産後に骨盤が痛い!!痛みが出る原因と特徴|兵庫県西宮門戸厄神ひこばえ整骨院・整体院が書くブログ



産後に骨盤が痛くなる人とならない人がいるのはどうしてなのでしょうか

ママ友と産後のお話をしているとき、骨盤が痛くない人がいて不思議に思ったことありませんか?

女性は男性と一番違う所は妊娠して出産をできるかできないか。

これが一番大きな違いです。

同じ様に出産をしているのになぜ個人差が大きいのか原因と特徴を詳しく説明していきます。

もし、今産後骨盤で悩みを持っていたり、腰が痛い等自覚症状があるならこのブログを最後までお読みください。

きっとあなたに合った対策を見つける事ができるでしょう。


出産の時の骨盤の動き

胎内で赤ちゃんが大きくなっていくと、出てきやすくなるように骨盤が少しずつ開いて産道が広くなっていきます。

骨盤が開くと言うのは扉が開くような動きではありません。

よく骨盤が開くというとぱかっと開いてしまうイメージを持たれてしまう方もいらっしゃいますが、実は違います。

背骨から繋がっている仙骨という骨が前に倒れるようになります。腰が反るような感じです。

仙骨が前に倒れると繋がっている寛骨(左右の骨盤)も一緒に前に倒れますが、上部は前にうなずくように倒れ、下部は広がります。

寛骨の下部が開くということは恥骨部分が開き左右の骨盤を繋いでいる靭帯が伸びていきます。

腹筋は赤ちゃんや内臓に圧迫され、また骨盤を支えている腹筋と腰の筋肉が大きなおなかをしっかり支えようと伸びていきます。

出産後に開いた骨盤、伸びた靭帯はゆっくりと数カ月かけて元に戻っていきます。

妊娠中には、リラキシンと言うホルモンが出てします。

このホルモンが骨盤の靭帯を緩めてしまうのですが、産後骨盤が痛くなる特徴は、この靭帯が緩んでいる証拠なのです。


産後に骨盤が痛くなる原因

産後の骨盤の痛みは、産前の過ごしかたにも大きく影響します。

産後に緩んでしまう腹筋。その腹筋が産前にどのくらいあるかによって、産後の回復や痛みの差が出てきます。

体の土台である骨盤周りの筋肉が弱いと、広がっている骨盤を支え難くなり、また上半身がしっかり支えられなく骨盤に痛みが出てしまいます。

産前に運動をしていたり妊娠初期に腹筋を意識していたりすると、妊娠中に落ちてしまった筋肉があってももとの筋肉量が多いため、まだ骨盤を支えられています。

しかし、産前に運動をしていなかったり妊娠初期にじっとしていたりすると、元々の筋肉量が少ないために妊娠中で落ちた筋肉が多すぎ、残った筋肉が少なすぎることになります。

実際産後直ぐに運動をする事は難しいです。

だかこそ、一番最適な方法でされるのがベストです。

そしてもう一つ。産後は自己矯正力と言って、体がが自分で戻ろうとする機能があります。この機能は開いた骨盤、緩んだ骨盤を閉じてくれるのに必要です。

産後~1ヶ月までが一番ホルモンが出て骨盤のゆるみを改善してくれます。

この期間に動かずに安静にと言うのはこのホルモンを最大限に解消する為に行なっていくからです。

下記に動画を載せています。1日3分もあればできますので、一度してみて下さい。


産後に骨盤が痛くなる人の特徴

今まで出産する前から姿勢を意識していましたか?

