<p><span class=

暑い夏は入浴をせずにシャワーだけで済ませる方が多くなりますね。

私もついついシャワーだけで済まそうと思う事があります。

しかし、入浴はとても体に良い影響があります。エアコンで冷えてしまいますし、疲れやすい今だからこそ入浴はおススメです。

夏場は冬場と違い服がどうしても薄くなります。その上汗をかいたり冷たい飲み物、食べ物を食べるのでどうしても冷える事が多くなります。

そこに体の外から冷やすクーラーがあります。どうしても冬場よりも断然体を冷やす傾向にあります。

このブログでは入浴が体に与える影響を詳しく解説します。

 

入浴をする事によるメリット

冷え性の改善

・入浴と言えば冷え性を改善する事がとてもおきな効果の一つです。

湯船につかる事で勿論体を温める事もできますが、一番は血液の流れを良くして体の老廃物を回してくれる効果があります。浮力にも影響をします。(詳しくは下記で説明します。)

勿論冷え性は温めるだけでなく、水分補給や食べ物によっても変わってくるので合わせてするとより効果が発揮されます。

 

睡眠にも影響があります

・体が温まるとともに脳の温度も上がります。入浴後、脳の温度が下がるほど熟睡しやすいのです。

・入浴は就寝の1.5から3時間前が理想です。

入浴後にうとうとしたりしませんか?あれは体の機能が落ち着てくるからです。

ですので出来るだけぎりぎりにお風呂に入るのが避けたいところですね。

 

体臭にも良い効果があります

疲労物質である乳酸が体に増え溜まっていくと、汗の中にアンモニアが増加します。それがにおいの素になるのです。入浴で血液循環を良くしてあげると、乳酸が減少されるため体臭も軽減されます。

 

 

・水圧

圧力により肺が圧迫され肺の容量が減少し、呼吸数が増えます。

そうすると心臓の働きが活発になるため血行がよくなります。

・浮力

水中では体が軽くなるため、力が緩んだり、だるさを感じなく鳴ったりしてリラックスできます。

そして、血液の流れがよくなるので全身の疲れが取れます。特に足は常に重力の影響を受けていますがお風呂の中だけ軽減されて足のむくみは解消されます。

・温水

交感神経と副交感神経に働きかけます。

交感神経は身体を興奮させます。副交感神経は身体を安静にさせます。

お風呂に入ると副交感神経が勝つので体がリラックスできる状態になります。

ですのでストレスや疲れ、イライラした時等はお風呂はとても効果があります。

温度はどのくらいが良いでしょうか

・ぬるめ(37〜39℃)

ゆっくり浸かることで新から温まり、筋肉をゆるめ、副交感神経の働きでリラックスで きます。

熱め(41〜43℃)

交感神経を刺激することで、新陳代謝があがります。短時間で血行がよくなり、疲労物質が早く 取り除けられます。

どちらがいいかはその方によりますが、私のおすすめは41〜42度位に設定をしてゆっくりは入れればいいです。

ぬるめと熱めとどちらにつかる?

ぬるめ

リラックスや美肌効果を得たいとき。熟睡効果を得たいときに入ります。長時間の入浴に向いています。

注意点として、汗をかくので水分を持ってはいる事を忘れない様にしましょう。

・熱め

腰痛や肩こりを緩和させたいとき自己回復力を得たいときにはいります。

注意点として、あまり長い時間に入ると体がほてり、逆に眠れなくなることがあります。ですので、入浴の時間には注意は必要です。

●浸かり方

半身浴

お湯の量は心臓に負担がかからないみぞおちくらいが良いです。

温度はぬるめ、時間は20分から30分間でゆっくりつかりましょう。

上半身が冷えそうであれば、乾いたタオルを肩にかけるといいです。

汗を出しやすくするためにもペットボトルのお水を持ちこんで、水分補給をしましょう。

全身浴

お湯の量は肩がつかるくらいです。

温度は熱め、時間は10分くらいであがりましょう。それ以上だと心臓に負担がかかり過ぎたり、貧血や血栓を作りやすくなるため気を付けて下さい。

水分補給のためにお水を忘れないように。

入浴は体を清潔にする以外にたくさんのプラス効果があります。忙しいからこそ、入浴を心掛けて みて下さい

お風呂に入るタイミング

多くの方は寝る前に入ることが多いのではないでしょうかか?

