プロテインでの運動、ダイエットのメリットデメリット|兵庫県西宮 ひこばえ整骨院・整体院が教えるダイエットブログ


●プロテインでのダイエットのメリットデメリット

あなたは今まででにプロテインを使ったダイエットを行ったことはありますか?

そもそもプロテインにはどのような効果があるのかご存知でしょうか?

最近ポピュラーになってきたプロテインですが、プロテイン自体について知っている方の割合は結構少ないのが現状です。

今回はプロテインを使ったダイエットに興味のある方にぜひ読んでいただきたいです。



プロテインでのダイエットとは

最近は置き換えダイエットのイメージが強いプロテインダイエット。

そもそもプロテインとはなんなのか、何でできているのか、なぜダイエットに効くのか、というのはあなたはご存知ですか?

ここで間違えないでいただきたいのは、プロテインダイエットとプロテインを使ったダイエットは同じものではありません。別物です。

一般に知られているプロテインダイエットは、置き換えダイエットを指しています。

食事の代わりにプロテインを飲む、という形のダイエット方法です。

それは摂取カロリーを減らしていることになるので、つまり食べる量を減らしていることと変わりません。

プロテインは飲むだけで脂肪を燃やして筋肉になる物でもないため、単純にカロリー制限になりますね。

そのために置き換えをしている間は体重がある程度減ります。

ですが食事を食べてしまうと元の体重に戻ってしまいやすい、ということが難点として挙げられます。

一方でプロテインを使ったダイエットは、食事の+αでプロテインを摂り、さらに運動をすることで筋肉をつけることを目的にしたダイエットのことを言います。

筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくする、という方法です。

食事は摂ったまま運動をプラスして行い、基礎代謝を上げるので置き換えよりもリバウンドしにくい方法です。

プロテインとはたんぱく質を英語で言い換えたものです。

そのため主に成分はたんぱく質です。

たんぱく質は三大栄養素のひとつで、主に肉、魚、卵、大豆などに含まれます。

肉、魚、卵からなる動物性のたんぱく質と、大豆、などの豆類に含まれる植物性のたんぱく質があり、主に筋肉や皮膚、血管、酵素や神経伝達物質などの素になる成分です。

これが不足すると筋力の低下や肌トラブル、集中力の低下などが起こります。

カロリー制限をしたときに、こうなってしまうと体重が落ちてもあまり健康的とは言えませんね


プロテインを使ったダイエットのメリット

先ほども述べたように三大栄養素であるたんぱく質は肉魚卵などの食品から摂取できますが、一日で食べることができる量には限りがあります。

そのため筋肉をつけたい、引き締めたい、というときに効率的にたんぱく質を摂取することができるのが、プロテインです。

プロテインの種類にもよりますが、プロテインを摂取することで通常の食事量の何倍ものたんぱく質が摂取できます。

そのためたんぱく質を摂るために、と必死にたくさんの食事を食べる必要も、そのせいでカロリーオーバーになることもありません。

そして筋肉の素となるたんぱく質を大量に摂取して運動することで、筋肉もつきやすくなるため消費カロリーを増やすことができるのです。

プロテインを摂取することで、普段の食事では摂れない量のたんぱく質を効率よく摂取できるようになることが一番のメリットです。

そして運動をすることで筋肉がつきやすくなるので、ダイエットの効果がよりでやすいことになります。

プロテインを飲むことで筋肉量が増えるわけではありませんが、カロリー制限をして筋肉量の維持を目的にするのであれば、プロテインダイエットのような置き換えの方法もひとつの手段です。