また、姿勢改善を試みましたら

腹筋が大切とお伝えしました。だから腹筋運動をしていたかということではありません。

何かスポーツをしていた、ジムに通っていた、ウォーキングやお散歩をしていた、ストレッチをしていたなど、体を動かすことをしていたかです。

実際に、ひこばえ整骨院に来院される方で戻りがとても言い方が、運動が好きな方が比較的多いです。

それに加え、姿勢を意識していたかもとても大事になります。

姿勢を正しているとインナーマッスルを使っていますので、だらりとした姿勢よりは腹筋があります。

産後に骨盤が痛くなる人の特徴としては、特に体を動かすことをしていなく、また姿勢が崩れていることが多いです。


今不良姿勢になっているのなら、正しい姿勢をすると相当腰や背中やしんどく、10秒と持たせるのがきついと思います。

お腹や太もも、背中など筋肉の緊張が強くなります。

産後運動と言っても正直難しいのが実情です。

姿勢を正す事で本来の筋肉を使ってくれるので、下手な運動や筋トレをするよりもよっぽどいい運動になり、筋肉を使ってくれます。


理想の正しい姿勢

鏡の前で横向きに立ち、真っ直ぐ立った時に耳、肩、骨盤、くるぶしが一直線上にあるようにします。

お腹が出ていたり、腰が反っていたり、お尻が突き出ていたりすると耳からくるぶしまでが一直線上にありません。


耳とくるぶしより肩と骨盤が前に出ている場合は、体重がつま先に乗っています。それをかかとに移動させましょう。感覚としてはイスに座る時です。 イスに座る時はかかとに体重が乗ってからお尻がイスに乗ります。そのときのように、かかとに体重を乗せる感じです。

腰が反っている場合やお尻が突き出ている場合は、お尻を下にさげるような恥骨を前に出すような感じです。

下腹が突き出そうな姿勢になりますが、鏡で見ると突き出ていないはずです。


耳、肩、骨盤、くるぶしが一直線上になりましたでしょうか?

あちこち力が入ってしんどいかと思います。特に腹筋を使っていませんか?

正しい姿勢でいるには腹筋が必要なのです。

慣れるまではしんどいですが、慣れてくるとこの姿勢でいるほうが楽になります。

正しい姿勢を意識して、腹筋をつけましょう。

正しい姿勢と言いましても正直難しいと思います。下記に動画、詳しくブログを載せているのでそちらも参考にして下さい。

  • とても簡単!姿勢を良くする方法


  • 産後に骨盤が痛くなる人のための運動

    上記でお話をした通り、まずは呼吸をしていきましょう。呼吸を意識して変える事で体にとってとてもいい影響を及ぼします。

    腹式呼吸

    1.仰向けで足を軽く開きます。両手はお腹の上に置きましょう。

    2.ゆっくりとお腹が膨らむように息を吸います。

    3.吸いきったらゆっくりと腹筋で押し出すように吐きます。

    5回繰り返しましょう。

    腹筋

    1.仰向けに寝転び、手は頭の下で組みます。

    2.息を吐きながらおへそを覗き込むように頭だけを起こします。

    3.3秒間頭を起こしたまま数え、ゆっくりと頭をおろします。

    3回繰り返しましょう。

    骨盤底筋(骨盤の一番下にある筋肉)

    1.イスに浅く座り、足裏はしっかり床につけ膝は90度に曲げます。おへそはひっこめて背筋を伸ばします。

    2.膝と膝の間にハンドタオルを挟み、息を吐きながら膝を合わせるように力を入れてタオルを押さえます。3秒間押さえ続け、タオルが落ちない程度に力を緩めます。

    骨盤底筋を鍛えて、姿勢を保ちやすくします。

    動画を見て頂くと非常にわかりやすいと好評です


    まとめ

    いかがだったでしょうか?役立つ情報はありましたが?

    産後に骨盤が痛くなったり、腰が痛くなる事はどうしてもあります。体を動かすことが大事です。

    病院の先生に安静にするように言われたときは、きちんと従って安静を保つようにしてください。

    特に初めの1ヶ月間は自然と戻る力が働く期間となります。この貴下はできるだけ視線治癒力を発揮させたいです。

    産後の骨盤の痛み対策としては、骨盤周りの筋肉の働きが大切です。

    正しい姿勢で腹筋を使い、運動で腰まわりを動かしておきましょう。

    産前から体を動かし筋力がついているのが理想ですが、産後からでも運動は始めても回復を高められます。

    産後で歪んだ骨盤を整えてから運動する事がのちの腰痛予防にもなります。

    まずは初回は安静にして、1ヶ月過ぎてから骨盤底筋群を閉める運動をしていきましょう。

    ●ひこばえ整骨院骨盤の産後骨盤の痛み改善手順

    ひこばえ整骨院では産後の骨盤、腰痛を得意としています。



    腹筋は勿論ですが、あなたの今の体に合わせたアドバイスもさせて頂きます。

    詳細は下記をご覧下さい。

    詳細