朝起きた時に手がしびれる、ふとした時に手がしびれている、寝ていると手がしびれているなんてことはありませんか?

それに痛みは伴いますか?

どうせ肩こりや首こりが原因…と軽視していては危険な場合もあります。

今回は手のしびれは何のサインなのか、放っておいても大丈夫なのか、どういう対処をすべきなのかについてお話していきます。今手にしびれがある場合は必読です。

 

手のしびれがでる原因

手のしびれの原因は主に神経の圧迫によるもの、血行不良、他にも脳や脊髄の病気、内科的疾患が考えられます。それぞれをお伝えしていきます。

末梢神経の圧迫による手のしびれ

手のひら、甲、指先だけのしびれは末梢神経の圧迫によるものが考えられます。

圧迫される神経の場所によって、痺れる範囲が多少異なります。

 

・手根管症候群

親指〜薬指のしびれ、痛み。末梢神経(手の先に行く神経)が原因で起こるものの中で最も多いのがこの手根管症候群です。

手のひらを上に向けた時に真ん中に走っている神経が正中神経です。

手首の前を通る正中神経は、手首にある靭帯の下を通ります。その通り道がトンネルのようになっておりそこを手根管といいます。

指先を使いすぎるとこの靭帯が炎症を起こすことで、正中神経を圧迫し、しびれや痛みを引き起こします。

特に夜にしびれ、痛みが強くなります。多くは手や指先の酷使によりますが、しびれる場所は親指、人差し指、中指を中心にしびれます。

女性ホルモンとの関わりもあることから、周産期の女性や内分泌疾患の影響も受けるとされています。妊娠中でも起こります。

 

・肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

薬指〜小指にかけてのしびれ。肘の内側を通る尺骨神経(しゃっこつ)が圧迫されたり牽引されたりする事で起こります。

肘を机や椅子にぶつけた時に走る指先のしびれはこれによるものです。

他にも子供の頃の骨折の変形治癒、加齢に伴う肘の変形などが原因で徐々に症状が出てくることもある。

小指や薬指のしびれはこの尺骨神経の圧迫を疑います。また、ガングリオンなどがでてもしびれはでます。

 

・橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)

親指〜人差し指、腕の外側にでるしびれがこの特徴です。

腕枕をして寝てしまったときや、寝てるときの体勢によって腕を圧迫した状態が続き、翌朝にしびれがでる原因の多くはこれによるものです。

正座をしていると足がしびれたりしますがこれと同じ原理で、腕を下敷きにすると痺れることがあります。

この神経が麻痺すると腕が上がらなることがあります。

手のひらが下に行けばこの麻痺を疑います。その場合は病院にいく必要があります。

 

・胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

鎖骨付近を通る神経が圧迫されて起こるものと、それと共に走行している血管が圧迫されて起こるものがあります。

つり革を持つ動作や、洗濯物を干す動作などで上肢全体のしびれや肩や肩甲骨周りに痛みが起こります。

血管が圧迫されて起こる場合、指先や手のひらの色が青紫色や白っぽくなる、手が冷たくなるなどの症状もみられます。

冷え性の方でまれに胸郭出口症候群の方がいます。万歳をして、もし手がしびれたり青紫になればこれを疑います。

鎖骨下の神経と血管の通り道が狭いことが原因で起こりやすいため、なで肩の女性や、重いものを持つことが多い人、格闘技選手などで首や胸周りの筋肉を鍛えている人がなりやすいです。

この胸郭出口症候群は肩こり腰痛を必ずと言うてくらい併発するのでただの肩こり腰痛だからと安易に考ない方がいいですよ。

これら神経性の手のしびれは、命に係わるほど重篤になりませんが、手根管症候群、肘部管症候群を放置することで、症状が悪化し、運動機能が低下してしまいます。

一度落ちてしまった筋力を戻すことはかなり難しいため、早めに治療を行うことをおすすめします。

 

首に原因がある手のしびれ

片方の手、腕だけしびれる場合は、まず頸椎周りの原因が考えられます。

 

・頸椎椎間板ヘルニア

頸椎の中にある椎間板が何らかの原因で破壊され、中身がでてしまうことで神経を圧迫し、しびれや痛みを引き起こします。

ひどい場合は首の痛みや手のしびれがとてもきつくなることもあります。椎間板ヘルニアについて詳しくは下記をご覧下さい。

 

