西宮 ダイエットをするのに効果的な時期ってあるの?|ひこばえ整骨院・整体院 

ダイエットをするのに効果的な時期ってあるの?

●寒い時期にダイエットをするメリット

ダイエットに最適な時期ってあるのでしょうか?実はあります。それが今の時期である冬です。

春から凄く気にしだして夏前になると慌てて…という事も多いかとありますが、実は今の時期にダイエットを始めるのが一番効率よく痩せるの事ができます。

今回は、なぜこの冬の時期に痩せるのがいいのか、この時期にダイエットを始めるメリット、デメリット、など詳しく説明します。

●代謝が一番上がりやすいのはいつの時期?

初めに結論から話します。

冬にダイエット効果が一番上がりやすく、寒い時期が一番代謝が上がります。

ですので一番最適なのは冬です。一つずつ説明をしていきましょう。

あなたは温泉に行った事ありますか?私は大好きでしょっちゅう行きますが、サウナってありますよね。

暑いので汗をよくかきます。汗をよくかくのでなんとなく痩せる気がしますよね。でも実際に汗をかいても体重って減ってない事ありませんか?そしてサウナで上がった後はビール…

実は汗と体重って全く関係ありません。汗が関係するなら冬は目に見えて汗をかかないので痩せないのでは?でも実際は違います。冬場でも痩せている方は沢山います。唯、露出が減るので中々わかりませんけどね。

本当はサウナの逆でコールドサウナがいいんです。中々珍しいですが、探せば意外とあります。ただし中々辛いですよね。

夏場は体温を下げるために体が調整して、冬場は体温を上げるために体をコントロールします。これが夏場と冬場の違いです。

暑い所から下げるよりも、寒い所から温める方が燃焼しやすいですよね。

だから冬場の方がいいのです。冬場のダイエットのメリットデメリットはちゃんとあるのでそこは後ほど説明します。

●ダイエットに最適な冬場にはどうしたらいいのか?

普通の生活でも冬場は代謝が上がります。このタイミングを逃すのは勿体無いです。まず、冬場は代謝を上げる事に集中します

ダイエットを成功するには代謝と言うのはとても大切です。低いよりも高い方が痩せやすいに決まっています。

それでは説明をしていきます。

①暖か過ぎない格好で生活する。

寒くて我慢できないくらいや、ストレスにならない程度にするべきですが、暑い格好はあまりよくありません。なぜなら暖かい格好や気温は結局暑いので体の代謝が下がるからです。

暑いと体の体温を上げる必要がないからです。少し寒いかな?くらいが一番ベストです。

掃除機や軽く体を動かすなどをしていると効率よくダイエットできます。まずは動けば体が温まる格好をするのが理想です。

②食べ物を変える

とても大事な事です。冬場に旬の食べ物は基本的に体を温めます。逆に夏が旬な物は体温を下げます。フルーツも同じなので、南方系のフルーツ等は体温を下げます。

体温を上げる食べ物

生姜、唐辛子、にんにく、ニラ、ネギ、大根、人参、ごぼう等が代表的な物ですね。

料理では鍋やシチュー、きんぴらごぼうなんかがいいですね。ダイエット中はじゃがいも等は避けた方がいいです。

体温を下げる食べ物

トマト、ナス、きゅうり等は体を冷やします。これらは避けるほうがいいです。

料理名だとひやし中華等がそうです。すべて入っています。だから夏にはいいですが冬には体にとってあまりメリットはありません。

③飲み物を変える

一番体を温める飲み物は

白湯

です。何も味がないので?と思われる方もいるかもしれませんが体に一番浸透して効果を発揮するのが白湯です。

一度試してみて下さい。とてもおすすめです。他にもプーアル茶や烏龍茶もおすすめです。

逆に体を冷やす代表的な飲み物が

コーヒー

です。絶対に飲んではいけないことはありませんが、ダイエット中は避けるのが無難です。

④運動量を上げる

私自身はダイエットに運動はしなくてもいいと考えていますが、日常の中でできるならそれはしっかりとした方がいいですね。

例えばいつも自転車の所を歩く、エスカレーター、エレベーターを使わずに歩く。

この様な心がけで十分です。時間をわざわざ取るのではなく、少し日常を変えるだけでもいいです。大切な時間を潰さずに効果のあるものをまずはしましょう。お金も時間もかかりませんので。

