あなたは今までダイエットをしたときに、パーソナルジムやトレーニングなどの運動に取り組まれたことはありますか?

そのダイエットは成功したと言えますか?

運動を行うことで痩せるダイエットが終了した以降、あなたは体重・体型を維持できていますか?

多くの方がダイエットをしようと思っ時に行うのが運動かと思います。

しかし、実際に多く言われるのは

『時間がなくて続けられない』

『運動をしたけど痩せられない』

などの声を頂きます。

今回はジムや運動でのダイエットを行なうことのメリットとデメリットについてお話していきます。

 

ジムや運動でダイエットをすることのメリット

最近よく耳にするパーソナルジムのように、マンツーマンで見てくれるようなジムや、スタジオレッスンで運動を行なってダイエットすることは、効率的でとてもいい方法です。

自己流でジムに通いトレーニングを行なう場合、鍛えたい、絞りたい、と思っていてもなかなか思う所に効かなかったり、本当にこれで効果があるのか?と不安に思うことも少なくないでしょう。

その点パーソナルジムだと個人の目的に合わせて筋肉を付けたいところ、絞りたいところ、希望に合わせて適切なトレーニング方法を指導してくれるので、間違えることなく安心して行えます。

ジムに通うことで筋肉量が増えていき、筋肉量が増えると身体も引き締まっていきます。

そのため綺麗なボディラインが手に入ります。

 

特にもともと運動が苦手、という方にはパーソナルジムでの運動が合っていると言えるでしょう。

なぜなら、一人では絶対にできないからです。

適切にアドバイスを受けたり成果があるのか等の不安感が強くでてしまうと続けることが難しくなります。

 

1日2日運動したから痩せる、というものでもないので続けることができないとなると運動でのダイエットは苦痛となります。

自分のペースで行うならジムやスタジオレッスンなどで楽しみながらできるのもいいですね。

 

もともとついている脂肪を燃やそうと思ったら、やはり有酸素運動が一番効果的です。

ジムで走る、家の周りでウォーキングをする、ランニングをする、などなどトレーニングとまではいかなくても、 有酸素運動で消費カロリーを高めて脂肪を燃焼するダイエットでは筋肉量と代謝の上昇が見込めます。

 

上記がジムや運動でダイエットを行うメリットです。

ジムや運動でダイエットをすることのデメリット

ではデメリットはなんなのか。

パーソナルジムでも普通のジムでもいえることですが、

運動をしなくなったら筋肉量が落ちてしまう

、ということです。

運動で痩せた場合、筋肉量を増やして代謝を上げて、消費カロリーを多くして体重を落とすことになります。

運動をし続ければ、その状態は維持できますし、強度を上げていけばより筋肉量が増えていきます。

逆に言うと運動をし続けなければ維持できない、とも言えるのです。

 

ジムでの運動量だけをあげてダイエットすると、引き締まって筋肉はついてきますが、どんどん痩せるためには更に負荷や強度を高めるようにしないとそれ以上は痩せなくなってしまいます。

つまりジムに行かなくなって運動をしなくなってくると徐々に筋肉量が落ち、リバウンドしてしまう可能性が高くなるのです。

それが運動だけで行なうダイエットの一番のデメリットです。

 

そして、メリットのところでも少しお話ししましたが、

運動をしたからすぐに痩せてダイエット成功!

というわけではありませんよね。

すぐに目に見えて結果がでるものではないのです。

しないよりマシだということで週1回や月2回程度、ジムに行くというくらいでは筋肉量はなかなかふえてきませんし、痩せるまでの道のりは遠いでしょう。

体重を維持したい、体が動かせれば…、くらいであれば週1回の頻度で適正ですが、ジムやトレーニングでダイエットしようと思うと週に一回だけジムに通うというくらいでは運動量が足りず、 なかなか効果は得られないのです。

 

ダイエットやトレーニングをして肉体を変えようとするとき、毎日運動をつづけるのではなく、2〜3日おきにトレーニングに励むようにすると、疲労度をそこまで溜めずに次の運動を行うことができるので、週に2〜3回の運動がペース的には理想です。

