O脚を治すために絶対に必要な内股改善方法|西宮で人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院
トライアルキャンペーン

西宮市×整体
西宮市×骨盤矯正
西宮市×整骨院接骨院
【2015年12月時点】
  • ひよこクラブに紹介されました
  • 萩原流行さんから取材を受けました
  • 改善事例

ひこばえ整骨院・整体院とは

美容・施術

出張整体

西宮整体情報

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • クレジットカード使えます
電話: 0798-63-3200 兵庫県西宮市伏原町2-11
  • 西宮北口駅 北出口から 徒歩10分
  • 門戸厄神駅から徒歩5分



O脚を治すために絶対に必要な内股改善方法

O脚で好きなズボンが履けなかったり、人からO脚だねと指摘を受けたり、家族からもO脚と言われてどうしようか悩んでいる。

足だけがむくんでしまいとても太く見えてしまうと言うことに悩まれたりはしていませんか?

いろいろなところでO脚矯正ができるやO脚矯正のことに対して書いていますが、どのような方法でもどんな所でも絶対に欠かすことのできないことと言うのがあります。

それが

 

内股を治すと言うことです。

 

内股を治さなければ基本的に忘却と言うのは改善することができません。また足が太かったり外側だけが張り出したり、足がとてもむくんだりする原因の1つも家まだが関係しています。

この記事ではO脚を改善するために絶対に必要な内股を治す方法をお伝えしていきます。

 

内股の方は80%の確率で自分はがに股と思っている

1番初めにO脚と内股の関係性を詳しく解説していきます。

O脚の方はほぼ全ての方に内股があります。

ただし内股と言うのは単純に見た目だけ内股になっていると言うことではありません。

実際にO脚の治療をしていて10人のうち8人の方は

自分は内股ではなくがに股だとおっしゃります

内股と言うのは正直自分でなかなか気がつきにくいものです。

下の写真を見ていただきたいですが、内股と言うのは仰向けになったときに足先が外に向いたり中に入ったりすることではなく(全てが中になっている方は仰向けになっても内股になります)股関節が骨盤に対して中に入っているかどうかで判断します。

この写真は見た目ががに股ですが仰向けになったときには股関節が中に入ってしまいお皿が太ももよりも中に入っているのが分かります。

この方たちは仰向けになったときに足が外に開いてしまうので内股ではないと言いますが単純に足先だけで判断できるものではありません。 

普段からあぐらをよくかく方だったら仰向けになったときに足が単純に開きます。

足が開くのは股関節ではなくお尻の梨状筋と言う筋肉が固まってしまって外に開くようになっています。

 

なぜ内股になるとO脚が進んでしまうのか?

下記の写真を再度見ていただきたいですが、内股になると重心の位置が外側に寄ってしまいます。

矢印の方向が重心の位置になります。内股になると内側に力が入りそうな感じですが、実際は小指側に重心が酔ってしまうので見た目が内股、重心は外側と言うような状態になってしまいます。

この状態が続くと腰がそってしまい、小指側に重心がよってしまい、外側ばかりの筋肉を使ってしまう形になります。

その結果股関節とすねの前で2時手が生じてしまいO脚がどんどんひどくなってしまいます。

具体的なパーセンテージをとっているわけではありませんが、O脚になっている方は外反母趾を同時に併発している方がとても多いです。

正直なところ外反母趾がありO脚が強い場合は改善の可能性がとても低くなってしまいます。

またもう一つのポイントとして反張膝と言うものがあります。

これも内股になるが故になってしまうことですが、膝が伸びきってしまうので重心が外側と前側にかかってしまいます。

そしてもう一つ同時に併発するのが浮足と言って、足の指先が浮いてしまうような状態になります。

O脚というのは勿論そのものを治す必要がありますが、その他の物をしっかりと治す事も大切な事なのです。

 

 O脚を解消すれば誰でも足が細くまっすぐになるのか? 

いろいろなビフォーアフターの写真を見ていると、膝が完璧にくっついたりとてもきれいな脚になっている方も中にはいらっしゃいます。

実際に自分もあれだけきれいに細くなればいいなと思われる方もいらっしゃると思います。

しかし全員がO脚矯正や自己努力で細くなるかと言うと

 

必ずしも全員がなるわけではありません

 

少し厳しい言い方をするかもしれませんが、やはり全員の顔の形や体格体系が違うようにもって生まれたものと言うものがあります。

どのようなものでもそうですが必ず限界値と言うものが存在します。

骨格的なものを変える事はできないので、その辺もご理解をください。

余談になりますが、今もしO脚矯正を受けられていてどのぐらいまで治るかと言う限界値を教えてくれない所はやめられた方が良いでしょう。

全員にあって全員が100%くっつくと言う事はありえないからです。

しっかりとここまではくっつくよと言う限界値を教えてもらえるところを選んで下さい。

 

まずは自分の足の状態を知りましょう

まずは自分の足の状態がどのようになっているかを知る必要があります。できればハーフパンツが短パンに履き替えてください。そして裸足になってください。

足の状態を知るときに1つだけ注意点があります。鏡の前で足を見ていただくのですが気をつけの姿勢がO脚の方とそうじゃない方で違いがあります。

 O脚の方はまっすぐに立つときにはかかとと足先をきっちりとくっつけて立つ傾向にあります。

 O脚でない方と言うのはまっすぐにと言われると足を肩幅に開くがつけてもかかとだけでつま先は少し開いた状態になっています。

足がまっすぐになっているかを見る時と言うのはつま先とかかとをつける姿勢と言うのは指標になりません。

この状態ですでに股関節が内股になってしまっているからです。

気をつけのまっすぐの姿勢のときにはかかととかかとをくっつけてつま先は目安30度位開いた状態で立ってください。

この状態が本来のO脚を見るときのまっすぐの姿勢になります。

鏡を見たときにできれば写真を撮って自分の膝を確認していただきたいですが、

①股関節よりもお皿の方が内側に入っていないか。

②足首が内側に向いて立っている時の重心が小指側にかかっていないか

この2点がとても重要な部分になってきますので特に意識をしながら感覚を感じてください。

この①と②があるか無いかで自分でできる矯正方法が変わってきます。なんとなくでも構いませんので自分の中でどうなっているかを確認してください。

 

