頭痛と食事の重要性。食事を見直し頭痛を改善させよう | 西宮、宝塚で根本改善の整体ならひこばえ整骨院へ
                           

パソコンやスマホ、タブレットを使うことが増えたり、ゲームに熱中したり、いろいろなストレスなどが原因で頭痛になる方が多くなってきています。

頭痛がおこると集中力がなくなって何事もはかどらなくなり、悪循環に陥ることもあるのではないでしょうか。

辛さから解放されるために、薬を飲んでしまう

でも眠たくなると困るので、できれば飲みたくないという方もいるでしょう。食事で改善できたら良いですよね。

実際に栄養バランスが悪くて頭痛になるケースが多いです。食事を怠ると筋肉が本来の動きをしません。

エネルギーが足りないからです。筋肉を動かすにも栄養素が必要です。朝何も食べずに仕事したりすると頭がぼ〜っとしたり、体がだるくなる事ってありませんか?

あれは栄養素が体から足りていないので筋肉が動いていない証拠です。それで筋肉が固くなり動きが極端に悪くなります。

そこで頭痛にお勧めの栄養素と食材をご紹介します。

頭痛に効果のある栄養素と食材

写真

 

マグネシウム 

偏頭痛の方がこのマグネシウムが足りていない方が30〜50%います。実際のデータもあります。

マグネシウムは細胞の働きを活性化して、実際に血液の流れをよくする働きがあります。

栄養素の働き

脳の血管の緊張をやわらげたり、頭痛の原因のひとつである炎症を起こす物質の働きを抑えたりします。

精神を安定する働きもします。

食材

大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類などに多く含まれます。

きなこ、油揚げ、納豆、しらす干し、あさり、あおさ、わかめ、ごま、アーモンド

効果的な食べ方

マグネシウムとカルシウムを1:3を目安にしましょう。

特にひじきは万能でとても効果のある食材です。ひじきはとてもおすすめです。

 

ビタミンB1

写真

栄養素の働き

脳や中枢神経、末梢神経を安定させる働きや、糖質がエネルギーに変わるときに、重要な働きをします。

不足すると疲れやすく、イライラしやすくなります。

糖質はエネルギーとして瞬発的に変える事ができます。糖質が体に貯まると体が怠くなったり頭に栄養素がいかないのでしんどくなったります。

これが原因で頭痛になる事も多々あります。

うなぎ、たらこ、グリーンピース、干ししいたけ、青のり、玄米

効果的な食べ方

ビタミンB1だけを摂っても、効果は発揮しません。B群全体を一緒に食べるようにしましょう。

写真

ビタミンE 

栄養素の働き

血液の循環を良くし、末梢血管を広げる働きをします。

このビタミンEは抗酸化作用というのが有名ですね。簡単に言うとデトックスの事です。

体の細胞を酸化(老化の事)させない栄養素として必要です。肌荒れの方もビタミンE不足の事が多いです。

頭痛を引き起こす原因として

過酸化脂肪酸

というのがあります。簡単に言うと脂肪の事で酸性です。体の細胞を壊します。

この過酸化脂肪酸は血液の流れを悪くします。ですので肩こりや冷えを起こしたりします。

緊張性頭痛は血流不足なので頭痛を引き起こします。

さらに、ビタミンEが不足すると貧血を引き起こす可能性があります。

脂肪酸の増大によって赤血球が壊れます。赤血球は酸素を運ぶ役割があるため、筋肉に酸素が足りなくなり筋肉が硬直します。

これによっても頭痛が発症されます。

 

ビタミンEが豊富な食材

写真

油、ナッツ類などに多く含まれます。 その他に

サフラワー油、いくら、あゆ、たまご、モロヘイヤ、赤ピーマン、しそ、アーモンドにも多く含まれます。

特にいわしがおすすめです。

ビタミンAとCと一緒に摂りましょう。油で炒めるのも効果的です。

特にビタミンCは一度使ったビタミンEを再利用することができます。効率よく体の機能を上げるにはもってこいの食材ですね。

写真

オメガ3 

オメガ3とは体内ので生成できない栄養素です。外からしか取ることできません。これも脂肪酸なのですが、必須脂肪酸と言って必ず必要なものです。

頭痛の原因の一つである炎症を抑えます。

血圧を下げ、血栓を解消し、血管を広げ血液の流れをよくします。

オメガには3と6があります。3は血液をサラサラに、6は固める事に作用します。

6は特に油系、サラダ油、ごま油、キャノーラ油、オリーブオイルに含まれています。

3はしそ、ごま、さば、さんま 、亜麻仁油などに含まれています。

基本的に6の方がとく取る傾向にあるので気をつけて欲しい事は3を積極的に取ることです。

効果的な食べ方

オイルの場合は過熱しないこと。魚は脂がのったものを食べましょう。これが不足しても頭痛になることがあります。

また、3が減ると免疫が減少するので風邪や肌荒れを同時に起こす事もあります。

頭痛を引き起こす食材

頭痛にいいとされる食材を知るなら良くない食材もしる必要があります。

・チーズ・チョコレート・柑橘系・卵・豚肉・バナナ・アボガド・キャベツ・たまねぎ・ベーコン・サラミ・ホットドック・鳥レバー・葡萄酒・ワインなど

これらの食品は逆に頭痛に陥りやすいです。

この中にはチラミンという物質があります。この物質は血管を拡張させます。いっきに血液量が増えるので痛みがどんどん出てきてしまいます。

それにマグネシウムとの相性も悪いです。

但し全く食べてはいけないのでなく、偏りをなくすようにすればいいいだけの話です。

極端に加工食品のサラミ、べーコンだけを食べるとかはしなくてもいいという事です。

まとめ

ご紹介した栄養素も食材もほんの一部です。

上記ばかりを気にし過ぎると栄養が偏りますので、バランスの良い食事を心がけて下さい。

バランスの良い食事だけではなく、適度な運動や良い睡眠とリラックスすることも大切です。

頭痛を改善するには食事は必ず関わってきます。しかし、現実はインスタント食品や添加物のまみれ、防腐剤が入っているものが沢山あります。

全くゼロにするのは難しかもしれません、まずは今の食事から少しずつ見直してください。

頭痛を解消するために、まずは食生活を見直す日を一日作ってみてください。きっと体質改善して頭痛の回数が減ったり、体にとっていい状態になりますよ。

ひこばえ整骨院の頭痛の治し方

ひこばえ整骨院では、頭痛に対して根本から施術を行っていきます。

一人一人に合わせて施術を行っていきます。

もし、頭痛で悩まれているなら一度施術受けてみていかがでしょうか?

骨盤ダイエットを受けたい方

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから


電話: 0798-63-3200

LINE 友達申請