西宮市 カロリーVS糖質量|ひこばえ整骨院・整体院
トライアルキャンペーン 時間
  • ひよこクラブに紹介されました
  • 萩原流行さんから取材を受けました
  • 骨盤ダイエットで理想の身体を手に入れました
  • 骨盤ダイエット
  • ダイエット奮闘記
  • お客様の声

ひこばえ整骨院・整体院とは

美容・施術

出張整体

西宮整体情報

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • パソコンからの予約はこちら
  • クレジットカード使えます
ひこばえ整骨院・整体院の店舗情報 兵庫県西宮市伏原町2-11
  • 西宮北口駅 北出口から 徒歩10分
  • 門戸厄神駅から徒歩5分

ダイエットの知識

● カロリーVS糖質量

今回は

カロリーと糖質についてお話します。

今までにダイエットをした方なら心当たりがあるかもしれませんが、まず体重を減らそうと思った時に何を変えますか?

おそらく食事量、カロリーと答えられる方が多いのではないでしょうか? それは間違いではありません。ですが、

カロリー制限には大きな落とし穴があるのです。

ある程度までは食事量を減らせば落ちていきますが、同時に栄養源も少なくなってしまうため脂肪だけではなく筋肉量も落ちていってしまい、 その食事量に体が慣れてしまうと体重は落ちずに満足感も得られず停滞してしまいます。 そしてそこで挫折し、少しでも食事量を増やすと以前よりも筋肉量が減っているために体重が増えやすくなっているため、リバウンドに繋がりやすいです。

さらに食べる量自体を制限していると

我慢我慢…

となってしまうので、 ダイエットを辞めた時の反動で暴飲暴食をしてしまいやすい、ということもあります。

一方糖質量に重点を置くダイエットでは、極端に食事の量を減らすという事はしないために、 筋肉の源である肉や魚や卵といった、たんぱく質をしっかり食べながら痩せる事ができるのです。 代わりにお米や小麦粉、お砂糖といった糖質の量を減らしていきます。

そのため食事の量ではなく

食事の内容を変えていただく事


がポイントとなります。 糖質は多く摂りすぎてしまうと中性脂肪と呼ばれる、体に貯蔵される脂肪になってしまうため、 それを摂る量を減らし筋肉量は落とさないように他の栄養素はしっかり摂る、というかたちが最も効率よく痩せる事が出来るのです。

そして不思議な事に、

糖質の摂る量を減らすと味覚が変わってきます。

これは普段から糖質が多い食事を摂り続けているせいで知らぬ間に【糖質中毒】になってしまっていた為に次々と甘い物を欲してしまい、 本来体に必要な栄養素を見失ってしまうことが原因です。


「甘いものを食べないとイライラする。」


「疲れたときには甘いものが食べたくなる。」


というのは糖質の摂りすぎによる症状なのです。 そのため糖質制限をし始めたころは、イライラや空腹感がかなり出てしまうこともありますが、3日~1週間で自分の変化に気付けるはずです。

「そういえばお米や甘い物を食べなくても平気。」「最近体の疲れが取れやすくなった。」といった自覚がでてきてくれはじめると【糖質中毒】から抜け出せた証拠なので、以前ほど甘いものに対しての執着心がなくなってきます。 そうなってくると糖質の摂りすぎで鈍くなっていた、他の「甘い」以外の味覚が戻ってくるため、 食べ物の素材の味や調味料の量など味の好みにも変化が出てくることを実感できるようになります。

だから以前の様な濃い味付けの物が欲しくなったり、甘ーいお菓子が止められない!という事がなくなるためリバウンドしないのです。 さらに3食きっちり食事を摂り、お肉やお魚、卵料理も食べれるため糖質を減らす、ということを主に気を付けていればとても満足感のある食事をしていただけます。 そのためダイエット終了後に陥りやすい過食の反動がなく、体重の維持が可能なのです。

ちなみに女性の多くを悩ませている『冷え』や『むくみ』の原因も糖の摂りすぎによるものでもあります。 特に

『むくみ』は放っておくと『セルライト』となます。

体重が落ちても残ってしまうものになるため 【糖質中毒】の自覚がある方は早めに食生活の見直しをされることをおすすめします。


関連記事