背中が痛くて常に体を揺らしていないととても苦しい。整体改善事例です|西宮市 門戸厄神 ひこばえ整骨院・整体院

背中が痛くて常に体を揺らしていないととても苦しい

【初めはどのような悩み、症状がありましたか?】

背中が痛くて。痛みを逃がすためにずっとフラフラしていた。

足を組まないと座っているのがしんどかった。

【実際受けられて体の変化はどのようになりましたか?】

腰痛、背中痛、肩こり、頭痛がほぼなくなった。

姿勢が良くなった。

【症状がよくなり今後やりたいこと、チャレンジしたいことはありますか?】

もう少し運動したい!

キレイな服を着たい。

【どのような人におすすめしたいですか?】

体が慢性的に痛い人。

姿勢の悪い人。


患者さん

29歳 女性 保育士 西宮在住


悩み、症状

背中が痛いという29歳保育士さんの方です。

じっとしている事がとにかく痛くて痛くて常に体を動かしていないとからがとてもしんどいそんな状態でした。

座っている時にも足を組まないとしんどくてしんどくて真っ直ぐの姿勢が辛い

仕事上保育士なのでどしても中腰や抱っこをする姿勢が多く、またの頭痛がして薬を飲み事もしばしばありました。

そんな腰痛、背部痛、肩こり、頭痛を改善したくて当院い来院されました。


症状に対する根本原因

この方の原因はいくつかに別れました。

①姿勢が悪く、猫背の状態が身体に染みついていた事

②上半身は体が右に捻じれ、下半身が左に捻じれていた事

③背中の筋肉の緊張が強すぎて自律神経が乱れていた事

この3点が原因としてでてきました。

体を揺らしたいのも筋肉の緊張が強い為に体をじっとしているのが耐えられない状態になっていた事

足を組むのも体の捻じれがそのまま足を組む姿勢になっていたので足を組んでしまう。


治療内容と経過

初回ではまず全身の動きを受けていく事をメインの治療として行っていきました。

姿勢も勿論ですが、まずは体を正常な動きにしないとどれだけ頑張ってストレッチや運動をしてもしんどさがますだけ、もしくは最大限の効果が発揮されません

ストレッチの方法も指導をしましたが、体の動きを付ける為に行なうので、痛み等を取る目的ではなく、まずは体土台を整える形にしました。

3回目に来院された際に『そういえば最近足を組んでいない』

と言われていました。

本人も気が付いていませんでしたが、徐々に体に変化が出てきてる状態でした。

治療方法を少し変えて、動きではなく、次はねじれを改善する治療に変えていきました。

5回目では頭痛がほとんどなくなり、薬を飲む回数も減る

7回目では背中の怠さや痛みはほとんど解消され、仕事が忙しい時に体がだるいという状態にまで改善をしました。

9回目の時には痛みと怠さはなしの状態になりました。


まとめ

この方の様に体に捻じれと怠さ、じっとしていられないというのは複合的要素がとても多いです。

特に、背中が丸くなり事で自律神経も乱れる傾向にあります。

自立神経は背骨の中にあります。その背骨に柔軟性がなくなったり、怠さがあったり、動きがない状態になると自覚症状がどんどんひどくなり

ストレッチや体操、運動ではどうしようもなくなります。

そうなる前にはめの対処が必要です。


ひこばえ整骨院骨盤の腰痛、頭痛、背中に痛みの施術手順

ひこばえ整骨院ではお体全体の不調を改善をする事ができます。

痛みが出ている部分は勿論、姿勢、体のバランスを見て全身をくまなく施術をしていきます。

もし股関節の痛みにこまっているなら下記をご覧下さい。