走ると股関節、膝関節に痛みが出てくる。フルマラソンに間に合うか・・・|西宮 ひこばえ整骨院改善事例



走ると股関節、膝関節に痛みが出てくる。フルマラソンに間に合うか・・・

【どのコースを受けられましたか?】

腰の違和感、股関節の痛み、膝裏の痛み

【実際に受けてみてどうでしたか?】

股関節の痛みと膝裏の痛みはなくなり、腰もだいぶ楽になりました。

【症状がよくなり、チャレンジしたいことはありますか?】

フルマラソン、ウルトラマラソン

【どの様な方にすすめたいですか】

色々な整体を受けても症状が改善しなった人



患者さん

岩野圭祐 30歳 西宮在住 学生



来院

平成26年11月



悩み

日常からマラソンが趣味で長い距離を走ると股関節と膝が痛くなる事言う悩みで来院されました

1ヵ月間で150キロから200キロほど走ることがあり、以前にフルマラソンを走る位まで走り込みをされていた男性の方です。

最近になり10キロ以上走った時に股関節と膝に違和感を感じるようになり途中から走ることができない位痛みが出てしまうということがありました。

4ヶ月後にフルマラソンを出る予定があるのでそこに向けて、痛みを何とか改善したいと言う気持ちで当院へいらっしゃいました。



検査

股関節と膝関節の可動域チェック

歩き方と立方の検査

背骨と骨盤の傾き具合のチェック

足首の関節と下半身全体の筋肉のチェック

以上4点を検査し診断をしました。


診断

股関節と膝関節と腰がうまく連動せず、全体でかばいあっていたため。

本来腰がする働きや股関節がする働きを書く部分が機能せず、全体でかばっていた状態になっていました。

本来は中動かなければいけない部分が全体に2、3割程度しか働いてなかったので結果的に股関節に痛みが出てしまったと言うことでした。

膝の裏も痛みがあるわけでは無いですが走っているときに多少の違和感を感じてらっしゃったみたいなので、そこまで庇い合いが起こっていたと考えられます。


初回の施術

初回は股関節の部分の矯正はもちろんしましたが腰と膝の関節の可動域を広げるようにもしていきました。

特に腰の部分の可動域は非常に狭くなっており、本人はあまり気がついてはいませんでしたが腰の動きが1番悪かったです。

腰の可動行きが悪い分だけ股関節や膝が変わりをしてしまい、結果的に股関節が痛む状態になっていたため痛みがない腰椎を中心に施術を行っていきました。

日常のアドバイスとして、歩き方と腰のストレッチ、そして股関節のストレッチをお伝えし初回は終了となりました。


2回目以降の施術

2回目の施術

マラソンも早く再開したいと言う事だったので元は続けて来てもらうようにしました。

痛みが早期に改善できるようにマラソンは少しの間休憩と言う形で走ることをやめてもらいました。

2回目の時には階段の登ったり降ったりするときに膝の裏が痛かったのがほとんど痛みがない状態まで回復をしていました。

走っていないので痛みがあるか無いかはわかりませんでしたが、可動域に関しては初回に比べて2割程度改善をしていきました。

アドバイスとしては前回同様を行ってもらうとともにお尻のストレッチをお伝えいたしました。


3回目の施術

3回目の治療のときには痛みはほとんどなく階段の上り下りも問題なくスムーズに行えるようにまでなっていました。

走るのはまだ早いのでこの段階では太もものストレッチとふくらはぎのストレッチも同時にお伝えをしていきました。

股関節と膝関節の可動行きはしっかりついたのですが、腰だけはまだ残っている状態が続いてしまったため腰を中心に施術を行っていきました。

この期間の間に軽いジョギング程度で5キロほど走ってもらうようにしました。

以前から5キロ程度と痛みや違和感は一切出なかったのでリハビリの一環でまずは体を動かしてもらうことにしました。


4回目の施術

4回目の治療の時には5キロ走っていましたが、痛みとしては全く出ず膝と股関節の違和感もほとんどない状態でした。

腰の動きは初回に比べると7割での改善をしていたので、残り3割程度となりました。

体の状態としては非常に良くなっていたので次の期間までに10キロ走ってもらい体の状態を確認してもらうようにアドバイスをしました。

5回目の施術

5回目の治療の前に2度ほど10キロ走ってもらうようにしました。

2回とも痛みと違和感としては股関節には出ませんでしたが、膝の裏のつっぱり感と違和感は出てしまうと言う状態になっていました。

ストレッチをするとはりや違和感はすぐなくなってしまうんですが、まだ長時間のマラソンは不安と言うことでした。

股関節周辺と足首周辺の可動行きは正常まで戻ったので残っている腰と膝の調整を行っていきました。

7回目の施術

7回目の治療では体の部分の可動行きはきっちりと国を担っていました。

10キロを何回か走ってもらいましたが膝の裏の違和感や股関節の違和感はほぼなくなっていました。

近々ハーフマラソンを走る予定があるのでそれに向けて調整を行っていきました。

9回目の施術

9回目の治療ではハーフマラソンを削られた跡に来られましたが、痛みは出ることなく15キロほど超えた位から足にこわばりがあったものの最後まで完走することができました。

久しぶりにしっかり走られたので本人も違和感がないことに非常に喜ばれていました。

フルマラソンまではまだもう少しの期間があるので調整として腰、背中、股関節、膝の調整を再度行っていきました。

12回目の施術

12回目の治療では体の違和感は全く出ないようになったので、ここでいちど治療を終了としました。

体の状態としては非常に良くなっていたので、疲労が溜まった後や、体に違和感を感じた時に定期的にメンテナンスをすると言う形で行うようにしていきました。


まとめ

今回の事例は股関節と膝の裏に違和感があったと言うのが1番悩みでしたが、原因はその部分よりも腰の動きが悪いと言うことが1番ありました。

正直自分ではどこが悪くて道がいいのかと言う判断は痛みがあるか無いかのどちらかしかないと思います。

しかし実際は痛いところと悪い部分というのは違うことがほとんどなのです。しっかりと見極めて根本的な改善をしていきましょう。



こばえ整骨院の股関節、腰痛の施術手順

ひこばえ整骨院では股関節、腰痛の施術を得意としています。



痛みや悪い部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし股関節、腰痛で困っているなら下記をご覧下さい。




パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請