネックにはストレッチをすることはとても有効です。

ストレッチをすることで先ほどの姿勢全て作ることが可能になってきます。

首のストレッチ、骨盤周りのストレッチそして膝周りのストレッチをすべて行っていきます。

今からそのストレッチ方法についてもう少し詳しくお話をしていきます。

 

ストレートネックを解消する為のストレッチ方法

全てで6つあります。

是非参考にしてください。

首周辺のストレッチ

1 にわとり首のストレッチ

椅子に座り、姿勢を伸ばして、両手は写真のように太ももの上にのせて下さい。

姿勢を伸ばした状態で首をにわとりの様に前後に動かして下さい。

あくまでも首だけで、それ以上は動かさないようにしましょう。

首を最大限に伸ばし、反対に最大限に引くようにして下さい。

この動作を合計10回繰り返してください。

ストレッチをすることによって首周辺の筋肉の緊張が取れていきます。

とても効果のあるストレッチです。

 

2 肩甲骨をくっつけるストレッチ

姿勢をまっすぐにして立ってください。立つ場所ななければ座ってでも構いません。

手を後ろで組み、肩甲骨を引く寄せるようにしながら腕を上げていきます。

肩甲骨をひきよせながら顔を上に持ち上げてください。そうすると肩甲骨と胸の前がよくストレッチされていきます。

伸びた状態で5秒間キープし、そこから脱力。この動作を10回繰り返して下さい。

 

骨盤周辺のストレッチ

1 座ってお尻を伸ばすストレッチ

椅子に座り写真のように足を組んでください。外のくるぶしが反対の太ももの後ろに乗せられるようにしてください。

姿勢をできるだけまっすぐにして、上半身を前に倒していきます。

足を組んだ方のお尻がストレッチされますので15秒間以上持続的に伸ばすようにしましょう。

 

2 腰をひねるストレッチ

ベッドもしくは床に仰向けになって寝てください。

両手を大の字にして左右に足を倒しながら腰を捻ります。

両手を平行にして股関節と膝の関節を90度に曲げて下の写真のような状態で捻って行きます。

このときのポイントはひねった方向と逆側に顔を向けるようにしてください。

左右2セットずつ行い片方15秒間以上持続的に伸ばしましょう。

 

 

膝を伸ばすためのストレッチ

1 太ももの後ろを伸ばすストレッチ

立った状態でおこないます。下の写真のように片足を椅子もしくはベッドの上に乗せてください。

必ず足先は真上に向くようにして姿勢を正しくしながら胸から前に倒すようにしましょう。

猫背になってしまうと背中のストレッチになってしまうのでできるだけ猫背にならないようにしてください。

体をまっすぐに直すことによって太ももの後だけが伸ばされて行きます。膝が曲がってしまうと効果があまりありませんので両手は股関節もしくは膝のお皿の上に置くようにしてください。

左右2セットずつ行い片方15秒間以上持続的に伸ばしましょう。

 

2 ふくらはぎを伸ばすストレッチ

タオルを1枚使います。

足先にタオルを1枚敷いて伸ばす方の足を伸ばしてください。

姿勢をまっすぐにした状態でタオルの端を手で持つ手前に引っ張ります。

ふくらはぎがストレッチされるにでその状態のまま15秒間以上持続的に伸ばしてください。

必ず左右均等に2セットずつ行いましょう

 

 

以上6つのストレッチをご紹介しました。

全て行っても3分程度で行えます。

是非実践して下さい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はストレッチを治すためにタオルは有効か?

というお話をさせて頂きました。

結論はタオルでストレートネックは治らないということをお話させて頂きました。

最終的は姿勢を変えて体にいい状態を覚えさせる必要があります。

そうすことでストレートネックが治り、痛み、凝り、頭痛などの状態から抜け出すことが可能です。

是非ストレートネックを治すためにも体全体から見直していきましょう。