・頸椎症

加齢などにより頸椎が変形し、神経の通る道がせまくなることで手にしびれが発生します。

首が原因ででるしびれは、両側の場合もありますが主に片側の手、腕がしびれることが多いです。

首を動かすことで症状が悪化することが多く、見分ける指標となります。普段から肩こり、首コリ、腰痛、ストレートネックを持っている方は出ることがあります。

頚椎症になると必ずしびれがでるわけでありませんが、可能性として考えられます。

 

脳、脊髄が原因のしびれ

急激にくる手のしびれは脳梗塞、脳出血などの症状である場合もあります。両側には出ず、半身、片側に症状が現れます。

一過性脳虚血発作と呼ばれるもので、しびれ以外にもめまい、ふらつき、ろれつが回りにくい、などが同時に起こるようであれば、早急に専門医にかかりましょう。

特にろれつが回らなくなった場合は要注意です。

 

内科疾患の影響による手のしびれ

糖尿病の合併症では両方の手にしびれがでたり、感覚が鈍くなったり、という症状がみられます。

この場合はとても出ますが足の小指に著名に出やすいでのそこも判断が必要になってきます。

内科的疾患による手のしびれは片側だけでは現れず、必ず両側性の症状です。

特殊な病気であることが多いため、早急に診断を受け専門医にかかりましょう。元々糖尿を持っている方は要注意です。

 

血行不良

肩こり、首こりの症状が悪化すると、肩首周りの筋肉が血行不良を起こします。

新鮮な酸素、栄養分が末端に流れなくなり、末梢神経が栄養不足となりしびれが出る場合や、血行不良を起こした筋肉が硬く張りつめて神経の通り道を圧迫する事でもしびれはでます。

食事や服装、季節にも関係します。特徴として、動いていればしびれはないけどじっとしているとしびれがでる場合は血行不良が大きいです。

 

手のしびれは重要なサイン

上記に述べたように、すべてに言える事は放っておいていいことはない、ということです。

特に脳に関わる症状の場合は速やかに医者にかかるようにしましょう。

手のしびれが起きる原因は様々なものが考えられます。脳や脊髄の病気などではセルフケアでの改善は見込めず、専門医による専門的な治療が必要となります。

肩こり、首こりが原因で血流不足によって起こるしびれの場合は自分でも対処することができるため、その方法をお話していきます。

 

自分でできる手のしびれの対処法

姿勢

姿勢不良で神経を圧迫してしびれが出ることがあります。姿勢を正しくする事はとて重要な事です。詳しくは下記をご覧下さい。

血液の流れをよくする為のストレッチ

手のしびれ一番多い原因は血流不足、肩こり、首のこりの事が多いです。これは肩こり、首こりの対処法でもあります。

肩こり関連のページに、肩こり予防の姿勢のコツなど載せていますので、そちらを参照してみてください。

入浴

入浴はとても大切です。せっかく入っても効果の薄い方法を使って入浴をしても効果が薄くなります。長時間入るのが難しい方もいらっしゃる事でしょうから、効果のでる入浴方法をお伝えします

 

入る前に水分を補給

必ず水分を補給しましょう。目安は100〜200mlを指標にしましょう。まずは体に水分を入れて循環をしやすい状態にしましょう

先に湯船に入り体を温める

先に頭や体を洗う方もいますが、できれば初めに湯船につかる事をおすすめします。それから体を洗ったり頭を洗ったりしましょう。

お風呂に入る前に足に水をかける

足に水をかけます。意外と思ったかもしれませんが足は心臓から一番遠い場所で、常に重力と体重を支えるのにとても頑張っています。その足を冷やす事で一度血管がしまります。

その後またおお風呂の中で温めるとからだは熱を発散させないようにと熱を体に蓄えます。そして、もう一度冷やす。後は上記を繰り返します。

これを3〜4回程度繰り返します。2回目を行った際にお水やお茶を100〜200ml取ると更に血液の流れが向上するのでとてもとてもおすすめです。

これをすることで体の血液の流れはとてもよくなるのでしびれや肩こり、首コリを解消す事が可能です。

まとめ

しびれにも数多くの原因があります。呂律が回らない、手足がしびれていうことをきかないなど、今までにない症状がでた場合は直ぐに専門の病院のいきましょう。

そうではない場合は上記の方法を試して下さい。

それでもしびれが改善しな場合は専門の先生。整骨院、整体院の先生に一度相談してみてはいかがでしょうか?

もし、このブログをみて質問があれば何時でもご連絡下さい。できる限りご説明とアドバイスをさせて頂きます。

 

ひこばえ整骨院の手のしびれに対しての施術手順

ひこばえ整骨院では手のしびれに対しての治療得意としています。

 

手のしびれに対しての部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし、手のしびれに対してので困っているなら下記をご覧下さい。

 

 

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200