齋藤の言葉

あなたが今この記事を読まれていると言う事は、足の痛みで悩まれているんだと思います。YouTubeやブログを見ていると足の痛みを改善するために立ち方や歩き方などいろいろな方法が書かれています。実はたくさんの方法がありますが足の痛みを治すためにはある決まった立方と歩き方をする必要があります。逆に言うと今からお話をする内容をしっかりと理解していただくだけで足の痛みが改善しますぜひ参考にしてください。

 

足の痛みを解消するために絶対必要な立方

立方と言われると非常に難しく感じるかもしれません。

しかしやる事は非常にシンプルで2つしかありません。

  1. おじぎをする
  2. 顎を引く

この2つを集中的に行ってもらえれば立ち方、姿勢と言うのは比較的簡単に改善することができます。

よくある姿勢をもとに改善方法をお話しします。

1番初めに下の写真をご覧になって下さい。

姿勢が悪い状態

 

この姿勢はよくある姿勢でわざとらしく変にしていますが、

  • 膝が曲がって
  • 下腹が出て
  • 顎が前に突き出て
  • 猫背になっている

と言う姿勢です。

この姿勢をすると見た目はもちろんそうですが、後重心になってしまうので、指の前側を使わない状況になってしまいます。

このような状態を浮き指といいます。

本来であれば足と言うのは大きく分けて

  • かかとの部分
  • 足の裏の真ん中の部分
  • 指先の部分

3つの部分に分けながら体重を支えています。

 

後ろ側に重心が寄ってしまうと

このような状況が続いてしまうからこそ足の痛みである足底筋膜炎、外反母趾、モートン病、中足骨骨頭炎、偏平足。

などのような自覚症状や痛みを感じてしまいます。

私が実際に見させていただいている中で浮き指が併発していなく痛みが出ている方はほぼゼ0に近いです。

痛みが完全になくすためにも重心を変えて正しい立ち方をすると言うのは重要です。

話がかなりそれてしまったので立ち方に戻ります。

先ほど上でお話しした姿勢のように下腹が出てしまっている状態だと重心が後ろに寄ります。

この状態が骨盤を寝ると言うのですが本来であれば骨盤を立てる状態にしたいです。

イメージとしてはお尻を後ろに突き出すような感じです。

それをするためにできるだけまっすぐの状態から少しだけお辞儀をします。

お辞儀をしてもらうと分かるのですが、骨盤が少しだけまっすぐに立ちます。

骨盤をたてる方法

骨盤をまっすぐに立てた状態にしてから次に行うのは顎を後ろに引きます。

骨盤を立てる方法

下に引くのではなく後ろに引くと言うイメージにしてください。

すると写真のように姿勢がまっすぐになり結果的に胸が張れる状態になります。

ここでのイメージとしては、腹のシワを伸ばすような感じでしてもらうときれいに姿勢が整います。

ここで絶対にして欲しくないことがわざと胸を張ろうとすること。

骨盤を立てる方法3

胸を張ると、一見姿勢がすごくきれいになったように感じます。

しかし胸を張ると顎が前に突出してしまうので結局猫背の状態とたいした差はありません。

胸を張るのではなく顎をひいたら結果的に胸が張れたたと言う状況にするのが正解です。

この立ち方をした際に意識していただきたいのが

足の指先

何もしていない時は足の裏は浮いてしまいますが、姿勢を良くした状態だと指が下に降りて重心が足の裏全体にかかります。

これは姿勢が真っ直ぐになればなるほど足先の力は入るようになり地面を踏みしめられるようになります。

すぐにはこの感覚がわからなくても徐々にわかるようになれば大丈夫なので安心してください。

 

動画でもお話をしているので参考にして下さい。

足の痛みを解消するために絶対に必要な歩き方

立ち方同様に、歩き方も難しいイメージがあるかもしれません。

しかしやる事は非常にシンプルです。

先程の立った状態を必ず維持できるようにしましょう。

立ち方が崩れてしまうと歩き方もうまくいきません。

やる事は2つ

  • 自分の目の前に線を引いて足先を5度外に開いて足を出す
  • 手を後ろに振る

この2つを気をつけてもらえれば基本的に正しく歩くことができます。

よく踵からついてつま先で蹴るというのがありますよね。

あれは決して間違っていませんし正しいのですが、踵からついてとなると強く衝撃を与えてしまう方がいらっしゃいます。

それが原因で踵が痛くなってしまうと言うことも実際にはあります。

今お話しした内容で歩いてもらうと歩幅が勝手に増えるので結果的に足が前に出るようになります。

わざわざ踵から意識して歩くと言うようなことをしなくても、自動的になるので心配しなくても大丈夫です。

一度手を振らずに歩いてみて下さい。

その時に歩幅と、手を大きくわざとらしく手を振ってみて下さい。

手を振ると勝手に歩幅広くなりませんか?

これが踵から意識して歩かなくても勝手に歩けるようになる理由です。

足の角度が5度というのは?

足の角度が5度と言うのは簡単に言うと内股にならないように気をつけましょうと言うことです。

内股になってしまうと体重が外側に逃げてしまいます。

体重が外側に逃げてしまうと上半身の力が地面に逃げません。

また逃げないと言う事はそれだけ足に負担がかかるということです。

なので5度開くと言うのは内股にならないように意識をしてもらえれば大丈夫です。

足の痛みを治す歩き方1

イメージとしてはこんな感じです。

足先を外に出す事で指先に体重がのり、足の負担が減ります。

以上2つを行なってもらうと基本的に正しい歩き方を習得することができます。

動画でもお話をしているので参考にして下さい。

なぜこれだけインソールや歩き方が紹介されているのか

1つ疑問が湧きます。

足の痛みを解消するためにインソールが必要。

と言うような記事を読んだり、実際に靴を買いに行くとインソールを勧められたりします。

なぜインソールをこれだすすめられるのでしょうか?

答えは明確で

足の痛みを改善しようと思えば足の使い方を変えなければ絶対治らないから。

と言うことです。

インソールを使うことで土踏まずが形成されます。

それで歩き方が変わるので楽になるという事です。

という事は、最終的には歩き方や立方を変えると言うことが何よりの根本的な解決になります。

その手助けをしてくれるのがインソールの役割だと考えてください。

インソール=治る

のではなく

インソールをした方が治りやすくなる

とも考えて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

意外と歩き方は難しそうな感じはなかったでしょうか?

しかし、今回の記事を読んで頂いて意外とできそうなイメージも湧いてきませんか?

すごく簡単とは言いませんが、やる事はとてもシンプルで慣れれば確実にできます。

気をつける事は、立と方と歩き方を分けて考えて下さい。

一つずつ行い、できるようになったら同時にする。

と言うふうにしてもらうと比較的できるようになります。

是非参考にして足の痛み解決に役立てて下さい。

 

足のを本当に治したいのであれば治療に来てみませんか?

当院では足の痛みの治療を得意としています。

もしあなたが本当に足の痛みを改善して元のような生活に戻りたいと思っているのであればきっとお役に立てるはずです。

自分でストレッチをしたりマッサージをして治すことももちろん大切ですが、正しい知識を持ち根本的に改善を目指すことももっと重要なことです。

少しでも早く治したいなと思えば下のボタンをクリックしてみてください。

あなたのその痛み解決できますよ。