バレーボールをした時の膝の痛みが良くなりました |西宮 ひこばえ整骨院・整体院



バレーボールをした時の膝の痛みが良くなりました

患者さん

Mさん 40歳代 西宮市在住 パート勤務


来院日

平成29年4月


悩み

以前から変形性膝関節症を患い趣味のバレーボールも仕事もするのに痛みが出てきて苦痛になってきた。

お仕事は膝を曲げる仕事や、長時間たちっぱなしする様なことをされていました。

1週間1回ママさんバレーを行なっていました。

以前から膝の痛みがありバレーボールでジャンプをする瞬間や、お仕事をしている際に長時間たちっぱなしになると膝が痛くなったり、膝を深く曲げたりすると痛みが出てきてしまうという状態に悩まれていました。

このままほったらかしにしていると変形がどんどん進行してしまって、大好きなバレーボールも仕事も出来なくなってしまうんじゃないだろうかと不安になりいらっしゃいました。


検査の結果

いくつかの検査を行っていた結果・・・

変形が少し進んでしまっていることと、股関節と膝が中に入ってしまい体重のかけ方が非常に悪くなってしまっていました。

変形性股関節症になるからの大きな特徴として内股気味になっている方が異常に多いです。

そしてほぼ80%の方が自分は内股だとと思いますか、がに股だと思いますか?

という質問をするとほぼ自分はがに股と答える形がほとんどです。

ぱっと見た感じは確かにがに股のように見えますがこれは股関節が中に入ってしまったためにそれをかばう用に膝から下が外にねじれてしまうので、結果的にがに股の様な状態に見えてしまいます。

この方も同じように見た目はがに股でしたが、実際検査を行っていた結果は内股と判断をしました。

痛みを解消することは十分可能ですが、変形のそのものを全く元に状態に戻すということは難しいと言うことをお伝えし治療をスタートしました。

比較的時間が取りやすいということだったので初めは1週間に2回のペースで来ていただくようにしました。

初回の施術

初回の施術は股関節と膝周辺の筋肉を緩めると共に、変形をしている部分の関節の動きを出すことと、股関節が中に入ってしまっている状態を元に戻すという矯正を行っていきました。

それと同時に他の所に負担がかからないように腰とふくらはぎも同時に治療を行い、できるだけ変形をしている膝に負担がかからないように、また周りに分散ができるように調整を行っていきました。


2回目の治療

2回目の治療の際には大きく痛みが変わったわけではなかったですが、仕事中など歩いていると歩き方が変わったような感覚がありました。

初回で股関節の調整をひさ為に歩き方と筋肉の使い方が変わったという説明を行っていきました。

指導して歩き方と立ち方を改善するようにアドバイスしました。


4回目の治療

3回目までは大きな変化は現れませんでした。

4回目の治療の時にはバレーボールでジャンプした時の痛みの回数がかなり軽減し、仕事中の痛みも軽減の傾向になっていました。

初回が10の痛みとするとこの時には約半分程度にまで改善をしていました

仕事中などに、深くしゃがんだりすると痛みが出てしまうという状態はあったので治療内容を4回目から少し変えていきました。

股関節がどうしても固さがあったためあぐらをかくストレッチ方法と、股関節を外に自己矯正できる方法をお伝えし終了としました。

6回目の治療

6回目の時には、ママさんバレーの試合があったため練習の回数も少し増えている状態でした。

その状態でも痛みはバレー中に出ることはあまりなく、たまに数回程度びきっという痛みが出る程度にまで改善をしていました。

この時の治療内容も股関節と膝を中心に行なっていきましたが、状態も随分落ち着いていたので足首の関節の調整も同時におこなっていきました。

ストレッチは股関節の柔軟性をつけることと足首の関節の可動域を広げるということをお伝えし6回目は終了としました。

9回目の治療

仕事中のしゃがむ動作以外はほとんど痛みが出ることがなくなり、日常生活の瞬間的な痛みも随分と改善させることができました。

バレーボールをしている時も膝の痛みはほとんど気になることがなくなってきたので、9回目の時に大きな調整は終了としました。

今後もバレーボールを続けていきたいということと、変形性がこれ以上進んだり痛みが再発しないようにと言う事で2週間に1回のペースで治療をお勧めし一度終了としました。

顔は恥ずかしいと言う事だったので顔を隠してツーショット写真を頂きました。

まとめ

変形性ひざ関節症は、初期の状態ではあまり大きな痛みを出すことはありませんが、ほったらかしにしているとどんどん変形が進んでしまいます。

色々なサプリメントなどがありますが、基本的に一度変形をしてしまったものは形を元に戻すと言うことはできません。

ほったらかしにしていると気がついたら変形がかなり進んでいるというケースも少なくはありません。

この方の様に早めに痛みを改善させることをしたことと、日々ストレッチや体操、日常なかで気を付けていただくことを継続的に行ったので短期で痛みを改善させることができまし。

もしあなたが膝の痛みで悩んでいるなら我慢せずにすぐに治療を開始してください。


100%" colspan="2" class="tit_back">マーク ひこばえ整骨院変形性膝関節症の施術の手順

ひこばえ整骨院では体のバランス、癖、歪みを全て診ていき、それに合わせて施術を行っていきます。

そして、一番最短で最適な変形性膝関節症のストレッチなどをお伝えしていきます。

ご興味のある方は下記からご覧ください。



  • パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
    LINE 友達申請