あぐらをかくと股関節が痛いという方の改善事例|西宮 ひこばえ整骨院改善事例



何あぐらをかくと股関節が痛いという方の改善事例

【はじめはどの様で悩まれていましたか?】

左の股関節を外へ捻じる動作(あぐらをかいて)足を組んだりが痛くてできなくなりました。

また、何かしているとすぐに腰が怠くなって、座ったり、立ったりする姿勢が保事が辛くて横になる事も多かったです。


【知ってから直ぐに申し込みましたか?申し込まなかったらどんな不安がありましたか?】

ネットでホームページを見てからすぐに申し込みました。


【似たようなサービスがある中で、何が決め手となりましたか?】

ネットでホームページを見てからすぐに申し込みました。

ホームページの中で院長先生が過去にご家族に対する思いを知りました。

治療に真摯に取り組まれているのを感じました。

また治療例も数多くホームページに載せられていて具体的でわかりやすかったです。


【施術を受けてみて、具体的にどの部分が良かったですか?】

説明で自分の症状がよく理解できました。

また、最初に治療ゴールを決めて回数も目安にされていたので、よくある通わせる治療院ではない事も信頼性が高かったです。

すぐできるストレッチや痛みが落ち着いたテーピング術。

また、指圧されている部分がとても的確でとても楽になりました。


【施術を受けてみて元々あった悩みはどうなりましたか?】

前は自分で股関節のストレッチをしても痛みがかえってひどくなったりしていましたが、今は痛みが落ち着いたので、自分でコントロールしながらストレッチできる様になりました。

腰痛がひどくて寝がちだったのがなくなり、腰痛が出そうなときの対処方もわかる様になりました。


【これから治療を受けるのにどんな方におすすめしたいですか?】

ここは通わせる治療院ではありません。

先生は色々な治療を考えてくれます。

病院に行くべきか、私もかなり悩みましたが、こちらですごく良くなり悩みがなくなりました。

【*得られる結果には個人差があります】



悩み

左の股関節が開きにくくて、とても内側の筋肉が緊張している状態でした。

来院される際に近所の整骨院に行かれたみたいですが、そこではマッサージをしたもらっただけで、改善はしなかったみたいです。

外に捻じると痛みがあり、20代の頃から疲れると怠くなったり、歩行で音が鳴ったりする。そんな悩みも抱えていました。

以前に臼蓋形成不全と診断されたという事もありました。

将来的に胡坐ができなくなったり、歩き方が悪くなる可能性はあるのでそれが怖くて来院されました。



検査

まずは股関節の動きを検査しました。

外に開く動作、内に捻る動作、曲げ伸ばし、全ての動きを検査

右足は痛みがないですが、左足は全ての動きが悪く、特に曲げる動作と外に開く動作に痛みがありました。

曲げた時には股関節は勿論ありましたが、腰にも痛みがありました。

股関節と関連のある、背骨、骨盤の動きも見ていき、全体の動きもみていくようにしました。

頭痛も同時にあったのでほぼ全身の検査をしました。


診断

股関節

一番の主訴である股関節。この股関節の原因は内転筋(内側の筋肉)の過緊張と、お腹の中の筋肉(腸腰筋)に痛みと悪さが出ていて症状が出ている状態でした。

元々臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と言って、生まれ月股関節の動きが悪いという状態もあり、動きもややひっかかる感じでしたが、 まだ改善は十分できる状態でした


