西宮市 ダイエット成功に大切な食べる時間|ひこばえ整骨院・整体院

ダイエット成功に大切な食べる時間

●きれいを生む習慣は“体内時計”がカギ

食べる量を気にする人は多いですが、実はもっと注目したいのが、いつ食べるかがとても大切です。 体のリズムに沿った食事の時間こそが、きれいへの、ダイエット成功への第一歩です!

食べ物で体の中から変わっていくのは良くご存じかと思いますが、食べる時間にも気を使う必要があります。食べる時間、食べる質、食べ方この3つが出来れば最高ですね。

「私たちの体は、脳や内臓、肌など、それぞれのパーツに体内時計が備わっています」

脳の体内時計が朝の太陽の光で、内臓の体内時計は朝食を食べる事で正常なリズムを刻みます。

この二つが合わさって、体内時計をつくるタンパク質が増加し、代謝が上がります。

「朝食を食べないと体内時計が崩れやすくなります。しかも空腹時間が長くなるので、体は次の食事で食べ物を溜め込もうとします」

これが脂肪を溜め込んだり痩せない理由です。本来吸収しなくてもいい物までどんどん吸収するから起こります。

さらに注目したいのが、体内時計の本体であるタンパク質のビーマルワン。

体内で一日かけて増減を繰り返し、増える時は脂肪を溜め込みやすく、少ない時は溜め込みにくいことが、最近の研究で分かっています。

理想は脂肪を溜め込みにくい時間帯の夜20時くらいまでに夕食を食べ終える事です」

まずは食べる時間を意識しましょう。

●体内時計を刻むふたつのメカニズム

STEP1 朝日でリセット

脳時計 太陽を目から取り入れると脳の時間遺伝子が反応します。体内時計が一日のリズムを刻み始めます。

STEP2 朝食でリセット

内臓時計 朝食を食べて、内臓の時間遺伝子がスタートします。起きてから1時間以内に食べるのがポイントです。

STEP1で目から太陽の光を取り込み、STEP2で朝食を食べる。この2ステップが、体内時計が正常に動く為に重要です。

この二つによって代謝が上がり、体がイキイキと目覚めます。

体内時計をつくるタンパク質(ビーマルワン)の移り変わりをチェックしましょう。

タンパク質(ビーマルワン)には脂肪を溜め込む働きがあり、時間帯で溜め込む率が変わります。

溜め込みにくい時間帯が正午~18時。この時間帯に昼~夕食を食べるのが理想的です。これ以上になると体の機能も落ちる為に脂肪を溜め込みやすくなります。

●体内時計を整える7つの新習慣

1.朝起きたら太陽に光を浴びる

朝起きたら、光の刺激を脳に届けましょう。

曇りの日でもOK。空を見上げることで脳が朝を認識し、体内時計が正常に動きます。

乱れた生活や夜更かしで、体がだるい時も効果的です。朝のウォーキングはこの様な事からいいんです。

通勤や通学の時だけもOKなので気を付けてみてください。

2.朝食は抜かず、必ず食べる

体内時計を整えるために最も大事なのが朝食です。起きてから一時間以内に食べるのがポイントです。

朝起きてから昼過ぎまでは消費エネルギーが高まる為、バランスよく食べましょう。

朝はから昼にかけては活動も増えるため1日の中で一番量を食べる事ができます。

中々食べる事が出来ない方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、朝の食事で1日の活動量を決めると言っても過言ではありません。欠食はダイエットにも綺麗ににもぜったに駄目です。

3.ランチはバランスよくボリュームたっぷり

体内時計が太りにくい状態になる時間帯だから、好きなメニューをチョイスしてOK。

無理に低カロリーに抑えたり少量にすると夕食までに空腹感が募り、過食の原因になります。ここでは食べる順番を気を付けて頂くとよりいいです。

4.夕食にNGなのは脂物メニュー

体内時計は夜に脂物を溜め込みやすいリズムになっているため、脂物は控えて下さい。太りやすさやむくみなどを招いてしまいます。

どうしても食べたいときは、昼食に食べましょう。基本野菜、タンパク質を取られるのをおすすめします。

お肉とかはいいですが、から揚げなどの揚げ物は脂質が多いので注意をしましょう。

5.夕食は夜8時までに食べ終えるのが理想

夕食は脂肪を溜め込む働きのタンパク質(ビーマルワン)が増え始める夜8時までにとるのが理想です。

昼食をたっぷり食べている分過食にならず、少なめの量で満足できます。

※食べられない場合は?

残業などで夕食が遅くなりそうな場合は、糖質の少ないものを食べるのがいいです。

例えばナッツ系やチーズなどです。出来れば豆腐、納豆とかでもいいですよ。夜遅い時間の食べ過ぎをセーブできますので。

6.だらだら夜更かしと夜食はやめましょう。

夜更かしすると朝起きるのがつらくなり、体内時計も乱れてしまいます。

また、夜食は朝食が食べられなくなる原因のひとつに。そうすると悪循環で体内時計は崩れてしまいます。

どうしても食べたいときはスープやお茶でしのいで下さい。

7.できる範囲で運動を取り入れる

ボディラインをよりすっきりさせたい場合は運動も取り入れると◎。

運動は自律神経のバランスを整える効果もある為、安眠にも効果的です。体内時計のリズムも整いやすいです。

激しい運動をするのではなく、歩いたり、いつも自転車のところを徒歩等、少しの事でいいので無理のない程度で続けていきましょう。

●まとめ

さて、いかがでしょうか?食べる物、食べる順番、そして食べる時間。

もしかしたら聞いたことはある事もあったかもしれません。しかし、中々実行となると難しいですよね。

しかし、できるところから少しずつする事が体の中からも綺麗に、そしてダイエットを成功させ、リバウンドをしないことができる唯一の事なんです。

もしも不安であれば私達にお任せ下さいね

骨盤ダイエットはこちらから
記事関連 記事一覧 オファー