顎関節症で硬い物が痛くて食べれなかったのですが、今は何でも食べれるようになりました|西宮 ひこばえ整骨院改善事例

顎関節症で硬い物が痛くて食べれなかったのですが、今は何でも食べれるようになりました





患者さん

Iさん 20歳代 女性 主婦 西宮在住

来院日

平成29年1月

【悩み】

以前から顎が痛くて昨年の5月に歯医者さんに行きマウスピースを作ってもらう。

周期的に来る感じだけども痛いとき頭痛くない時の差が激しい。

もともと硬いものが非常に好きな方だったのでせんべい、おかきなどをよく食べられていて、特に好きだったのはあたりめでした。

そして野菜なるとブロッコリー平などの硬い野菜を食べても顎が軋んだ感じになってしまうため、顎の痛みと秋肉などをきっちりと改善したいと言う思いでいらっしゃいました。

それとお二人目を出産されてから体重が10キロほど増えてしまいご自身で5キロまで減らすことができましたが残りまだ5キロあるのでその体重もきっちり戻し、産後の骨盤矯正も行いたいと言う悩みを抱えたままいらっしゃいました。

【検査】

顎の関節の動きや変形の有無

猫背や顎の出具合等の検査

上半身と下半身のねじれの検査

股関節と足首の動きの検査

骨盤の開きのチェック

以上5点を中心に検査を行っていきました。

【診断】

検査の結果、顎に関して1番悪かったのは

姿勢が悪く顎が前に突出している事と首の3番目4番目の関節の動きが著しく低下してしまっている事

俺らが顎関節症の原因として挙げられました。

姿勢などとどう関係あるのかと不思議に思うかもしれませんが、姿勢が悪くなり猫背になり顔が前に出てしまうと体の中では頭が1番不安定な状態になってしまっているので、すべて重心が前のめりになってしまいます。

そうすることで顎に負担がかかり顎の前に重心が移動するため結果的に音はなったり痛みの中で頭窓が関節症の症状として現れてきます。

産後に体重が減らない理由として、間食を良くしてしまったりすることが原因でなかなか減りにくいと言うパターンに陥っていました。

メインの治療として顎関節症をするとともに産後の骨盤矯正と体重を減らすための食事のアドバイスを同時に行うことにしていきました。

【治療内容】

初回の治療ではなく関節症の治療を中心に行っていきましたが、ここでは顎に直接触れるわけではなく首の関節と猫背と姿勢を中心に改善するように施術を行っていきました。

顎が前に突き出てしまっていたのですが、体のねじれや顎の改善等はそこまで大きく変化がなかったためバランスとしては大きく崩れていませんでした。

左右は大丈夫だったので前後のバランスだけ整えて初回の施術は終了としました。

【自宅でのストレッチ指導】

自宅でのアドバイスとして猫背になる事と顎を前に突き出さないと言うことの2点を集中する様に指導をしていきました。

食事のアドバイスをして、3食はきっちりとってもらうようにしましたが間食は極力減らして食べるときには感触の種類を選んでもらうようにアドバイスしました。

【2回目の治療】

2回目の施術は4日後に来てもらいました。

特別大きな痛みがあったわけではなかったので、顎の状態と姿勢食事の内容を聞き出しそれに対してアプローチ方法を変えて行きました。

姿勢がまっすぐにする事は何となくイメージができたみたいですが、顎を引くと言うのはどうしても難しく感じるようで、それを解消するために壁に全身をつけながら姿勢をまっすぐする方法をお伝えしました。

【3回目の治療】

3回目の施術は5日後に来てもらいました

猫背と姿勢は何となくイメージとしてつかんできたみたいなので、次に問題のある股関節に着手しました。

あまり顎関節症と股関節は関係ないように感じるかもしれませんが、股関節をしっかりと本来の動きに戻すことで立ち方や座り方、体の使い方が大きく変わっていくので非常に有効な手段なのです。

股関節の調整をして終了となりました。

3番目の時点で顎の違和感はずいぶん消失し約半分程度にまでなっていました。

【4回目の治療】

4回目の施術は4日後に来てもらいました。

なんとなく顎に今も違和感があったそうなのですが、この四日間はほとんど違和感を感じることなく生活ができたみたいなので、ご本人も非常に喜ばれていました。

特にご本人が

整骨院でなく関節症が治るとは思ってもみなかった

と言われていたことが非常に印象的です。

施術内容としては顎の関節の調整と姿勢の調整股関節の調整と前回と同じような施術で行っていきました。

【6回目の治療】

6回目の施術

この時点で体重が約3キロほど低下しました。間食もずいぶん止めることができて残り2キロと言う所まで来ました。

顎に関しては初回の際にブロッコリーが少し痛みが出ると言う話をされていましたが、この段階では野菜系に関しては全く痛みとしては感じませんでした。

試しにあたりめを食べてみたらしいのですが、痛みは出なかったのですが違和感がなんとなくあったのでだめかと思いその時点で踏みとどまりました。

【7,8回目の治療】

7回目から8回目の施術ではご実家に帰ることがあったので期間としては約3週間ほど空いてしまいました。

ストレッチなどはしっかりと行ってくれていたので痛みとしてはほとんど出る事はなく、日常生活の食事にもほとんど差し支えない状態にまで回復していました。

気を抜いてしまうと姿勢が緩む傾向にありますが、基本的にはきっちりと日常生活の中で気をつけることで顎の痛みを感じない大勢にまで持っていけるようになりました。

【最後の治療】

最後の9回目の治療では痛みとしてはほぼ完治。

あたりめや今まで避けてきた硬いものをいちど食べてもらうようにしました。

痛みとしてはほぼゼロに近い状態で気にならなく、食べ終わった後に顎が疲れる程度にまで回復していて自分の好きなものは基本的に全て食べられるようになりました。

痛みも違和感もきっちりとなくなったので9回目の施術をもって終了といたしました。

【まとめ】

この方はご自身でまさか整骨院で顎関節症が治るなんて思ってもなかったみたいです。

基本的には歯医者さんで治すものがほとんどだと感じていらしたのですが、今回整骨院で自分の顎関節症が治ったことに非常に驚いていました。

顎関節症と言うのは最悪手術と言うこともありますが、基本的には日常の姿勢やそれに関連する部分をきっちりとすれば良くなることがほとんどです。

この記事を読まれているのであれば諦めずに一度お越し下さい。


ひこばえ整骨院の顎関節症の施術手順

ひこばえ整骨院では顎関節症の施術を得意としています。



痛みや悪い部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし、顎関節症で困っているなら下記をご覧下さい。

パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請