間違ったランニングフォームや足に合っていないシューズで走っていたり急に走り込んだりしたときに脛の筋肉が疲労して硬くなってしまうことが原因のため、脛の筋肉を緩める事が必要です。

シンスプリントは子供だけでなく、大人もなりやすいです。

特に最近はマラソンをされる方が非常に多い為シンスプリントも増えているのが現状です。

シンスプリントになった時は休息するのが一番なのですが、どうしても動かないといけないときはテーピングをしましょう。

筋肉を緩め筋肉の働きを手助けをするテーピングです。テーピングはあくまでもサポートをする目的のため、治すためではありません。

しかし、テーピングはとても効果的なので是非覚えて下さい。

テーピングを外した後はしっかりストレッチとマッサージをしてください。

シンスプリントの事は下記をご覧下さい。詳しく解説しています。

 

テーピングをする効果

シンスプリントにテーピングを貼る意味とどの様な事があるのでしょうか?

?皮膚を持ち上げる事で足の血流をよくする事ができる

?筋肉の変わりをする事ができるので痛めた筋肉を休ませる事ができます。

?足周りの関節を固定する事で足を安静にして休ませることができる

?筋肉の走行に貼る事で筋肉を手伝ができるので動きやすくする

以上4点がシンスプリントの時にテーピングをする意味なのです。

今から詳しいテーピング方法を解説していきます。

 

シンスプリントに使用するテープ

伸縮性のあるキネシオテープ 幅は50mm

このテーピングが基本となります。市販で売っているものでもいいですが、できればインターネットなどで購入をされると尚いいです。

写真を参考にして下さい。

 

シンスプリントのテーピングその1 脛の前

足首はできるだけ伸ばします。

採寸です。足の甲の中央少し親指側から、すねの内側を通り、ひざ下までの長さのテープを用意します。

紙を少し剥がし、足の甲の中央少し親指側に貼ります。

残りの紙を剥がしながら、すねの内側を通り、ひざ下までテープをひっぱらずに貼ります。

ぞの後に、空気が入らないように、テープをゆっくりと押さえながら貼ります。

 

シンスプリントのテーピングその2 ふくらはぎ

5cm幅のテープを45cmに切ったものを3枚用意します。身長175cmの男性)。貼る前に角を少し切り落としておくとはがれにくくなります。

うつ伏せに寝ます。つま先を立ててふくらはぎを伸ばした状態にします。

踵から内側に向かってカーブを描く様にして貼ります。

次に反対側も同じ外側に沿わせるようにして貼ります。

最後に真ん中にテーピングを貼っていきます。

 

シンスプリントのテーピングその3 脛の前クロス

  
 

内側から始まり、つちふまずあたりからスタートし、小指側へ貼っていきます。

足裏を通ってシンスプリントで痛みのでやすい骨にそって膝にむかってテープを貼ります。

(このときキネシオテープは引っ張りすぎずに紙をはがしながら丁寧に貼ります)

痛みのあるすねの部分から足をひと回りします。

足のまわりを一周する後半からスタート部分と重なる部分までは少しひっぱりながら貼り付けます。

痛む場所に3〜5枚少しテープを重ねながら貼ります。(写真は3枚)

 

まとめ

シンスプリントの治療は休息です。

しかし痛みがある場合や動かないといけない時はシンスプリントのテーピングをしますが、テーピングは筋肉のサポートなので無理は厳禁です。

しっかりと固定をするのではなく筋肉の働きを助けるように伸縮テーピングを使用して下さい。

シンスプリントのテーピングをしながら、ランニングフォームの改善や足に合った靴を選び万全を期して大会にチャレンジして下さい。

どうしても痛みが引かない場合はきっちりとシンスプリントの治療をしましょう

 

ひこばえ整骨院のシンスプリントの治療

ひこばえ整骨院ではシンスプリントの治療に対応しています。

痛い部分は勿論再発をしない体作りを作る事を目的としています。

詳しくは下記をご覧下さい。

詳細

 

初めての方限定特典で70%PFFの2,980円(税込)で施術。ご予約時にはホームページを見たと言ってください。

施術に満足できなければ初回のみ全額返金保証します。詳細についてはこちらをクリック

ネット予約はこちらから

電話: 0798-63-3200