ダイエット、つまり減量を目的にするのであればトレーニングなどの運動は一緒に行なう必要があります。

プロテインを使ったダイエットのデメリット

一方で、プロテインを使ったダイエットにもデメリットはあります。

プロテインは自然にある食品ではありませんよね。

製造する過程で沢山の添加物を含んでしまいます。

さらに通常の何倍ものたんぱく質を摂取することになります。

それを合成や分解などして処理する為に、肝臓と腎臓に大きな負担がかかります。

肝臓が悪くなると顔色が黄ばんだような色になったり、腸内環境がわるくなるため腹部の膨満感や便秘になることもあります。

特に動物性たんぱく質を過剰に摂取することで腎層にシュウ酸や尿酸を増やしてしまいます。

特にシュウ酸はカルシウムと結びつきやすく、シュウ酸カルシウムという物質ができやすくなります。

これは尿結石の原因となるため、継続して過剰にプロテインを摂取し続けることはおすすめできません。

正しい分量や摂取の仕方は守りましょう。

特に自己流でプロテインを使ったダイエットを行なわれている場合はきっちり毎食量を計測しながら行いましょう。

もう一点のデメリットとしては、依存性です。

普通の食事では摂ることができない量のたんぱく質が摂れるプロテインは、飲み始めると飲み続けないと筋肉量の維持ができないと言うことです。

特にプロテインを飲み始めてから増えた筋肉量というのはそれだけたんぱく質を使って作られた筋肉なので、維持するためにもその量が最低でも必要になります。

そのため増やした筋肉量の分、そのままプロテインを飲み続けなければならないのです。

これがプロテインを使ったダイエットのデメリットです。


プロテインを使ってダイエットするにあたって

今からプロテインを飲んでダイエットしようとされている方は、まず第一に置き換えダイエットにならないようにしましょう。

あくまでプロテインは食事+αとして摂るべき栄養補助剤です。

決してプロテインを飲むことで痩せるわけではありません。

プロテインにも種類が多くあり、目的によって選ぶ種類が変わります。

選ぶものによっては筋力増強+ウエイトアップのためのプロテインになるので、ダイエットしようにも意味がありません。

あくまでダイエット、減量が目的なのであれば大豆由来のソイプロテインを選んでみると良いでしょう。

吸収スピードがゆっくりで、腹持ちがよく、女性ホルモンと似た成分である大豆イソフラボンが含まれています。

年齢を重ねていくごとに女性ホルモンの分泌は低下してしまうため、女性らしいくびれのラインや肌や髪のハリ・コシなどの女性らしさの維持にも有効と言われています。

成分表なども確認し、できるだけたんぱく質含有量が多いものを選びましょう。

特に運動をしない場合、プロテインを飲む量は体重1㎏に対して1gが一日の目安です。

例えば50㎏の方が一日に飲むべきプロテインの量は50g、といった感じです。

運動をしっかりされる方の場合は1㎏に対してプロテインの量は2g、単純に倍になります。

飲むタイミングは運動後の30分以内と言われていますが、ソイプロテインの場合は消化吸収がゆっくり行われるため、運動前以外にも夕飯前に飲んだり、就寝30分~1時間前に飲むこともいいとされています。

筋肉を付ける為にしっかり運動をしてプロテインを飲むのであれば、ホエイプロテインを選んで運動後30分以内に飲むようにしましょう。

プロテインを使ったダイエットでは、運動が必須です。

プロテインを飲んでいつも通りの食事をして運動もせずにいると、摂り過ぎたたんぱく質は脂肪として蓄えられてしまいます。

だからと言って置き換えのように食事の代わりにプロテインを飲むと、普通の食事が食べれなくなります。

ダイエットは持久的なものですので、即効性は求めず継続して行えるものを選びましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はプロテインを使ったダイエットについてお話していきました。

今からプロテインを使ったダイエットや体の引き締めに取り組もうとしている方は、お話ししたようなメリットやデメリットについてもよく考えて、無理なく行いましょう。

筋肉をつけたい場合は自己流で行うよりもトレーナーなどに見てもらう方が安全で安心です。

ダイエットに関しても、自己流でやる場合は過度にやりすぎないように注意が必要です。

体の変化は2〜3日でわかるものではありません。

無理せず継続していける方法の一つとして考えましょう。




ひこばえ整骨院の骨盤ダイエットの施術手順

ひこばえ整骨院では、その方に合わせたダイエットの方法をご提供できます。

ダイエットに必要なのは正しい知識です。

詳しくは下記をご覧下さい。

詳細


パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請