とても簡単!姿勢を良くする方法|西宮 ひこばえ整骨院・現役整骨院院長の整体ブログ



とても簡単!姿勢を良くする方法

『私猫背だから何とかして姿勢を綺麗にしたい』

そう思っている方に是非読んで頂きたいです。

猫背治すのに色々な運動や矯正方法。コルセットなどもありますが実情それで改善したという方もあまりききません。

もしかしたら姿勢を良くするために色々な方法を試して見られたかも知れません。

本当にこれらの方法で姿勢は改善しましたか?

実は姿勢を治すのはそんなに難しいものではありません。

非常に簡単に姿勢は改善できます。今回は姿勢を正しく綺麗に改善する方法をお伝えします。

もし、今このブログを読まれていて、

・姿勢を良くする方法を知りたい

・姿勢を良くするのって難しいでしょ

・姿勢を良くす為には何か特別な事がいるのでしょ?

とそんな不安をお持ちでいるならこのまま読み進めて下さい。きっとあなたの悩みを解決する事ができます。


猫背ベルトで姿勢は良くなるの?

今やインターネットでしらべると姿勢を治す方法として矯正グッズが多くあります。しかし、実際はこの矯正グッズは意味があるのでしょうか?

実はこの矯正グッズは効果があるかと言えば


つけている時だけ効果があります。


意味がないわけではありませんが、効果がずっと持続をするかと言えば持続はしません。

これは姿勢を治しているのではなく、姿勢をその時に正しています。だから改善や治すという意味ではありません。

つけている時はいいですが、それを外すと元に戻ってしまします。

そして一番心配なのは、筋力が極端に低下しています。姿勢を良くする為につけているはずなのに、逆に悪化させてしまう原因になってしまします。

もし、猫背ベルトをつけるなら一時的に必要な時にだけ使うようにして下さい。

一時的なら効果を発揮します。


運動をして姿勢は綺麗になる?

次は運動で考えて見たいと思います。姿勢を鍛えるために肩甲骨や肩、胸の前を鍛えると姿勢は綺麗に見えるかもしれません。

運動自体は決して間違えていませんし、いいこととです。しかし

自分が鍛えないといけない筋肉はわからない

と言うのが問題です。

そんなに正確に一箇所を鍛えて自分に必要な筋肉を知ることは正直難しいのが本音です。

必要ではないのではなく、必要な所に筋肉がつけられない事さえクリアできればいいのですが、自分ではプロでない限り判断するには非常に難しくなります。

そしてつける必要のないところに筋肉をつけてしまうと良くないと言うこともあります。

姿勢を良くする為にウォーキングをしようと考えた時に、ウォーキングがいいとか悪いという判断ではなく、

今の姿勢が整っていないのに運動をすると逆に痛みや違和感を感じる事が増えてしまう

と言う事です。

マランソン選手がフォームが悪いのに

『もっとタイムを伸ばす為に走り込みをしよう』

と考えてマラソンの練習をしてもタイムが伸びないどころか腰や膝を痛める可能性が十分にあると言う事です。

だからこそ、運動の前に姿勢を整える事が最重要と言う事です。


姿勢が悪いのは遺伝?

多くの方が

『私のお母さんも猫背だから遺伝かなと思います・・・』

これは違います。確かに骨格や癖、顔が似る等はありますが、親が猫背だから子供も猫背ではなく、生活環境が同じと言う事に問題があります。

決して遺伝ではなく、その方の生活あり方に問題があります。

食卓の椅子や座る場所、テレビの位置など色々な要因はありますが、一緒に生活をしているとどうしても似てくる部分もありますし、子供の頃の癖は一度つくと中々抜けませ

だから自宅にいなくても生活が似てくることもある程度は仕方がない事です。

勿論骨格や体型などは似てくる部分はあるので、用心に越したことはありませんので、そこは日常の中で気を付けていきましょう。


姿勢をよくする為の方法は?

さてそれではどうしたら姿勢を真っ直ぐ、良い姿勢を保つことができるのでしょうか?それは


深呼吸をする


これだけです。

とても気が抜けた方もいらっしゃるかもしれませんが、姿勢を良くするにはこの深呼吸をする事が一番大事になってきます。

なぜ深呼吸なのか?

姿勢が悪くなると胸郭が狭くなります。

胸郭が狭くなると横隔膜が低下します。すると腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉が低下して、肋骨の動きが悪くなって呼吸が浅くなります。

呼吸をする為の筋肉が低下するので余計に猫背がひどくなります。

実はこれが姿勢が悪くなる本当の原因なのです。


インナーマッスルと呼ばれる部分ですが、お腹の中の筋肉の低下と、呼吸をする為の筋力が極端に低下するので姿勢が悪くなってしますのです。

これを知らずに運動や筋トレをむやみにしても努力のわりに成果が出ないという悪循環になってしまいます。

実際に猫背の方は小児喘息や息苦しいと言われる方が非常に多いのが現状です。

下記で詳しく解説をしますので、一度ご覧下さい。


姿勢を良くするための深呼吸の手順

①立ち上がり、踵をくっつけてお尻をぐっと閉めます。

②手をお腹に置きます。(みぞおちあたり)

③そのまま大きく深呼吸をします。(胸式呼吸)

④もうこれ以上吸えないというとこまで来たら一度呼吸を止めて肩の力を抜きます。

⑤息を吐いて肩の力を抜いた状態が一番ベストな姿勢となります。

この時に下腹に力が入っていて、腹筋に力が入っていれば正解です。

普段姿勢が悪い方は腰が反っている感じになったり、お腹がしんどいという状態になると思います。

実は、この姿勢、どんな筋トレよりもどんな運動よりもお腹の筋肉を使います。

一度この姿勢をしてみて下さい。


どんなスポーツでもそうですが、早く走りたいと思えばフォーム改善を一番初めにします。そしてそれに必要な筋肉を鍛えれる等順番があります。

姿勢も同じで、姿勢よくしたいんであれば、良い姿勢をまずは整えることから初めていき、その状態をキープできるようにすることが大切です。

一日で何回も何回もして、そのたびに姿勢を整えてあげると効果を発揮します。

姿勢をこまめに整える事で自然と筋肉強化にも繋がるのでわざわざ時間を取らなくてもいい状態で姿勢を良くする事ができます。


姿勢を良くする為にしてはいけない事

姿勢をよくする為に胸を張りましょうといわれる方もいらっしゃいますが、胸を張り過ぎると見た目はとてもきれいに見えます。

しかし、胸だ気を貼ると腰が反り過ぎてかえって腰痛や肩こりを助長してしまいます。

女性の方におおいですが、ヒールを履いてる時はお尻がしまって綺麗に見えますが、体には相当な負担がかかります。

ただ胸を張るのではなく、胸を張らなくてもいい状態を体に覚えさせる事が一番大切です。


まとめ

いかがだったでしょうか?姿勢を良くするためにの方法として深呼吸をすると言うのは意外だったのではないでしょうか?

本当にしっかりとされた方はわかると思いますが、実際にしてみるとかなりしんどいのでないでしょうか?

本当に姿勢を良い状態でキープしようと思うと1分も持たないのと思います。

姿勢を良くすのに必要なのは深呼吸をするだけです。

場所も時間も全く選ばないで是非どんどんして下さい。

とても簡単で効果は保証しますので、行ってみて下さい。



ひこばえ整骨院の足を細くする方法

ひこばえ整骨院では猫背や姿勢を改善する事ができます。



ただ猫背を改善するだけ、姿勢を整えるだけでなく、あなたに合わせたアドバイスもさせて頂きます。

詳細は下記をご覧下さい。





パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請