胸がピリピリ痛い。肋間神経痛って何?どんな症状?|西宮 ひこばえ整骨院・現役整骨院院長の整体ブログ



●胸がピリピリ痛い。肋間神経痛って何?どんな症状?

突然胸のあたりに痛みが走ることはありませんか?

するどい痛みなのですが数分で治まって、また忘れた頃に痛みが出る、p>

胸のあたりに痛みが出るので、大きな病気を疑って病院へ行ったけど何もなかったなどありませんでしょうか?

深呼吸をした時に胸の前が痛い。咳をしたら胸の前が刺さる様になってくる

そんな経験はありませんか?

もしかしたら肋間神経痛かもしれません。

このブログでは肋間神経痛について詳しく解説をします。もし今あなた上記の様な事で悩まれているなら最後までお読みください。

肋間神経痛とは

神経痛と聞くと足腰のイメージがあるかもしれません。

神経痛は神経が通っているところにおこるため、全身のどこにでも出てきます。

では突然くる胸のあたりの痛みである肋間神経痛とはどういうものなのでしょうか。

肋間神経とは、肋骨と肋骨の間に通っている神経のことです。(写真は凄くリアルですがご了承下さい。)

肋骨と肋骨の間で横に背骨から伸びている神経のため、痛みは胸の辺りや脇、脇腹、背中などにでます。

痛みが出る原因に明確なものは特になく、なんらかの作用で神経を刺激して痛みが出てしまいます。

神経を刺激することとして、深呼吸や伸びをしたときのような日常の何気ない動作も含まれます。

また背中や胸部の病気や怪我が原因で痛みが出たり、ストレスや姿勢が原因の場合もあります。

原因はいろいろとありますが、痛みは数秒で治まることがほとんどです。

慢性化をした方だと、体調が悪くなると胸の前が痛くなったり、ピリピリした事があるかもしれません。

もしくは咳をしただけでも痛くなるし、くしゃみをした時に痛くなる事もあります。

ほんの少し、些細な事で痛みが出る事もあるのが肋間神経痛です。

肋間神経痛ではどんな症状がみられるのか

なんの前兆もなく胸のあたりや脇、背中に突然と突き刺さるような痛み、ぐっと掴まれるような痛みなど一瞬体が固まってしまうような痛みを感じます。

痛みは数秒程度で治まりますが、数分続くこともあります、

女性だと胸が痛くなるので乳房あたりに痛みや違和感、ピリピリした感覚が出る事もあります。

日によって自覚症状が変わる事もあります。

背中が痛くなったり、胸の前が痛くなったりと症状も様々です。

胸の前が痛い時は『心臓でも悪いのでは?』と思うくらい締め付けられるくらい痛い時もあります。

かと思えば急に痛みがなくなる場合もあります。

次は肋間神経痛と内臓の痛みの違いについてお話をしていきます。

肋間神経痛の症状と内臓疾患の痛みの違い

>

内臓疾患の場合、例えば心臓の疾患の場合の痛みは胸の真ん中や腕にも出ることもあります。

しびれの様な感じだったり、手の感覚がなくなる様な感じになる事もあります。

肋間神経痛の場合はこの様にはなりません。

狭心症や心筋梗塞でも胸の真ん中を締め付けられるような感じになります。

15分程度の時間締め付けられる事があるのでもしその様な症状が継続的にあるならまずは病院の受診をしましょう。


次に多いのが帯状疱疹

帯状疱疹がヘルペスの事ですが、全員が持っています。

人によりますが、基本的には体の免疫が低下したり、ストレス、疲労でも帯状疱疹になります

帯状疱疹の場合は皮膚にぼこぼこした感じが出てくるので見た感じでわかる場合もあります。

中には帯状疱疹が出ずにヘルペスで反応が出る場合もあるので、その判断はきっちりと病院に行って診断を受けられることをおすすめします。


肋間神経痛は肋骨の間、左右どちらかの胸から脇の間に痛みがでやすく、体を捻るなどちょっとした動きで痛みが出たり増したりします。

深呼吸でも痛くなるのが特徴です。


肋間神経痛の症状の改善方法

>

肋間神経痛は肋骨間の神経になんらかの刺激があり痛みがでます。

背中に緊張を感じていると筋肉が収縮し、背骨を圧迫してしまいます。

背骨から通っている肋間神経を圧迫することになるため、胸などに痛みがおきるのです。

背中が緊張する理由とのひとつにストレスがあります。

ストレスを解消するため、リラックスできる時間を作ってみましょう。

ゆっくり湯船に浸かる、睡眠をとる、ゆっくりとお茶を飲むなどご自身でリラックスタイムをみつけてください。

背骨での肋間神経の刺激、肋骨間での肋間神経の刺激を和らげるために、姿勢を整えることは有効です。

猫背の姿勢では背骨が丸く曲がっているため肋間神経に刺激を与えやすく、また胸部が狭まるため肋間が狭くなり肋間神経が圧迫されます。

背筋を伸ばし胸を開くようにして、肋間神経の圧迫をゆるめましょう。

おへそを引っ込めながらそのまま上へ伸ばすようにしてみてください。

そうすると自然に背筋がすっと伸び、胸が開けられます。


肋間神経痛の症状の改善ストレッチ

>

肋間神経痛の痛みの原因のひとつは姿勢です。背中に腸肋筋(ちょうろっきん)と言う筋肉があります。

この筋肉は骨盤から肋骨についている筋肉で、姿勢などが悪いと筋肉の緊張が強くなってしまいます。

これによって肋間神経を圧迫をして痛みやしびれ、ぴりぴりした感覚がでてきます。

内臓系や骨の異常がない場合はほとんどの場合は背中に筋肉の緊張が影響をしている事が多いです。

ここでのポイントは姿勢を正しくすると言う事です。


背中が丸くなり胸部が狭まる猫背を解消するストレッチその1

1.壁に向かって肩幅くらいに足を広げて立ち、手を万歳にしてそのまま壁にあてます。

2.手の位置はそのままにして、ゆっくりと体を倒し左右の肩甲骨を寄せるようにします。ゆっくりと吐きながら15秒数えます。


背中が丸くなり胸部が狭まる猫背を解消するストレッチその2

1.立った姿勢で後ろで手を組みます。

2.息を吐きながら組んだ手を上にあげていきます。

3.上がりきったところで3秒数え、ゆっくりと降ろします。


背中が丸くなり胸部が狭まる猫背を解消するストレッチその3

1.イスに深く座り、頭の後ろで手を組みます。

2.肘を後ろへひっぱり、胸は前に突き出すように、

3.ゆっくりと力を抜いて元に戻します。


まとめ

>

いかがだったでしょうか?

実際に胸の前が痛いととても不安になると思います。

『もしかしたら心臓が悪いのではないだろうか?』

ととても不安になると思います。勿論直ぐに判断をするのではなく、まずは心臓を疑うので検査をした方がいいです。不安のままほったらかしにしているとストレスが逆に溜まってしまう要因になります。

それでも検査に異常がないのであれば安心をして下さい。

肋間神経痛はしっかりと治療をすれば改善をします。

初めは怖いかもしれませんが安心をして下さい。

まずはご自身でストレッチや日常の生活を見直してみて、それでも改善がしないようでしたらきっちりと専門の先生に見てもらって下さい。

ひこばえ整骨院肋間神経痛の施術の手順

ひこばえ整骨院では体のバランス、癖、歪みを全て診ていき、それに合わせて施術を行っていきます。

そして、一番最短で最適な肋間神経痛のストレッチなどをお伝えしていきます。

ご興味のある方は下記からご覧ください。


パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請