西宮市 産後、恥骨が痛くなった時の対処方法|ひこばえ整骨院・整体院

産後に恥骨が痛くなった時の対処方法

●産後に恥骨が痛くなることってありませんか?

ひこばえ整骨院産後にこられる方の多く見られる症状として恥骨の痛みがあります。

恥骨は妊娠中から痛みがでる場合もあります。人により様々です。

ではなぜ痛みがでるのでしょう?ここでは恥骨の痛みがでるメカニズムと痛みを改善する方法をお伝えします。

●なぜ恥骨に痛みがでてしまうのか?

妊娠中に痛くなる場合は妊娠の前半は痛みがあまり出ない事が多いです。

後期になればなるほど痛みが出てくることが多いです。

まず、後期になってお腹が大きくなると腰が反ってしまいます。そして、歩く時にややがに股になりますよね?

そうするとお腹の次に体の前につい出すのは恥骨になります。

重心の真ん中は骨盤です。重心を左右するのが頭になります。お腹を突き出す状態になると頭が後ろに行ってしまうので重心が後ろに行きます。

後ろに行くのにも関わらず恥骨が前に突き出す状態になるので痛みがでます。

ものを持つ時に胸に近くなると持ちやすいですが、肘を伸ばして物を持つと重たく感じますよね?

それと全く同じで、身体の軸よりも前に恥骨が出ると距離があるので痛みが出てしまいます。

もちろん立ち方や姿勢、筋力不足と多くありますが、これが一番大きな原因です。

●恥骨が痛くなった時の対処方法

先ほどもお話した様に腰が反ることが一番の原因になります。

と言う事は反らないする事が一番のポイントです。

妊娠中や痛くなる場合は子供さんが大きくなるにつれて腰が反ってしまいます。

出産後は筋肉低下と反る事により痛みが出てきます。

妊娠中の癖がそのままの残っている証拠です。

いかにこの沿った状態、恥骨を後ろに凹ますかが重要になります。そして基本人間は右側か左側しかないのでどちらかに重心がよります。片方によるとこれも骨盤と股関節にひずみがでるのでバランスをきっちりと取る必要があります。

①自宅で痛くなった場合

この場合は仰向けになって膝を抱え込むようにするのが一番ベストです。丸くなる姿勢です。

②歩いている時に痛くなった場合です。

まずは椅子に座ることをおすすめします。

そして姿勢ではなく、お腹の内側をマッサージします。

右の写真の様に骨盤の内側をします。ここには腸腰筋と言う筋肉があります。

この筋肉は腰の前についているので疲れてくると硬くなって腰を反らしてしまいます。

ですのでこの筋肉をほぐします。

覚えて欲しい事は体を丸くなること、そしてお腹の前をマッサージをする事を前提にしてもらえれば対処が十分できますので、そこをして下さい。






●恥骨の痛みを出さない様にする立ち方、歩き方、ストレッチ方法

立ち方

①肩幅以上に足を広げます。

②立つ時に恥骨を凹ますようにします。イメージはお尻の穴を閉める感じです。

これだけで痛みが軽減します。鏡で、見ながらすることをおすすめします。

一番立つことが多いのが台所です。よくよく重心を見ると片方に重心がよってしまったりするので、足を広げる事によって重心が左右なくなります。

真ん中に行くので立ちっぱなしが続く時などは足を広げて立つことをおすすめします。

歩き方

これも基本スタイルは同じです。恥骨を出さない様にします。

①歩く前に姿勢を整えます。壁に自分の身体をくっつけます。その後くっつける部分を全て壁にくっつけます。その状態から深く深呼吸を1回して、姿勢を整えます。

②一度その状態をキープしながら1歩前にでます。凄く違和感がありますが、一度その感覚を覚えて下さい

③できれば鏡で全身を見てもらうのが一番いいですが、難しならここは飛ばして下さい。鏡で見れば違和感があっても自分の姿勢が綺麗なのがよくわかります。

④がに股にならない様に足先を真っ直ぐに向けて歩きます。その状態のまま歩きます。

難しそうに見えますが、歩くと痛みが軽減しますので一度してみて下さい。

ストレッチの方法

①バスタオルを2枚用意します。

②それを丸めていきます。イメージは棒を作るイメージです。

③それを背中に敷いていきます。敷くと背中がぐっと伸びる感じがすると思います。壁に背中をつけた状態と同じになります。





●まとめ

恥骨の痛みは日常の事で十分改善できます。姿勢が最も重要なポイントになってきます。

歩き方、立ち方、ストレッチの方法を十分に理解して、痛みが出ない状態にするのが一番ベストです。

しかし、痛みが出た場合は専門の先生や整骨院、整体院に行かれる事をおすすめします。一人で全てをしないようにだけ気を付けて下さい

関連記事

記事一覧 オファー