以前から姿勢が悪く、産後から背中の疲労感、骨盤の開きが改善しないので悩んでいました|西宮 ひこばえ整骨院改善事例



以前から姿勢が悪く、産後から背中の疲労感、骨盤の開きが改善しないので悩んでいました


患者さん

Jさん 30歳代 女性 パート勤務



来院

平成27年2月



悩み

小さい頃から姿勢が悪かったことと、産後の骨盤の歪みが気になっていた。

慢性的に肩も凝っていて、最近では背中全体がひどく疲れてしまい、疲労感が取れなくなった。

子供さんの授乳もあり、睡眠が取れないので余計にしんどい。

育休を取っていたが、明日から仕事復帰になるのでなんとかしんどさを取りたい。



検査

姿勢の検査。鏡の正面にたった際、肩の高さに左右差あり。横から見た際に頭の位置、肩の位置が前方にある状態。

仰向けで寝た状態で骨盤の開き、足の長さを確認。左右差有り。

そのままベッドから肩が浮いてしまっているか、左右差はあるかを確認したところ、左肩の浮きがきつい状態。


診断

上半身の動きがなく呼吸が浅い

上半身の筋肉が硬く動きがない。猫背の状態で体が固まってしまっているのが疲労が取れない原因。

肩が前に入ることで呼吸が浅くなり、筋肉の疲労回復に必要な酸素や栄養がが筋肉に行き渡らないため回復しない。

寝ていても体は硬い状態のままで力が抜けず、寝つきも悪いし寝ていても眠りが浅いことで、さらに疲労の回復を妨げている。


【治療内容】

上半身、特に肩甲骨の周り~背骨が丸くなってしまっている部分を中心に施術。

骨盤の開きと高さの違いもあるため、腰・骨盤の筋肉も調整を行なった。

骨盤矯正、猫背矯正を行い、仰向けで前に入ってしまっていた肩を、胸の前や腕周りの筋肉を施術することで後ろに戻すよう調整を行なった。

術後は肩の高さの左右差、骨盤の開き、足の長さ改善。肩の浮きはまだ見られるが、施術前よりも背筋が伸びやすくなり、ご自身も姿勢の変化を実感。

【自宅でのストレッチ指導】

まずは猫背の状態で固まってしまっている体を、胸を開きやすいように施術しているため、それを維持するためのストレッチを指導。

肩の動きがない分、腰・股関節も負担がかかりやすいため、股関節のステレッチも行うよう指導。

明日から始まる仕事では座ることが多いとのことなので、座り方の指導も行なった。

土曜日しか来院できないが、来週は仕事のため2週間後には必ず来院するよう案内。


2回目以降の施術

初回から2週間後の来院。

骨盤の開きは改善された状態で維持。肩の高さ、足の長さ、肩の浮きはまだ残っている状態。

ストレッチは何回かはできた、というくらい。

やはり1週間後くらいにはまた疲れが取れない状態に。仕事中のパソコンの位置が低く、姿勢を保つのが難しい。

猫背矯正、背中の筋肉の緊張を引き続き緩めるよう施術。

パソコンの位置をできるだけ調整して、椅子の高さもかえてもらうようにすすめる。

長期休暇中、実家に行くため、長時間車に乗る。車に乗っている時の気をつけるポイントを指導。ストレッチも引き続きお願いする。

また仕事の都合上、来院が可能な2週間後に案内。


3.4回目の施術

術後しばらくはましだが、やはり凝っている感が残っている。以前と比べると度合いはまし。

この期間中、子供さんの体調が優れず、夜に寝れないことが多かった。他にも実家の用事があってかなり忙しかった。

ストレッチはやれる時に行う状態。首のストレッチを追加。

眠るときに力が抜きやすいよう、タオル枕のやり方を説明。しばらく続けてもらう。


5.6回目の施術

背筋が伸びやすくなった。その状態が持続できている。

姿勢を気をつけるポイントも、肩の位置が以前より後ろに下がっているため、自分でも姿勢を修正できるように。

自分が思ったよりもう少し肩を下げるようアドバイス。

子供さんの体調引き続き優れず、睡眠短いが最初の頃より休めてれていると思う、と変化を実感。

7.8回目の施術

全体的にだるさや疲労感はマシになってる。

子供さんが卒乳の時期で、今度は抱っこが多くなってしまった。

他にも抱っこした状態で、リュックを背負い歩く、という日が二日ほど続いた。翌朝にしんどさがでた。

しんどくなった時の座り方がかなり背中に負担をかけ、背中を丸めてしまうため、座るときの注意点を再度指導。

9回目の治療

凝り感もだるさも強くでなかったが、また実家に行く際に車に長時間乗ることになった。

姿勢もかなりまっすぐ立てるようになっており、維持できていたが、今朝から背中にだるさがでてきた。

術後にはだるさは改善して、胸も開くようになった。

9回の施術で骨盤矯正は終了。ストレッチは継続してもらい、仕事や育児での疲れは引き続き溜まってしまうため、また疲れが取れなくなったり猫背の姿勢になってしまう不安感があるとのこと。

そのため2~3週間に一度の定期的にメンテナンスをすることをおすすめ。

現在も継続来院中。


まとめ

育児に追われてなかなか自分の時間が持てず、気づいたら自分ではどうにもできないほどに体が限界を迎えていたんですね。

体がそんなに疲労困憊の状態では良い姿勢にしようとしても体が言うことを聞きません。

今回の方は、出産や育児がきっかけで自分の体を見直すことができました。

猫背になることで、姿勢が悪いだけではなく、疲れがとれないなどの思いもよらない不調にも繋がるのです。

少しでも気になることや、違和感があれば、放置せずにしっかり見つめ直しましょう。

Q【はじめはどの様な症状、悩みがありましたか?】

幼い頃から、姿勢が気になっていた事と、産後の骨盤が気になってきました。

Q【実際に治療を受けてみて体がどの様に変化しましたか?】

自分でわかるくらい姿勢が良くなった事と、肩や首のコリがかなり解消されました。

Q【これからチャレンジしたい事や、してみたい事はありますか?】

常にいい姿勢を意識する事と、家でもストレッチをきちんといい姿勢をいつまでも保ちたいと思います。

Q【これから治療を受けるのにどんな方におすすめしたいですか?】

姿勢が悪い方や、肩や首のコリで悩んでいる方にお勧めしたいです。

【*得られる結果には個人差があります】


ひこばえ整骨院の背中の怠さの施術手順

ひこばえ整骨院では背中の怠さの施術を得意としています。



痛みや悪い部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし、背中の怠さで困っているなら下記をご覧下さい。




パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請