運動が好きであったり、頻度が安定すると無理なく行えるかもしれませんが、運動が苦手な人や嫌いな人からすると習慣づけるまでが大変なので、それまでに「結果が出ない。」と諦めてしまうことも多いでしょう。

 

逆に毎日運動をし続けて、ダイエットした場合はその頻度を落とすと筋肉量は減っていくことになり、

徐々に体重が増えてリバウンド

に繋がります。

運動だけで行なうダイエットのように、消費カロリーだけを高めて今ある

脂肪を燃やすダイエットよりも、摂取するカロリーをコントロール

できるようになるダイエットをおこなうことがリバウンドしないからだづくりだと言えるでしょう。

そのため体重と体型を変えるためにダイエットをおこなう場合、体型の引き締めはジム、体重を落とすのは食事の見直し、という風に合わせて行うと理想的です。

 

 

リバウンドしないために

パーソナルジムで体に合わせて運動行なったり、ジムで運動でのダイエットだけでは止めた時の反動が強く出てしまうので、食事でのコントロールも必要となります。

ですがそれは、カロリーの制限ではなく、糖質量の制限を行なうことを言います。

 

カロリー制限+ジムのダイエットでは、運動をして増やすはずの筋肉の素になる栄養が足りず、筋肉量も増えないまま体重も減らないような状態に陥ります。

筋肉の素となるのはタンパク質で、体を構成する細胞の素となるのは脂質です。

 

カロリー制限を行うとこれらが不足ししまうため、筋肉量が増えることも、脂肪を燃焼する反応も起こりにくく、でも運動するからお腹も空く…という痩せにくい体の環境を作ってしまうのです。

カロリーを制限した食事を心がけるのではなく、栄養の素になるたんぱく質や脂質はしっかりと食べて、少量で爆発的なエネルギーになる糖質を控えることの方が、 ダイエット後の食習慣の反動は出にくくリバウンドの恐れもありあせん。

もちろん、だからと言って糖質の低い食品を毎食お腹いっぱい食べるべき、というわけではありません。

糖質が体に取りこまれるとき、消化分解された糖質が血液中に充満し、血糖値を上昇させます。

 

血糖値が上がるとインスリンがすい臓から分泌されることで、血液中の糖質を肝臓や筋肉に貯蓄してエネルギーとして直ぐに使えるように置いておきます。

ですがそんなに多くの糖質を肝臓が貯蓄できることもなく、筋肉量が少なければそれだけ蓄えられる糖質の量にも少なかったり、と個人差があります。

そのため摂り過ぎで貯蔵できなかった糖質は中性脂肪となり、脂肪組織にどんどん蓄えられてしまい、結果太ることに繋がります。

そのため、糖質は少量で十分ですが、タンパク質や脂質に関しては積極的に摂取した方が、満足感もでて食事を我慢したという反動も出にくいですし、運動を以前ほどしなくなったとしても糖質の量を減らしていれば、痩せた状態で維持しやすいのです。

もともと米、麺類、パン、甘いもの、などの糖質が好きな人は特に、糖質への依存性をなくさない限りはダイエット終了後のリバウンドの可能性は出てきてしまいます。

そのため、糖質制限とジムなどのトレーニングや運動を合わせることがリバウンドしないダイエットに繋がります。

今ある脂肪を燃やすには有酸素運動、リバウンドしにくい体づくりにはトレーニング、リバウンドしない食習慣を定着させるには糖質制限、という形で考えてダイエットを行いましょう。

 

糖質制限についての記事はこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょう。

運動することは体にとっていいことですし、ダイエットのためにも効果的です。

特にダイエットのためならば、パーソナルジムやジムでトレーナーについてもらうトレーニングで行えると、自己流でトレーニングするよりも効率的であると言えます。

ですが、そうやって痩せたのにリバウンドしてしまった人、それは食習慣の改善が足りなかったことが原因かもしれません。

次にダイエットに取り組むときは、運動だけではなく、食習慣の見直しも同時に行いましょう。

 

 

ひこばえ整骨院ではダイエットができます

ひこばえ整骨院では、その方に合わせたダイエットの方法をご提供できます。

ダイエットに必要なのは正しい知識です。

詳しくは下記をご覧下さい。

詳細

 

 

 

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200

LINE 友達申請