股関節の痛みが続き階段や靴下を履く動作が辛く、最近では5分以上歩くことが億劫になっていました|西宮 ひこばえ整骨院・整体院



股関節の痛みが続き階段や靴下を履く動作が辛く、最近では15分以上歩くことが億劫になっていました。

来院日

平成29年7月

患者さん

Sさん 50代 宝塚市在住 パート

悩み

股関節の痛みがだんだんきつくなっていました。

去年のはじめにお尻の方に痛みがでてきて鍼灸院に通って治療をしていたそうです。

1年ほど通って当初はしゃがめないほど痛かったのがだいぶ軽減されたのですが、股関節の痛みになって残ってしまい、その後通院を続けてもあまり改善されなかったそうです。

痛みが引かないこともあり、整形外科を受診した際にレントゲンを撮ってもらい、股関節の軟骨がない状態の変形性股関節症だと診断され、手術の提案を受けたとのことでしたが、手術は嫌で他に何か改善できる手はないのかと思い、当院のホームページを見つけられたのだとおっしゃっていただきました。

もともと東京などおでかけされるのが好きだったようですが、新幹線、電車の乗り換えなど階段や移動が多くなるため股関節が痛くなってしまう…、と諦めていたそうです。

階段やおでかけがまた、痛みに悩まされずできるよう、治療することを決意されました。

検査の結果

身体全体の検査を行なったところ・・・

最初にお話を聞いたときに、もともと両股関節が臼蓋形成不全症で股関節の被りが浅い状態だったようで、その影響により内股と反り腰になる癖が強くありました。

そしてまっすぐ立ってもらうと膝が内側に入り込み、股関節に捻じれが強く出ていることがよりハッキリとわかりました。

そして、ご自身が思うまっすぐな状態で股関節に左右交互に体重をかけてもらうと左の股関節には体重をかけると違和感が出ました。

その他、ベッドに座った状態で股関節を曲げる動作、仰向けで足を曲げる動作、股関節を開く動作全てに痛みがでていました。

いくつか検査をし、股関節の前側を覆う筋肉を軽く触れ、先ほどの動作をしたときに痛みがかなりマシになるということがわかりました。

初回の施術

初回の施術では大きく強く矯正をかけることはせず、左側の股関節前の筋肉を緩めることをメインに治療し、ご自宅でも軽くマッサージしてもらうよう伝えました。

歩く、立つなどの立位動作で痛みが増えることになるため歩き方や立ち方の注意点をお伝えして、特に歩く時に歩幅が小さくなると内股になりやすかったため歩幅はいつもより少し大きくするように意識していただきました。


2回目の治療

2回目の治療も股関節前側の筋肉ををメインとしていきました。

このときからは左側の骨盤のみ少しずつ動かしていき、股関節の負担をかばうところを作るようにしていきました。

股関節自体の動きも、関節の間に少し間隔を広げるように矯正しました。

歩くときに大きい歩幅を意識をすると少し痛みがでるため、歩幅はいつも通りで歩くときの膝の向きを意識して外に向けるように変えました。


3〜4回目の治療

左側股関節前の筋肉は引き続き治療していましたが、股関節自体を外側に動かしていくような施術に変えていきました。

歩くときも膝を外側に向けるように、とすると意識しすぎてしまい逆に痛みがでるようでしたので、3割程度の意識で歩いてみると痛みなく歩けたので感覚を覚えてもらい、しっかり意識していただくようお伝えしました。

ご自身でも自宅で股関節を動かす運動をしていただくようにしていきました。

4回目のころには歩いているときの痛みは少しマシになっていました。

5〜6回目の治療

座りながら足をあげる動作も痛みが減っていて、痛む程度がかなりマシになっていました。

最初に辛いとおっしゃっていた階段の昇り降りも、少し痛みはあるもののスムーズにできるようになっていました。

股関節の運動も、子供さんに協力してもらいながら積極的に続けて行なっていただけました。

歩き方も意識しすぎないように意識をして歩く、ということにも慣れてきたようでした。

7〜9回目の治療

7回目の施術前に、ちょうどお盆に入り、里帰りをされました。

最初のころは出かけるにしても、新幹線や移動で股関節が痛くなることが不安だとおっしゃっていたので、今回もまだ不安は若干あるようでした。font>

実際行かれた後、施術に来られた際に確認すると、行きは痛みもなく向こうでも過ごすことができ、帰りの階段を下るときに少し痛かった、とおっしゃられて、痛み自体はだいぶマシな状態で無事に里帰りを終えられたようでした。

最後の方では、股関節だけではなく肋骨から持ち上げるように背中を伸ばしていきました。

どうしても姿勢が前傾で腰をお腹を突き出すように歩いてしまう癖が残っていたため、股関節の向きは意識しなくても今は外に向いているため、歩き出しの前に深呼吸で背筋を伸ばしてから歩くようアドバイスしていきました。

冷えによってや、後少しの意識が定着するようにあともう少し間隔を開けてみて様子を見させてもらうようお伝えしました。

まとめ

今回は変形性股関節症で股関節の痛みに悩まれている方の改善事例でした。

この方の場合、軟骨はなくなっていましたが、関節部の変形はまだ進行していなかったため、ここまでの改善が見込めました。

変形性股関節症はその方の進行度合いや歪みの程度、体型などによっても改善度合いや改善スピードは異なります。

変形性は結果的になるものなので、その変形を進めた原因を改善できれば、変形自体を元の状態に戻すことはできませんが痛み自体は改善できます。

この方のようにたとえ手術を勧められたとしても、手術をせずに痛みが軽減できる可能性があることは忘れずに、もし同じように股関節の痛みに悩まされているようであれば是非一度ご相談ください。


2年ほど前から左の股関節が痛くなり、座るときに音がポキポキしていました。

寝ている時も痛くて目が覚めて熟睡出来ませんでした。

病院で検査をしてもらったら変形性膝関節症と診断されました。

手術日も決まっていましたが気がすすまなくて、インターネットでひこばえ整骨院を見つけました。

階段が楽になり、しゃがむ動作も苦にならなくなりました。

有難うございました。

【*得られる結果には個人差があります】

ひこばえ整骨院 変形性股関節症の 施術手順

ひこばえ整骨院では股関節だけでなく体のバランス、癖、歪みを全て診ていき、それに合わせて施術を行っていきます。

そして、一番最短で最適な変形性股関節症のストレッチなどをお伝えしていきます。

ご興味のある方は下記からご覧ください。



  • パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
    LINE 友達申請