妊娠7ヶ月、背中、腰痛、肩が痛いと悩まれていた40代女性|西宮 ひこばえ整骨院改善事例

妊娠7ヶ月、背中、腰痛、肩が痛いと悩まれていた40代女性





患者さん

Hさん 40歳 女性 会社員 宝塚市在住

来院日

平成28年5月

悩み

妊娠安定期に入ってから首、肩、背中、腰が痛くなってきた

妊娠中は仕方がないと半ばあきらめている。

以前からデスクワークの仕事で症状はあった

可能であれば治したい

こんな悩みをもっていました。初回ではご本人も

『本当に治ります?』

と言う反応でした。そこから検査、治療を行っていきました。全てで6回の施術で完治をした流れをご説明致します。

検査

腰、背中、首の動きをみる検査から行いました。

妊娠中だったので動きの確認と筋肉の緊張を中心に検査をしました。

お腹の前に筋肉がどれだけ腰に影響しているかも診ていきました。

診断

以前から自覚症状はあったのですが、やはり体の動きが極端に悪い状態でした。

元々デスクワークのお仕事をしていましたが、妊娠前は多少体を動かしていた状態でしたが、それが妊娠をする事で極端に動かす事が減ってしまったのが要因でした。

特に体の回旋、肩の動きが悪く、省エネモードで体を動かしている状態でした。

腰の負担をかばう為にお腹の腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉がとても悪くなっていて痛みがでていました。

それが妊娠をする事で余計に体が動いていない状態だったので痛みがでていました。

治療内容

妊娠中の為に横向けから始めていきました。

腰の骨の動き、背中の動き、肩甲骨の動きを出す事から始めていきました。

骨盤矯正と股関節の調整、等、体の全身の関節を動かす様にして施術を行っていきました。

そして原因であるお腹の前の筋肉、腸腰筋をきっちりと施術しました。

自宅での指導

まずは座り方、お仕事がデスクワークの為に骨盤が寝てしまう状態。だら~っと浅く座る状態になっていました。

それを少しでも解消する為にお尻に枕を入れて骨盤を立たせる様にしていきました。

それと股関節の動きを付けて腰の負担を軽減する為に股関節を曲げるストレッチを入れて行きました。

右側のお腹の前、腸腰筋という筋肉がとても硬く悪い状態だったのでそこのマッサージも願いしました。

でいるだけお腹に負担をかけずにできる方法をお伝えしました。

2回目

前回から4日後にきてもらいました。

腰の痛みは2,3割程度軽減していましたが、まだ痛みとコリはある感じでした。

施術内容は初回と同じく体の全身の関節を動かし、お腹の前の筋肉を緩めていきました。

3,4回目

来院時にどうかと尋ねると

最近背中も腰も全然痛くない。妊娠中でもマシになるんですね

と驚かれていました。初めも不思議そうに半ば信じていなかったみたいです(笑)

お腹の前に筋肉に張りはありましたが痛み自体はなく、背中、腰の痛みもほぼ改善している状態でした。

その代わりに肩こりが少し目立つようになってきたので肩の治療も入れていきました。


>

5回目

5回目の時には痛みはほぼ0。

痛みも違和感も肩のコリも全てなく、今までで一番ベストな状態になっていました。

次でしっかりと終わることができるよ伝えて全身の調整としました。


>

6回目

臨月ぎりぎりまで施術を行っていきました。

痛みは前回からなく、体も調子も良く、体調もとてもいい状態になっていたみたいです。

この日で6回目の治療で、痛みも全てなくなり、臨月に入られたので本日で終了となりました。

まとめ

初回は半信半疑で来院されて、妊娠中だから仕方がないと半ば諦めていましたが、最終的にはどこも痛くなくなりとてもいい結果となりました。

元々痛みがあったのでその根本改善まで持っていけました。

妊娠後期になれば腰がどんどん反っては行きますが、きっちりと体が使える様になれば痛みや違和感をなくすことは十分可能なんですよ。

意外となんとかできるもんですからもしあなたもこれを読まれていたら一度私の施術を試してみて下さいね。


ひこばえ整骨院の妊娠中の腰痛の施術手順

ひこばえ整骨院では妊娠中の腰痛の施術を得意としています。



痛みや悪い部分だけを見るのではなく、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし、妊娠中の腰痛で困っているなら下記をご覧下さい。

パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請