猫背による肩こりを改善する方法 |兵庫県西宮市伏原町ひこばえ整骨院・整体院|骨盤矯正専門ひこばえ整骨院・整体院

猫背による肩こりを改善する方法

以前から姿勢が悪いと家族に言わていて娘さんや息子さんにも「おかんさん猫背やで」と言われてとても気にしている。

肩こりが最近とてもきつい。以前から慢性的な肩こりはあったけどさらに最近肩こりがきつい感じになっている。

そんな悩みはないですか?

普段の生活の中で私たちはいろんな姿勢をとります。 特にデスクワークやパソコン作業などのお仕事で同じ姿勢をとり続けたり、家事などで片側の筋肉に負担をかけてしまったりすることが多いかと思います。

最近ではスマホが肩こりの原因とも言われています。本当に姿勢や見る体勢も悪くなります

以前まではそんな目立つ事はなかったですが、ここ10年くらいで電車でもあるてでも常にスマホを見ている方が増えています。便利なのはいいですが、 ほどほどにしておかないと体を酷使するだけになってしまいます。

そういったとき、猫背や背中が丸まらないように気を付けていただくことにより慢性化してしまっている『肩こり』『首こり』の予防ができるのはご存知でしたか?


●そもそも、なぜ猫背だと肩が凝るのでしょう?

人間の頭の重さは、成人で体重の10分の1、おおよそ

5~6kg

といわれています。 その重みは首によって支えられ、体幹へと繋がっています。首ってとても細くて支えるのは難しいそうですよね。

本来、頭の重みは背骨の上に乗っているような状態ですが、猫背などで背中が丸くなったりすると頭の位置がずれてしまい、それを支えようとする首の負担が2倍~3倍になります。

その重みを常に支え続けている首から肩にかけての筋肉に負担がかかり凝り固まってしまう、それが肩こりということが起こるのです。

腰でもそうですが、中腰になると腰が痛くなりますよね。それと同じように、姿勢が悪くなると中腰ではなく

中肩

となります。

さらに身体は頭のある位置を中心として体のバランスを保とうとします。

頭の位置がまっすぐ正しい位置にあれば本来のまま5~6kgの重みですが、

背骨が前に傾くことで12~15kg

に変わってしまうわけです。

そして首だけでなく、前に傾いてしまった背骨のしなりのバランスをとるために背中の部分は後ろに大きくカーブします。

それがいわゆる

猫背と呼ばれる状態

なのです。


猫背と言うのは全て

重心は頭の位置で全て決まります。

頭が右に傾けば重心は全て右に傾きます。左に傾けば左に重心がいきます。全て頭の位置にかかっていると言っても過言ではありません。

もうひとつ手、腕の位置も猫背と肩こりに関わってきます。

頭と首の位置が前に出ると、必然的に肩の位置も前に出ます。そうすると肩から伸びている腕も前に出てしまうことになります。

腕の重みは個人差はありますが、

体重50kgの人で腕一本3.25kg

くらいです。

頭の時と同様、本来の位置より前に出るとその重みはさらに増してくるため肩甲骨にかかる負担が増え、肩が凝るのです。

普段の立ち方やお仕事中の姿勢を意識すれば、これらの原因からくる肩こりを予防できるようになります。


●猫背になった際の体への影響

猫背は肩こりだけではなく、体全体にも影響を及ぼします。

一番わかりやすいのは見た目ではないでしょうか。

背中が丸くなって頭が前に落ちて腰も曲がっている姿は、かっこよくないですよね。背筋が伸びて肩が広がっている姿の方が、信頼もあると思います。

また顔が前に落ちているので顔のたるみや二重あごになりやすく、顔全体が影になるので顔色が悪く見えますね。

背中が丸くなって、肩が中に入っていると

内臓が圧迫

されてしまいます

肺も圧迫されると息を吸った時に広がらなくなるため呼吸が浅くなり、体に周る酸素が少なくなります。

特に脳に酸素が行きわたらなくなると、疲れやすくなったり、

自律神経も乱れ免疫も落ちていきます。

体が疲れやすいとか、疲労感が抜けないのは体の機能が低下している証拠です。

ストレスに悩まされたり、体温も下がり、病気を引き起こしやすくなりますね。冷え性やむくみも引き起こします。

内臓全体の働きが落ちるため、

胃腸の調子も落ち、解毒作用も弱まってしまいます。

お肌にも悪影響ですね。

酸素、血流、リンパの流れも悪くなると、脳梗塞などの病気を引き起こしまた太りやすくもなります。


●猫背を解消する為には?

猫背と肩こりを改善する上でとても重要になって来るのが

呼吸なのです。

呼吸を意識することから始めましょう。

特に呼吸の特に意識するのは

横隔膜のストレッチ

です。

横隔膜は内臓で言うと上と下を分けている隔ての壁と考えて頂ければいいです。

肺と心臓が上と考えると肝臓や胃は下に位置します。

この上と下を分けるのが横隔膜です。

猫背になるとこの横隔膜がうまく上に上がらずに内臓を圧迫をします。

喘息、猫背、の方は呼吸がとても浅くなります。

まず基本は必ずこの深呼吸をいて胸郭をあげて横隔膜をストレッチすることです。



猫背と肩こりを改善する呼吸方法 立位、座位


①できるだけ姿勢を伸ばして座ります。

②手はみぞおちを抑えて鼻から思いっきり息を吸います。

③その際にお腹が凹んで肋骨が上に上がる感じがあればOKです。

④吸えるところまですって、これ以上吸えないところまで口からゆっくりと息を吐いていきます。

この呼吸を1日最低5回以上行って下さい。

回数制限は特にありません。



猫背と肩こりを改善する呼吸方法 仰向け


①仰向けに寝て腰にタオルを敷きます。

②写真の様にできるだけ腰を浮かして反らす様にします。

③このまま上記と同じ手順で深呼吸を行っていきます。

④朝か寝る前にすると猫背や肩こり、リラックスする効果もあるので一度行って見てください。

まずは呼吸の話をしましたが、

呼吸は最低絶対に必要です。

どんな時でも呼吸をする事で改善しますので一度行ってください。



猫背と肩こりを改善するストレッチ


①四つん這いになり、両手両足は肩幅に広げます。

②ゆっくりと息を吐きながら背中を反らしていきます。30秒キープ

③ゆっくりと息を吐きながら背中を丸めていきます。30秒キープ

④ゆっくり戻します。

これが慣れていけばリズムをつけておこないます。上記は30秒間キープですが、丸めて反らして、丸めて反らしてという様にリズムよくストレッチをしていきます。

これができる腰や背中のストレッチになるので肩こりにも直接効果があります。

詳しくは動画をご覧下さい。


●まとめ

猫背による肩こりは、普段からの姿勢や習慣がとても大切です。

パソコンやスマホ、ゲーム、家事などする時はこまめに顔を上げ深呼吸をしましょう。

呼吸をマスターする事で姿勢が整い、肩こり、猫背を解消することができます。

歩いている時なども頭が前に落ちていないか意識してください。

頭が前に落ち肩が丸くなったまま筋肉が固まらないように、必ずストレッチは毎日しましょう。


●ひこばえ整骨院の猫背と肩こりと治療

ひこばえ整骨院では猫背、肩こりに対応しています。

姿勢は勿論、呼吸や、立ち方歩き方など、根本的な原因をしっかりと見て改善してます。

詳細は下記をご覧ください。