用事を済まして全て終わらせてからお風呂に入る。勿論それはそれでいいのですが、人間にはゴールデンタイムというものがあります。

一番体に影響の良い22時から2時。この時間が一番成長ホルモンが出て、美容にも疲労回復にも効果があります。

この時間までに入るのが一番理想です。

このゴールデンタイムでは細胞の再生と活性がどんどん活発に行われます。

ですので、この時間までにお風呂を済ませるが理想です。

朝風呂は良くない?


<p><span class=

上記でも書いたように、お風呂入ると体がオフモードになります。(シャワーも同じ。)

仕事前や暑いから少しシャワーに当たろうと言うのは汗やすっきりする感覚はありますが、効率的には非常に悪くなります。 むしろ悪くなるので体が怠くなったり集中力が持たなくなったりします、やはりお風呂は夜に入るのがいいですね。

 

どうしても朝に入る場合

たまたま寝てしまったり、朝帰りと言う事もあるでしょう。

その際には41度位にシャワーでさっと流して終わりにしましょう。長くしすぎるとかえって体にとっていいことはありません。

ですので出来る限りさっと済ませて風邪を引かない様にして、体の機能を低下させない様にして下さい。

ただ単に目を覚ます為と思うと逆効果になるのでそれだけは注意して下さい。

お風呂につかる時間はどれくらい浸かっていればいいの?

一番悩むのが浸かる時間ですよね。

長ければ長い方がいいのか?一体どれくらいの時間を基準にしたらいいのかわかりにくいですよね。

結論からいいいますと

普段自分が使っている時間の3割増しでOK

例えばいつも10分程度の入浴なら13分くらいでいいです。

いきなり20分も30分も入ると続かないどころ逆にしんどくなってしまうのでほどほどにしておき ます。

そして、慣れていけばまた時間を増やすと言う様に徐々にしていくと長続きしやすいです。

長時間浸かる場合はやはりぬるま湯がいいです。私個人のおすすめは40度位に20分ほど浸かるのがいいです。その為に防水の音楽プレーヤーや本を持っていくのもいいですよ。

 

よりお風呂に入る時に効果の上がる入り方

普通にお風呂に入るのでも効果はありますが、より効果の上がる方法をお伝えします。


<p><span class=

お水とお湯に交互に入る

熱いお湯やお風呂に入ると血管と毛穴が広がります。これは必ず起こります。

逆に言うと、せっかく温めた熱を放出してしまうと言う事です。

そこで活躍するのがお水です。お水に入ると逆に血管は収縮します。ただ単に収縮するだけでは意味がないので、温めた熱をこもらすために水をかけます。

方法がとても簡単です。

  • お風呂に少し浸かる
  • 水風呂に1〜2分入る
  • またお湯につかる。
  • これを4〜5回程度続ける。

これだけです。シャワーで水をかけるのでOKです。本当に身体が変わるのが良く分かるので一度試して下さい。

まとめ

お風呂は暑い時期になると中々入るのが億劫になったり面倒臭くなったりします。

しかし、しっかりと浸かる事で体にとってメリットしかありません。

もしかしたら毎日浸かるのは大変かと思いますが、1日置き、もしくは休みの日だけ、スーパー銭湯に行く。など、お風呂に入るタイミングをつくる事はとても大切です。

少しの時間でもいいので入られる事をおすすめします。

睡眠がとりにくい場合は一度当院にご相談下さい。

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200

LINE 友達申請