 O脚を治すために内股を改善する方法

ここからは1)と2)に対応する矯正方法をお伝えします。どちらか片方しかなければどちらかだけをやっていただければ結構ですし、もしも自分の足を向いたときに自信がないなぁと思ったときには両方ともやっていただいても構いません。

 

 1)股関節よりもお皿の方が内側に入っている場合

①まず股関節がどれだけ開いているか、また左右の差があるのかの確認をしていきます。

②仰向けになって両足を合掌するような形で組んでください。

③足の裏を合わせた状態でそのまま股関節を外側に開いていきましょう。

開いたときに両方とも硬いのが左右どちらだけ固いのかもしくはとても柔らかいのかでまずは判断をしてください。

③硬い方があるならばその部分の内側をマッサージをしストレッチを行っていきます。

マッサージの方法は下記で詳しく説明します。

 

片方だけが形形は片方だけで構いませんし、両方とも固いと感じれば両方ともマッサージを行ってください。

①ソファーもしくは床に座ってください。

②片方の足を伸ばして片方の足はあぐらをかくように折り曲げて開いてください。開くことができない場合は片足を立て膝にしても結構です。

③太ももの内側を3区画に分けるようにしていただき、股関節の付け根も同じように3区画に分けるようにしてください。

④太ももの内側の膝に近い方から始めていきますが、外側の区画から5秒間持続的に押さえていきます。その後、真ん中内側も同じように5秒間ずつ持続的に押さえていきます。

⑤それを3回ずつ繰り返していきます。合計9回押さえていきます。

先の方が終われば次は付け根の方を同じようにしていきます。やり方に関しては上記と同じなので、

 

 2)足首が内側に向いて立っている時の重心が小指側にかかっている

①重心の事なのでとても難しいですが、これに関しては正直感覚で構いません。

②もしくは靴を脱いだときに小指側にタコがある場合は外側に重心がかかっている証拠です。

③そんな場合は今から説明する矯正方法を行ってください。

④ハンドタオルを1枚準備して下さい。日常的に使うタオルで結構です。

⑤次にそのタオルを縦に2回折り曲げて下さい。写真の様な状態になっていれば大丈夫です。

⑥そのタオルを足にかけます。注意点として、足先や踵にかけると意味がないので指先が出る程度にかぶせて下さい。

⑦先程、O脚になると小指側に重心がよると説明をしましたが、その足首を矯正していきます。全てをストレッチするのではなく、外側だけの筋肉をストレッチしていきます。

⑧写真の様に足をかけたら外側だけ上になる様にストレッチしていきます。

ふくらはぎがストレッチされていきますが、ストレッチされていく場所は真ん中ではなく外側だけストレッチされます。

⑨ただし、どちらかと言えばストレッチよりは足首の矯正に近いので、足をストレッチする感覚ではなく、足を外側に持っていくようにして下さい。

⑩このまま15秒間継続的にストレッチして下さい。

下記に動画でも説明をしているので参考にして下さい。

 

両方とも内側に入っている場合

この場合は両方とも行なっていきます。

どちらかだけしてダメとかは内容に、両方とも行なってダメと言うこともありません。

もし、両方ともできるのであれば両方ともして下さい。

迷った時にも両方共する事をお勧めします。

 

お尻を締めて内股を治す方法

O脚の方のもう一つの特徴として、内股になっているのでお尻が緩いという傾向にあります。

内股に一度なってもらうとわかりますが、お尻の筋肉があまり入っていない感覚ってわかりますか?

O脚になるとお尻が開くので、日常からお尻を締める必要があります。その方法をお伝えします。

①真っ直ぐに立ちます。この時には踵をしめます。

②この時にお尻を締めるのですが、鉛筆を使って行います。

③鉛筆をお尻の一番上に入れます。その状態で太ももには力を入れずにお尻の力だけで鉛筆を締めていきます。

④最大に締めている状態を10とすると3程度で構いません。この状態が本来立っている時にお尻の閉まり方です。

歯磨きのタイミングで結構ですので、できるだけ持続的にお尻を締めて鉛筆を締める様にして下さい。

以上がお尻を締める方法です。動画で載せておきますので合わせてご覧ください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?難しく感じましたか?

どの様な事をしてもどんな治療を受けてもこの内股を改善しない限りはO脚が一時的に改善しても、元の通りに治ることはありません。

必ず再発、リバウンドをしてしまいます。

沢山のストレッチや改善の方法がありますが、基本的な事をしっかりやってこその方法です。

この内股を治す方法は是非実践して下さい。

 

ひこばえ整骨院のO脚の施術

ひこばえ整骨院ではO脚矯正をとても得意としています。

O脚を治すには専門的な知識が必要です。

きっちりと施術をすれば改善をします。

もし、当院でO脚矯正の施術を受けてみたいなと思ったら下記をクリック下さい。

関連記事
パソコンからの予約はこちら 電話: 0798-63-3200
LINE 友達申請