生理痛で倒れてしまうくらいきつい状態が改善しました|西宮 ひこばえ整骨院改善事例


生理痛で倒れてしまうくらいきつい状態が改善しました



患者さん

Kさん 20歳代 女性 会社員



来院

平成28年2月



悩み

学生時代に運動をやっていたのが、運動しなくなってから生理痛の症状がきつく、時には会社を休むほど

座りっぱなしの仕事で座り方などで骨盤が歪んでいるのではないかと思い来院。

普段も少し体を動かしているが、最近腰が痛くなってしまってそれも骨盤が関係しているのか気になった。


検査

全身の体のバランス、肩の高さ、骨盤の開き、骨盤の歪み、足の長さの左右差、上半身と下半身の捻じれ、背中の触診と腰の触診。

座り姿勢と立ち方も確認。股関節の動き、骨盤の前後左右の傾きを確認。


診断

骨盤が歪んでいる原因は体の動かし方の癖が強すぎるのが原因でした。

座り方、立ち方共に体が右の方に捻れている状態。仰向けで寝た時に右側の足が外側にぺたんと倒れるほど。股関節を動かすと、とても硬く、動きに制限がかかっていた。

骨盤の捻じれの左右差がきつくあり、その影響で内臓系の、特に女性ホルモンに関わる部分に症状がきつく出てしまった。

話を聞くと、学生時代はテニスをやっていたそうで、その影響による左右差の可能性も少なからずあるが、やはり仕事中の座り方などの日常動作の積み重ねと判断。

座りっぱなしでいるとしばらくすると腰が痛い、ランニングしていると後半になると腰が痛い、というのは、立ち方と仰向けで寝た状態をみて、腰の反り過ぎによる筋肉性の疲労からくるものと判断。


初回の施術

腰の負担を減らすために足、股関節の筋肉を緩め、関節を動かす矯正を行なう。

腰周りの筋肉の緊張を緩め、腰とつながる部分にある背中~肩背部の筋肉まで緩めて骨盤矯正を行なった。

仰向けで股関節を曲げると、右股関節前の部分に詰まり感あり。

足の開きはまだ右のほうが倒れるが、足の長さ、腰の反りは改善された。


【自宅でのストレッチ指導】

右の股関節はまっすぐ曲げると詰まり感が出てしまうので、若干外向きに曲げてストレッチを行うように指導。

職場での座り方を指導し、癖がまた強く出ないうちに続けて治療したいため、3~4日後に来院してもらうよう指導。


【2回目の治療】

初診日より4日後に来院。

腰の痛み改善。腰の反りも初回よりましな状態を維持。ストレッチを毎日行なった結果、股関節が動きやすくなったことを実感。

まっすぐ立っている状態で右足が後ろに下がっていたため、歩き方にも問題があると判断し、歩き方を確認。

極端に右側に捻れてしまっているため歩行時も右足の出が悪く、右と左で歩幅も足の向きも違っていました。

歩き方では特に右足を内に向けるよう意識して内側で地面を蹴るように指導。

ストレッチを行う際、右側骨盤下にタオルを挟み込み股関節を曲げると、詰まり感が軽減したため、自宅で行う際も矯正も兼ねてその状態でしてもらうよう指導。


【3、4回目の治療】

腰の痛みはない状態で続いている。ストレッチも継続中。

右足の倒れ方が少しずつマシになっているのが実感できた。

4回目の治療後、ランニングを再開してみるとのことで、足の向きが外に向かないようにテーピングを行なった。

ランニング中、疲れると腰が反って、骨盤の前の筋肉に負担がかかるため、ランニング後に行うストレッチを一つ追加。


【5回目の治療】

ランニング後に腰の痛みなし。テーピングをしていたため踏み出しやすかった。

一泊二日で旅行に行った際、バドミントンなどで遊んだ。下半身の筋肉に張り感が出ていたが、腰に痛みはなかった。

筋肉の緊張により足の長さが短くなっていたが、施術後には改善。

ここまで5日置きの頻度だったが、痛みも出ていないので1週間後に間隔を空けてみる。


【6回目の治療】

1週間後、来院。

座り方に若干違和感を感じたため、修正を行う。

今日から生理であるが、全く今のところ痛みはないとのこと。普段特にきついのが2~3日目だということなので、その時どうだったか覚えておくよう伝える。

4日後に社内で行う駅伝に参加するため、走る前に前回行ったようなテーピングを巻くように巻き方を指導。


【7、8、9回目の治療】

生理痛全く出ず。いつも薬を飲まないと動けなかったのに、と本人も驚く程。

駅伝で走っているときなど腰に痛みは出なかったが、筋肉に張り感あり。

歩く際に足が外に向きやすく、内ももの筋肉をつけるために筋トレの方法を指導。

座りっぱなしの仕事が多くなり、腰の痛みが少し出た。

この時には頻度は10日~14日後に。


【10、11回目の治療】

骨盤の右の捻れが改善され動きもかなり良くなった。

足の開きがまだ右のみ残っているので、再検査したところ、上半身の捻じれが残っていたためストレッチの方法を変えるよう指導。


【12,13回目の治療】

上半身の捻じれも改善されたが、右股関節に曲げた時の詰まり感がまだ多少あり。

右骨盤前の筋肉が張りやすく、癖が出やすいポイントに硬さがでる。施術後には足の詰まり感はなくなっている。

足の開きも改善し、生理痛も2ヶ月連続でなかったため改善。


【まとめ】

自分が気づかない間についていた体の癖。それに時間が経ってから悩まされるとは思わなかったでしょう。

この方のように早めに気づいてきっちり治療しようと思えるのはなかなか難しいことです。

ですが、治療したことによって今まで悩まされていた生理痛もなくなり、本来好きだった運動を諦めることなく続けていけるということで、大変喜んでいただけました。

お悩みのことがあるようでしたらぜひ一度、ご相談にいらしてください。


●生理痛で倒れてしまうくらいきつい状態が改善しました。12回の整体で終了

Q【はじめはどの様な症状、悩みがありましたか?】

生理痛が凄くきつくて、どれくらいきついかと言うと、倒れてしまうくらいきつい状態で、自分なりにヨガにいったりして改善を試みたんですが、中々改善はなかったのでこさせ­てもらおうと思いきました。


Q【実際に治療を受けてみて体がどの様に変化しましたか?】

正直そんなに、ちょっとましになったらいいなと思ってこさせてもらってたんですが、週­に1回月4回通わせてもらってから次に生理の時に全くセ生理痛がなくて、薬も飲まなく­てよくて、そこもびっくりしたんですが、 骨盤が整ったので歩幅が凄く広がってランニン­グ元々好きだったですが、走りやすくなったし、疲れにくくなりました。

普段から走っていました。/a>

Q【これからチャレンジしたい事や、してみたい事はありますか?】

元々走るのが好きだったんですが、社会人になって走ったらまた足が疲れるから走っていなかったんですが、 実際骨盤矯正を通わせてもらって足の疲れにくくなったので出来る限りは走って動いていきたいなと思います。


Q【これから治療を受けるのにどんな方におすすめしたいですか?】

生理痛って母親もきつかったので遺伝かなと思っていたんですが、実際に治ったので、諦めている方とか、スポーツされているかたとか、 やっぱり自分の可動域、体の可動域が広がる感じがするのでそういう方もいかれたらいいんじゃないかなと思います。

【*得られる結果には個人差があります】


ひこばえ整骨院の生理痛の施術手順

ひこばえ整骨院では生理痛の施術を得意としています。



痛みや悪い部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし、生理痛で困っているなら下記をご覧下さい。




パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請