猫背とわかっていても中々自分では改善する事が難しいのが正直なところではないでしょうか?

実際に多くの方が猫背で悩まれていますが自分でしても どうもうまくいかないなんて事はありませんか?

「まぁ仕方がないか」とほったらかしにすることもありませんか?

猫背をほったらかしにすると体に悪影響を及ぼします。そうならない為にも猫背を改善させる必要があります。

このブログでは、猫背が及ぼす悪影響と、それを改善する方法を詳しく解説します。

猫背になると体にどの様な影響を及ぼすのか?

猫背になると大きく分け5つの悪影響があります。

呼吸がしにくくなる

深呼吸をしようと思うと体全身を伸ばして体を反らす様にします。しかし、猫背になると浅い呼吸にしかできません。

呼吸の数が減ると体内にできた古い酸素が体の外に出て行かなくなります。

古い息の中には体からでた老廃物も出ていきます。

ガラスの前で息をすると濡れたり、マスクをしたままだとマスクのなが湿気ますよね。

あれも息をする事で水分を出して古い酸素を出し、新しい酸素を取り入れる為に大切な事なのです。

下記で話ますが古いものが出ないと体の中の免疫が下がるので風邪もひきやすくなります。

風邪をひきやすくなる

上記の続きになりますが、猫背になって呼吸が浅くなると呼吸の数も減ります、すると体に古いものが貯まるので免疫が低下します。

体の免疫を強くしたり、体の血液循環を良くするのは必ず酸素が必要です。

酸素が少ないという事はその分だけ体の機能が低下するので風邪もひきやすくなります。

よく風邪を引く方や、喘息の方は猫背になっている事が多いです。

肩こり、頭痛、腰痛などの症状がでてしまう。

猫背になると必ず姿勢が悪くなります。

姿勢が悪くなりと確実に肩こり、頭痛、腰痛等の症状を併発します。

肩こり、頭痛、腰痛の原因は姿勢がほとんどです。

猫背になると姿勢をよくする事はほぼ不可能なので確実に痛みやコリを感じます。

歩幅が減るので歩く方が悪くなり、むくみ、冷えの原因となる

猫背になると歩幅が格段に減ってきます。1歩がとても小さくなります。すると冷えやむくみの原因となります。なぜでしょうか?

ふくらはぎや足は唯一地面に接しているところです。

心臓は押し出す力があっても押し戻す力はありません。

歩幅が減ると足で蹴り出す事も減ります。

するとふくらはぎを動かす機会も減るので結果的に全身の血液循環が悪くなります。

これが足がむくんだり冷え性になる原因です

下腹が出るなど体型の変化がでる。

猫背になると顎を突き出し方が中に入って下バラを出し膝が曲がる状態にります。

この状態でお腹をみて下さい。

下腹だけが出ませんか?

猫背になるとお腹、お尻、太ももに脂肪が溜まります。時に猫背の方は圧倒的に下半身太りの方が多いです。

全て重力に負けて足に流れてしまうからですね。

猫背になるとこれだけ悪いことが体に起こってしまいます。逆に言うと猫背を治し、矯正をするだけでもこれと反対の事が起こるということです。

今から自宅でできる猫背のストレッチと気を付けるポイントをお伝えします。

猫背を解消する為の正しい姿勢

まずは猫背を解消する為に正しい姿勢をお話します。

まずは壁に体を全てつけて下さい。

後頭部、背中、お尻、太もも、ふくらはぎ、踵

全て密着させました?これが真っ直ぐの姿勢です。この状態で1歩前に出て、鏡を見て下さい。恐らく綺麗な姿勢になっているとがわかると思います。

しかし、多くの方はこの姿勢はとてもしんどい姿勢だと思います。なぜなら普段こんな姿勢はしないからです。

ずっとこのままと言うわけにはいかないかもしれませんが、この姿勢を気を付ける事はとても重要な事なのです。一度覚えて下さい。

猫背を解消する為の動的ストレッチ①

猫背を解消する為にストレッチは効果的です。このストレッチは動的ストレッチといい、動きを伴うストレッチをお伝えします。

じんわりじっくりストレッチをするのと違い、体を動かしながらストレッチをするので体がぽかぽかします。動画でも詳しく解説していますので合わせてみて下さい。

①両手を体の後ろで組みます。

②組んだまま胸を張ります。この時点で猫背は解消されるのがわかと思います。

③次に深呼吸をしますが、深呼吸と同時に腕を上に上げていきます。吸った時に腕を上げて。下げる時に腕を下げていきます。

すると肩甲骨が近づき、胸が開いていくのがよくわかると思います。

これを10回程度行って下さい。終わった後に背中が伸びるのがわかりませんか?

猫背を解消する為の動的ストレッチ②

次におすすめするストレッチも動きを伴います。姿勢を立ってでも座ってでもどちらでも結構です。

①手のひらを前で組みます。手のひらが自分の方に向くようにします。

②猫背になる様におもいっきり前に腕を突き出します。この時に肩甲骨が伸ばされる感じがすればOKです。

③次に背中の後ろで腕を組み、手のひらは背中に向ける様にします。

④あげられるところまで上に上げていきます。この時に肩甲骨がくっつく様になればOKです。

これを前後交互に10~15回程度行って下さい。

kこの2つストレッチは動画で詳しく解説しているので合わせてご覧下さい。。

手のひらを反すだけで猫背予防+猫背を改善できます。

本来手のひらは下に向けます。物を取る時、掴む時、寝る時など基本的には下を向ける事が多いです。しかし猫背と言うのは肩が中に入ってしまう事です。

全ての動作は中に入る様にできています。逆に言うと手のひらだけでも反対にしてあげると猫背を予防する事が可能になります。

とても簡単な事ですが、手のひらを常に上に向ける様にしましょう。

 

 

まとめ

猫背になると体に取っていい事は何もありません。しかし、猫背を解消すると上記で書いたような事と反対のメリットがあります。

見た目も肩こりや腰痛や痛みなども解消する事ができます。上で載せたストレッチや運動、姿勢を気を付ける事で改善できることも沢山あるので一度試して下さい。

ひこばえ整骨院でできること

ひこばえ整骨院では猫背矯正をする事ができます。猫背の原因を根本的に取り除き、体のバランスを整えます。

多く方が悩んでいる姿勢、猫背ですが、しっかりと治すコツ掴めば大丈夫です。そのお手伝いを私たちが行います。

猫背は日常の癖です。癖と言うのは基本的に自分ではわかりません。その癖を見極めて適切に治療をするのが当院の治療方針です。

猫背で悩んでいるなら一度ご相談下さい。

もし、このブログをみて質問があれば何時でもご連絡下さい。できる限りご説明とアドバイスをさせて頂きます。 

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200

LINE 友達申請