●ダイエットに最適な代謝を上げるストレッチと運動

①肩甲骨を動かす

肩甲骨は褐色細胞(かっしょくさいぼう)があります。この細胞は体の代謝を一番上げる細胞です。この細胞を刺激するのがとても最適です。

手順

①肘を曲げて手を胸の前にします。

②できるだけ後ろに大きく回します。

③後ろに回した時に肩甲骨がくっつく様にづぐるぐる回していきます。

1日3回行い、1セット20回目安にするのをおすすめします。

②体の中で一番大きな血管があるお腹。温めてマッサージをする事で代謝が上がる

お腹の中には腹大動脈と言う血管があります。太さは1・5〜2センチもあります。とても太いですよね。ここを刺激する事でダイエット効果が上がります。

骨盤の骨のでっぱりがあると思います。その部分の内側をマッサージしてあげます。グリグリ押すのではなく、継続的に押すことで血液の流れがよくなります。

あまり強い刺激はいらないので軽く刺激をしましょう。

③歩行の際は足を高くあげる

お腹の中には腸腰筋という筋肉があります。

この筋肉を動かすと上で説明をした腹大動脈という血管を刺激します。この血管は体の軸になる血管なのでここの周りを刺激することがとても大切です。

手順

①足を90°程あげる。普通に歩くのと同じ様に足を高くしながら歩くもしくはその場で足踏みを行う。

②左右10回ずつを朝昼晩行う

足の血流がよくなるのを感じると思います。感じたらしっかりと血液の流れがよくなっている証拠です。

④つま先立ちをする

最後にふくらはぎの筋肉を動かします。ふくらはぎは体の一番下にあって一番血液の流れが悪い部分でもあります。

この部分を刺激すると血流がとてもよくなります。むくみや冷え性を持っている方にもおすすめです。

手順

①壁に手をつけて立ちます。

②バランスを崩さないようにかかとを上げてつま先立ちをします。

③足を上げたり下げたりしますが1秒上げて下げる1秒上げて下げると20回繰り返します。

②朝昼晩の10回ずつ行うと効果がでます。

●夏場のダイエットのメリットとデメリット

夏場ダイエットのメリット

水分が沢山取れる事と、動く量が増える事です。

ダイエットをするときに起爆剤のなるのが水分です夏場は水分は何もしなくてもとることになります。普通に喉が渇くからです。

1日で2リットル位なら平気で飲むことができます。

水分をしっかり取れるという事では理想ですね。それともう一つが目標がしっかり立てられる事ですね。

露出が増えるのでモチベーションが上がりやすいのも夏場の特徴です。モチベーションとても大切ですからね。

夏場ダイエットのデメリット

食事が偏りやすい。

暑いのでどうしてもさらっとするものが食べたくなります。麺類、丼物など。この食事は必ず体重が増大します。だからとても不利なのです。

糖質の量がどうしても増えてしまうので逆に増える事もあります。

これが一番のデメリットですね。食事がどうしてもないがしろになります。ですので食事コントロールがとても難しいです。

いかに夏場は食事コントロールができるかにかかっています。

これを解決する方法は

食べたものをすべて紙に記入する

これが一番の解決策です。

意外と食事管理って自分が思っている程出来ていません。これを紙を見て記憶ではなく記録に残します。そうすると自分の良い悪いがすぐにわかるのですぐに改善できます。

夏場のデメリットさえしっかりと理解していれば大丈夫です。必ず痩せます。

●冬場のダイエットのメリットとデメリット

冬場ダイエットのメリット

一番は

代謝を最大限にあげる事ができる

これが一番のメリットですね。代謝が上がると色々と体にとって好都合ですからね。

もちろんダイエットの効果もありますが、何よりも体の血流がよくなります。それに自然と温かい飲みのもや食べ物を取るようになります。これで体の循環がよくなります。

正し、あまりにも体が冷えすぎてしまうと体にとって毒なので気をつける様にしましょう。

冬場ダイエットのデメリット

一番のデメリットは水分が取りにくい事です。

よく言われますが、喉があまり乾かないと言われます。乾かないのではなく、乾いていても寒いから気がついていないのが正直な所です。

冬場でも水分は夏場と同じ位でます、夏場みたいに汗は出にくいですが、乾燥したり、話していても水分はでます。

そして何よりもトイレの回数が増えます。夏場よりも冬の方が脱水症状になります。

冬場は喉が渇いた乾いていないを基準にせずに水分をしっかりと取るようにしましょうね。

●まとめ

いかがだったでしょうか?ダイエットには最適な時期、その時期にするメリットデメリットがあります。この時期なら絶対に痩せる!!

というのは正直ありませんが、効率よく痩せるために痩せやすい時期を狙ってぜひダイエットをしてください。

夏場にが夏場のメリットデメリット。冬場には冬場のメリットデメリットが必ずあります。まずはこれをしっかりと理解しましょう。

理解した方がダイエット成功率が格段にあがります。

もし私達にお手伝いできることがあるなら協力をさせて頂いきます。




ダイエット関連記事

記事一覧