腰の痛みが朝から時間が経つとともに増し、仕事が終わるころには太ももやふくらはぎがだるくなることはありませんか?

場合によっては足がしびれるなんて事ありませんか?

それが不安で日常の生活を過ごしていませんか?

もしかすると単なる腰痛ではなく、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛と聞くと怖いイメージがあるかもしれません。しかし、実際はそうではない事もあります。

ここではその坐骨神経痛とは何か、効果的なツボなどについて説明していきます。

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛の痛みは腰よりも、おしりや足に出やすくてしびれも伴うことが多いです。

この様に足にしびれや痛みが出ている状態を坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛は病名でもなんでもなく症状なのです。

原因として、ヘルニア、梨状筋症候群、すべり症、分離症等様々な原因もあります。

上記はかなりきつい症状の部類の入りますが、単純に筋肉が硬い、疲労などによっても坐骨神経痛と同じ症状が出たりもします。

坐骨神経が通っているところに痛みやしびれが出ます。

その坐骨神経はおしりの後ろから枝分かれしながら足の先まで通っているので、痛みやしびれが広範囲で現れたりします。

痛みやしびれが出るのは、坐骨神経が圧迫されることや刺激されることによります。

 

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因はひとつではありません。

立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢が続いたり、抱っこなど同じ動作を繰り返していたり、 重たいものを持った時などに腰に負担がかかり骨と骨の間にある椎間板が飛び出して神経を圧迫することがあります。

またお尻の筋肉が疲労などで凝り固まってしまい、固まった筋肉が坐骨神経を圧迫します。

上記以外でもお尻の後ろから足先にかけて通っている坐骨神経をどこかの箇所で刺激したり圧迫したりすると、痛みやしびれがでてきます。

上記で説明をしたヘルニアなどもありますが、問題は

なぜそのようになってしまったのか?

これがとても重要なので。

最終的には日常の癖が一番の原因になる事がほとんどです。

姿勢不良、立ち方が悪い、座り方が悪いなどが原因で結果的に体が爆発をしてしまい、体が耐えきれなくなってしまって痛みがでてきます。

これらを解消する事が大事なのです。

それを改善する為にも日常生活から見直す様にしましょう。

坐骨神経痛に効果的なツボ7選

腰や足に痛みやしびれが出て坐骨神経痛の症状が出てしまった時の自宅でできるツボ押し対処方法です。

ツボを押す事で筋肉の緊張を取り除いたり、体の血液循環を改善する事ができます。

そうする事で本来の体の状態を取り戻す事ができます。

特に坐骨神経痛の初期の状態では非常に効果があるので是非一度試してみて下さい。

ツボの押し方は親指でゆっくりと押していき、痛気持ちいいくらいで止めます。

押し続けたまま3〜5秒間押し続け、ゆっくり離しましょう。

これを5〜10回程度行って下さい。

腎愈(じんゆ) 

 

ウエストの一番くびれたところをつなぐライン上の背骨の横

環跳(かんちょう)

立った時にお尻をぎゅっと閉めた時にお尻にえくぼができると思います。

そのえくぼの一番中心が環跳です。

承扶(しょうふ)

左右の肋骨の一番の下を線で結び背骨の際から指2本分外に行った部分です。

殷門(いんもん)

お尻の下にできる溝の部分で、そこから親指の幅六本分下がったところにあります。

委中(いちゅう)

うつ伏せになり、膝を曲げた時にでくるしわの真ん中にあるツボです。

承山(しょうざん)

ほぼふくらはぎの真ん中にあります。

ふくらはぎを押さえていくと真ん中あたりい硬い部分に当たると思います。

その柔らかい部分と硬い部分の境目にあるのが承山です。

崑崙(こんろん) 

外くるぶしの真ん中からアキレス腱に向かっていき、一番初めにアキレス腱に当たる所が崑崙です。

以上7点が坐骨神経痛に効果があるツボです。

初めは覚えるのに時間がかかると思いますが、慣れて行けばすぐに自分でも簡単にできる様になります。

7か所をしても5分程度でてきます。

是非一一度行って下さい。

坐骨神経痛に効果的なストレッチ

坐骨神経痛にとても大切なのがストレッチです。

固まってしまっている筋肉が坐骨神経を圧迫している場合はとても効果があります。

筋肉を緩めて柔軟性をつけて坐骨神経を圧迫しないようにさせます。

椎間板が神経を圧迫している場合はその周りの筋肉をゆるめ、脊椎の間隔を広げられます

詳しくはこちらをご覧下さい。

もしこんな症状が出たら治療を受けましょう

ご自身でツボやストレッチで対処はできますが、それでも改善されなかったり、しびれを感じる場所が今までと違ってきたりするときは治療を受けに行きましょう。

神経を刺激している箇所が増えている可能性がありますし、圧力が強くなっている可能性もあります。

1〜2週間続けてストレッチ、ツボ押しをして、もしも改善しない場合はそれ以上に体が悪くなっている事もあります。

痛くて痛くでどうしようもない状態までほったらかしにしない様にして下さい。

手術を避けるためにも、痛みやしびれがひどくなる前に治療をうけ、早期改善させましょう。

まとめ

坐骨神経痛は痛いところが悪いとは必ずしも限りません。

お尻、足に痛みとしびれを感じたらツボを押して痛みを緩和させましょう。そして柔軟性を付けましょう

痛みやしびれがなくても、ストレッチを毎日することはおススメです。

筋肉を柔らかくして、神経を圧迫させないようにしましょう。

ひこばえ整骨院の坐骨神経痛の治療方法

ひこばえ整骨院では、坐骨神経痛に対応しています。

悪い部分を診るのではなく、体のバランスを見て首は勿論、肩、バランス、股関節、脚を全て診ていきます。

根本的に改善する為に施術を行っていきます。

詳細

 

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200