西宮市 出産前の腰の痛みを解消する方法とストレッチ|骨盤矯正専門ひこばえ整骨院・整体院
トライアルキャンペーン 時間
  • ひよこクラブに紹介されました
  • 萩原流行さんから取材を受けました
  • 骨盤ダイエットで理想の身体を手に入れました
  • 骨盤ダイエット
  • ダイエット奮闘記
  • お客様の声

ひこばえ整骨院・整体院とは

美容・施術

出張整体

西宮整体情報

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • パソコンからの予約はこちら
  • クレジットカード使えます
ひこばえ整骨院・整体院の店舗情報 兵庫県西宮市伏原町2-11
  • 西宮北口駅 北出口から 徒歩10分
  • 門戸厄神駅から徒歩5分

出産前の腰の痛みを解消する方法とストレッチ

● 出産前の腰の痛みを解消する方法とストレッチ

子供さんが産まれる前、特に臨月に近くなると腰の痛みがきつくなる。そんな事はよくあります。

なぜ痛くなって、そして痛くなった時はどうしたらいいのかをご説明いたします。

妊娠中の痛みの原因として大きく分けて3つあります。

①体重の増加による腰の負担

②お腹が大きくなって腰がそってしまうため

③ストレッチをせずに何もしない

どれかにあてはまりましたか?全部当てはまると言う方もいるかもしれません。一つずつ説明します

①体重の増加による腰の負担

妊娠中は確実に体重が増えます。簡単な内訳ですが、下記の様になります。

・胎児と胎盤と羊水で約4.5kg

・子宮とおっぱいで約1.5kg

・水分や循環血液量の増加分が約2.5kg

・皮下脂肪などの増加分が約3kg

合計で11,5キロになります。これが一般的に増えてもいい数字です。産婦人科の先生にもよりますが、これ以上は体重を減らさなけばなりません。 先生によっては8キロまでと言われる事もあります。これ以上になると体にも胎児の体にも悪影響を及ぼします。

この体重が増えた状態になるどうなるのか?仮に15キロ増えたとします。今、15キロの物が目の前にありませんか?もしもあれば持って見て下さい。 腰が痛くなりませんか?持っているので肩や腕もしんどいですが、重心をなんとか真ん中に持っていこうとしますが、色々と痛いですよね。この 状態が続くと体は疲弊しますよね。これも大きな原因です。

②お腹が大きくなって腰がそってしまうため

先ほどの話と重なる部分もありますが、今重たい物を持つ時に腰が思いっきり反りませんか?腰の骨は元々沿反っています。反るのは普通です。 しかし、重たくなればなるほど反りが強くなります。妊娠中は最低でも10キロ程は増えてしまいます。それにより、反りがどんどん増えていくので 痛みが出てきます。

恥骨や股関節、膝も原理としては同じです。負担がかかる事で、体が悲鳴を上げてしまうからです。

③ストレッチをせずに何もしない

お腹はどんどん大きくなり、それと同時にお腹の筋肉が衰えます。衰えるといいますか、大きくなるにつれ使いにくくなる感じです。 体重の増加、動ける範囲が少なくなる、体が固まる、腹筋が使いにくくなる。この状態で何もしないと腰に負担がとても大きくなります。それを防ぐ為にストレッチ を行います。

注意点はあまり無理をせず、産婦人科の先生と相談しながら行うのがいいです。下記に動画を載せていますので、参考にしてください。

妊娠中でもストレッチの方法は沢山あります。しかし、決して無理だけはしないで下さい。赤ちゃんにもお母さんにも無理な体勢はよくありませんので。 もう臨月で出来ないと言う方は、出産後に整体や整骨院に行かれる事をおすすめします。それが一番早く、確実なので。




関連記事
記事一覧