腰は動きはとても悪く、10が最大限動いている状態だとすると3程度しか動いていない状態でした。

腰は以前からの悪さなので、別に今回から悪くなったわけではなく股関節の痛みで余計に痛みが増強した状態です。

怠くなるのも元々の悪さ+股関節の痛みを庇っていたが症状として出てしまっていた状態です。


頭痛

最後に頭痛ですが、頭痛も元々の物がありましたが、全身を庇っている状態なので肩こり、首凝りそして頭痛と言う順番で症状が出ていました。

姿勢がを良くしようと座り方や立ち方を変えていたみたいですが、どうしても不良姿勢が続いていた為に体が覚えてしまい、真っ直ぐの姿勢ができない状態でした。


結局は単体で股関節の痛みがあったわけではなく、首、腰、股関節など複合的に悪い部分があったために痛みがでている状態でした。

1か所を集中するのではなく、全体を整えながら治療を行いました。


施術

施術では骨盤と腰の動きを付ける事に集中しました。

回旋が非常に悪く、それによって骨盤の軸がずれて動いていない状態だったので軸から整えていくように治療をしました。

初回では頭痛の治療はせずに、このバランスを整えて土台をきっちりと改善させるようにしました。

股関節は内側の筋肉を緩めてまずは動きやすい状態を作る、その上で股関節自体の動きを付ける様にしました。

初回は現状の把握、一番最適な治療箇所だけをみて終了となりました。



家でのアドバイスやストレッチ

自宅での注意点は、メインは内転筋のマッサージと股関節のストレッチを指導しました。

立ち方と歩き方もありますが、まずは基礎的な状態に体を改善したいという思いがあったんでまずは簡単なものから指導をしました。

症状は落ち着いたり、改善をしたら次の段階に進もうとおもいました。



施術後

施術後は胡坐での痛みがかなり軽減して。やや開くようになりました。

痛みが全て取り除けやわけではありませんが、初回で効果を感じてくれました。

痛みと体の癖、元々の体の状態あったので9回の治療説明とゴールを設定しました。

むやみやたらと治療をしても効果が出ないですからね。



1回目~3回目

2回目の時には股関節の緊張が改善していました。

3回目の時には痛みから怠さに変わり、右足の怠さも感じる様になっていました

怠さを感じたらだめじゃんと思われる方もいらっしゃいますが、実は場所が変わったり、自覚症状が軽減する事はとても良い事です。

元々の場所の自覚が軽減して次の症状が出てくると言う事なのでそれは体が改善している証拠なのです。

3回目でそれが出ていたので順調に改善をしていました。

この時に立ち方と、歩き方の指導を入れて、次のSTEPへと移行をしました。


4回目から7回目

4回目頃からやや頭痛が気になる様になってきて、1時間以上歩くと体がだるくなる。という症状が出てきました。

5回目の頃には痛み自身はほとんどなくなり、怠さに変わっていました。

5回目の頃に一度テーピングを内側はり、6回目の時には怠さはなくなり、ややハリ感を感じる程度まで軽減しました。

6回目の頃には痛い場所と悪い場所が変わり、内側がずっと張り感が出ていたのが外側に変わってしました。

ハリ感を感じるポイントも変わっていき、感覚も随分変わってきました。

再度立ち方と歩き方を変えていきました。


8回目の治療

8回目では痛みはほとんどなくなり、頭痛も改善しました。たまにうっすらとありますが、ほとんどきにならない状態で薬も飲まなくても大丈夫な状態でした。

股関節は内側の貼りのみで、痛みはほとんどない状態で、腰痛もストレッチをすればすぐに改善する状態までなりました。

頭痛もこの期間はほとんどなく、少し肩こりを感じていました。

ご本人も

かなり改善してきた

と喜んでいました。


最後の治療

9回目が最後の治療となりましたが、頭痛はそういえば1回程度あったかな?

というレベルで大丈夫な状態でした。

疲れなどはある物の、寝たりすると回復するレベルまで体が改善していきました。

股関節はほとんど気になる事はんくなりました。

ただ正直ハリ感は微妙に残っている感じでした。押すと痛みやハリを感じる程度なので、骨盤矯正は一度終わり、次は定期的にメンテナンスを行う予定をしております。


まとめ

この方は当院に来られる前に整骨院に行き、効果を感じられなかったみたいですが、何とかひこばえで改善して喜ばれていました。

股関節と言うのは体の要になる部分です。この痛みを感じてしまうと痛みを軽減するのに時間がかかります。

痛い場所は股関節でも実際は股関節っではなく、その周辺が悪い状態でした。

この事実を無視して治療をすると逆に痛みを感じてしまうこともあるのでしっかりとした診断が必要です。

専門的に向いてくれる所をしっかりと探しましょう。




ひこばえ整骨院骨盤の股関節痛い施術手順

ひこばえ整骨院では股関節の痛みを改善をする事ができます。

痛みが出ているだけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし股関節の痛みで困っているなら下記をご覧下さい。





LINE 友達申請